ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Pentium


ヨミ: ペンティアム
掲示板をミル!
20カキコ!

Pentium(ペンティアム)とは、Intelが発売しているCPUブランド名である。


概要


1993年に初代Pentiumが登場。名称は、i486に次ぐ第5世代という意味でギリシャ語の「5」を意味する"penta"と、金属を意味する"-ium"を組み合わせて作られた。

シリーズとしてのPentiumは裏切り者のPentiumDを最後に途絶えたが、その後Core2シリーズの廉価版として名前のみが復活。モバイル向けでも2013年より最上モデルにPentiumの名前が与えられ、首位を奪還している。

なお、廉価版としてCeleronが存在する。この位置づけはPentiumが名ばかりになった後も変わらない。


各世代の違い



第一世代(コードネーム:P5)


1993年に発売された。
動作電圧は5Vで、Socket 4対応。クロック周波数は60MHz、66MHzの2種類のみであった。

スーパースケーラ構造で複数の処理を同時にこなせるようになり、マルチプロセッサーにも対応したが、5V動作のために消費電が増え、ヒートシンクだけでは排熱できないほど熱くなり、ファンを必要とした。
そのために、66MHzをえるクロックアップができなかった。


第二世代(コードネーム:P54C) 


1994年に発売された。
動作電圧は3.3Vに下がり、高クロックに対応できるようになった(75200MHz)。Socket 5、7対応。
このころには、16ビットのISAバスに代わる32ビットのPCIバスが一般的となり、それを制御するチップセット安価に登場するようになって、Pentiumはi486から置き換わるようになった。
Windows 95登場時には、ほとんどのパソコンはPentiumになった。 


第三世代(コードネーム:P55C)


1996年登場。
第三世代ではP54Cをベースに、浮動小数点演算回路を利用した複数の演算処理を行えるMMXを追加。
MMXテクノロジPentiumプロセッサと呼ばれた。
クロック周波数は166~233MHz。

なお、これまでインテルは互換CPUに対してクロック周波数で優位に立っていたが、AMDが発売したK6プロセッサがいち233MHzを実現し、一時的に追い抜かれた。 


シリーズ


デスクトップ向け(カッコ内はソケット・スロット形状)

Pentium Pro(socket8)

1995年発売。P6マイクロアーキテクチャを採用した最初の製品。150200MHz
L2キャッシュをCPUに組み込み、RISCに近い処理方式を採用したものの、当時の庭向けWindows流だった16ビット命の処理を犠牲にしたため、同クロックでPentiumに負けることがあった。
そのため、Windows NTベースサーバーワークステーションでのみ販売された。 

 PentiumSLOT1)

1997年発売。
Pentium Proの欠点となった16ビット命の処理を善、さらにMMXにも対応した。
また、低価格化を実現するため、L2キャッシュは組み込まず、カートリッジ基CPUと単体のL2キャッシュを組み込み、ソケットに差し込む方法からファミコンカセットのようにスロットに差し込む方式に変更された。
L2キャッシュとのシンクロが容易になり、CPUクロック周波数向上が楽になったことで、一気に233500MHzまでクロック周波数を向上させることに成功した。
1998年辺りから一気に普及した。
また、これをベースにした上位モデルとしてXeonが、廉価版として、Celeronが誕生した。 

PentiumSLOT1・socket370)

1999年発売。
Pentium IIの良版で、浮動小数点演算でのSIMD処理を可にした、ストリーミングSIMDSSE)が採用された。

二世代になると、L2キャッシュそのもの性が向上、安価になったことで、再びCPUコアL2キャッシュが組み込まれ、それに伴ってSocketタイプが再び販売された。
クロック周波数の向上は進み、2000年にはインテルCPUとしては初めて1GHzを達成した(ただし、その直前にAMDAthlonで達成していた) 。

Pentium 4の発売と並行して第3世代も発売されたが、処理効率ではこちらが上で、特に同じコアを使ってL2キャッシュを半分にしたCeleron 1.4GHzでは、初期のPentium 4を上回る処理を達成した。

Pentium 4(socket423・socket478・LGA775)

詳細は「Pentium 4」を参照。
Pentiumの第四弾で、数字表記がローマ数字からアラビア数字になった。「北森」に限れば現在でも問題なく使える。
処理効率よりもクロック周波数向上を優先した構造になっていたものの、発熱がひどく、4GHzを越えられなかった。
これ以降、インテルAMD同様に処理効率優先に開発をシフトした。 

Pentium DLGA775)

詳細は「Pentium D」を参照。
インテルデスクトップCPUとして初めてデュアルコアを採用したが、Pentium 4の第3世代である。Prescottコアを元に作ったため、発熱が多くなってしまった。本格的なマルチコアCPUCore 2まで待たされることとなった。このシリーズを以てフラグシップとしてのPentiumブランドは終焉を迎えた。 

Pentium Dual CoreLGA775)

途上でのブランドイメージが強いため、2007年Core 2 Duoの廉価版として発売された。そのため、実質Core 2 Duoの名前をPentiumに変えたに過ぎず、先代のPentium Dとは似て非なるもの

Pentium(LGA1150,LGA1151,LGA1155,LGA1156)

Core i3のキャッシュ容量を削減した最廉価モデルかつてのPentium Dual-CoreCore2 Duoデチューン版であったのと同じ位置づけである。Hyper Threadingは効化されており、同時実行可なのは2スレッドとなっているほか、統合グラフィックにも一部制限(低クロックデュアルストリームの非サポートなど)がある。

2014年にはブランド生誕20周年を記念してG3258LGA1150)が発売され、この番のみオーバークロックが可仕様になっている。

モバイル・省スペース型向け

Pentium M

2003年ノートPC向けに新規開発されたもの。ソケット形状はsocket 479Pentium 4とは異なり、Pentium IIIをベースに開発が行われた。
そのため、同じクロック周波数ではモバイルPentium 4を上回る処理効率を実現した。
これをベースに処理効率を優先するプロセッサーとしてCoreアーキテクチャーが開発された。

Pentium(Bay Trial,Braswell

先述の通り、2013年より小PC向けCPU最上モデルに君臨することになった。このグループは4コア4スレッドというCore2Quad顔負けの性を持っているにもかかわらず、TDPは4~10Wとかなりお財布にやさしい設計になっている。
Bay Trialではプロセスナンバーの頭にJがつくものはデスクトップ向け(Bay Trial-D)、Nが付くものはモバイル向け(Bay Trial-M)ということになっていたが、実際にはNでもNUCやMicroATXに組み込まれた事例がある。このためか、BraswellではNに統合された。

関連動画


■sm3453056[ニコ動]

■sm3453169[ニコ動]
■sm3452963[ニコ動]
■sm3453240[ニコ動]

関連商品

■azB00074JPE6
■azB001DCNQ1O
■azB000F4C1I0
■azB0002HMA9K


関連項目



最終更新日: 16/08/20 21:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ