ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


PC-9801のデスクトップ機一覧


ヨミ: ピーシーキュウハチマルイチノデスクトップキイチラン

ここでは、NEC PC-9801デスクトップ機のラインナップを紹介する。


PC-9801(無印)


1982年10月発売。
NECパソコンとして初の16ビット機。PC-8801シリーズの上位機として設定され、ビジネスユースを体とした。
ハードディスクだけでなく、フロッピーディスクドライブも標準搭載されていない。


PC-9801VM


1985年7月発売。
CPUがV30 10MHzに強化され、メモリーも増加、さらに漢字ROMもJIS第二準まで標準対応した。
以後、ソフトの多くはこのVMを基準として開発、販売されるようになった。


PC-9801UV


1986年6月発売。
VM相当の性を搭載したUの後継機。ただしVMでは搭載されなかったFM音源が搭載され、ホビーユースも視野に入れていた。以後、3.5インチメディア供給のソフトの標準となった。


PC-9801VX


1986年11月発売。
CPU80286を搭載し、処理の向上と利用メモリーの拡が可になった。ただし互換性維持のためにV30も搭載し、ディップスイッチの切り替えで変更可になった。
また、グラフィックチップにEGCを採用したことで、同時発色数の拡大と高速描写が可になった。1990年代からはEGC対応ソフトが増えていった。
HDD内蔵モデルでは、Windows 1.0を搭載したものも発売された。 


PC-9801RA


1988年7月発売。
CPU32ビットのi386DXを採用。処理一気に向上した。メモリーも1.6MBに拡され、WindowsOS/2の利用も考慮された。
ただしV30クロック周波数は8MHzに低下され、x86系への移行を促すものとなった。


PC-9801ES


1989年4月発売。
3.5インチモデルとして最初の32ビットCPU搭載。ただし搭載されたのは廉価版のi386SXである。
また、FM音源もこのモデルでは搭載されていない(後述するEXは搭載)。


PC-9801DA


1990年11月発売。
このモデルより、2つに分かれていた5インチモデル、3.5インチモデルが統一された。
また、ゲーム機の性向上で衰退していたPC-88シリーズのホビーユースを包含する上で、5インチモデルとしてFM音源が初めて標準搭載された。
HDDも、従来はSASIを採用したが、100MBではSCSIを採用した。
反面、互換性維持のために搭載されていたV30が、このモデルから外された。


PC-9801FA


1992年1月発売。
CPUとしてi486SXを採用して高速化が図られた。
また、前面にファイルスロットを採用し、とくにねじ止めやケーブルの接続をしなくても、周辺機器をそのまま差し込むことで装着できるようになった。これは後に98MATE Aシリーズでもそのまま採用された。このほか、HDDがすべてSCSI接続となっている。
しかし、DOS/Vによる日本語表示、入が可になったことで、低価格かつ高性IBM-PC/AT互換機日本に輸入されるようになり、Windows 3.0が本格的に利用できるものになるうちに、PC-98の割高感が強調されるようになった。


PC-9801BA


1993年1月発売。
AT互換機よりも割高感が強調されたことで、NECは価格をある程度とどめつつ全体的な性アップを図ることで、コストパフォーマンスの向上をした。
その上で、Windows体のモデルPC-9821シリーズに集約して「98MATE」として販売を開始した。
一方でPC-9801シリーズMS-DOS体のモデルとして「98FELLOW」の名で販売することになった。

BAはFAの実質後継ともいえるが、CPUこそ倍以上の性であるものの、拡スロットの減少、ファイルスロット止、FM音源のオミットなど、底的な廉価化を行っている。
CPUはもともとi486DX 50MHzを採用しているが、マザー側でクロックダウンを行っていた。また、HDDSCSIからIDEに変更された。


PC-9801BA2


1993年11月発売。
98MATE Bシリーズベースに開発された廉価モデルMATE Bとの違いは、ウィンドウアクセラレータが搭載されているか否かの違い程度である。
それまであった14.6MBメモリー上限が解放された最初のPC-9801でもある。
また、ファイルベイが搭載され、IDE接続のCD-ROMドライブが搭載できるようにもなった。


PC-9801BA3


1995年1月発売。
再び独自筐体となり、さらに底的なコストダウンが図られた。
また、廉価モデルだったMATE Bシリーズを包含し、PC-9801として初めてWindows 3.1プレインストールモデルも発売された。この値段も20万円強。ただしサウンドは搭載されていない。
ちなみにWindows 95で採用されるプラグアンド・プレイにも対応していた。


次へ»
最終更新日: 12/04/27 01:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ