ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


pop'n music


ヨミ: ポップンミュージック
掲示板をミル!
788カキコ!
[画像]

We love pop'n music! !

「pop'n music」(ポップンミュージック)とは、コナミ(現・コナミアミューズメント)がBEMANIシリーズの第2弾として発売した音楽シミュレーションシリーズである。タグは「ポップン[動]」が最も一般的。


概要


1998年に第1作が登場し、以来20年以上にわたりゲームセンターで稼働している音楽ゲーム
アーケード版最新作は「pop'n music peace」。

筐体(庭用では専用コントローラ)に備え付けられた9個の大ボタンを、曲にあわせていていく。タイミングよくくと画面下のゲージが増え(失敗すると減る)、曲終了時にゲージが規定量をえていればクリアとなり、次のステージに進む。

もともとは複数人でプレイすることを想定して開発されたゲームであり(実際に多人数でプレイした動画[動])、ゲーム中においても多人数プレイを推奨する旨のメッセージが流れている。しかし実際には1人でプレイするプレイヤーが大半を占めている。

曲ごとに譜面難易度(に5~8ボタンを使うEASY譜面と、9ボタンを使うNORMALHYPEREXの4種類)が分かれており、各譜面難易度レベルとして数値化されているため、自分の実にあった譜面プレイが可

音ゲーの中でも群を抜いてバラエティ豊かな楽曲や、可らしいキャラクターデザインが特徴的である。ニコニコ動画においては普通プレイ動画の他、ゲーム内の楽曲をまとめた動画[動]キャラクター関連の動画[動]MAD動画等が多数投稿されている。


ゲームのモードについて



NORMALモード(20~)


20 fantasiaより登場したモードで、現在の標準プレイモード。後述のCHALLENGEモードNET対戦モードを統合したものであるため、pop'n 11にまで存在していた同名のモードとは別のものになっている。
Sunny Parkより、旧作EASYモードと統合された。

解禁済の全曲・全難易度自由に選択し、規定の曲数(初期出荷状態では3曲)をプレイすることができる。
なお、1st STAGEクリアできなくても、次の2nd STAGEに進めるようになっている。

ステージクリア時にもらえる「EXTRA POINT」を一定量まで集めることができると、もう1曲「EXTRA STAGE」をプレイすることができる。EXTRA POINTの獲得量はプレイ時に多なオジャマ(ポップくんの色が変わる、画面が揺れるなど)を付加することでさらに増やすことが可Sunny Parkでは、1プレーで得た「EXTRA POINT」を次のプレーにそのまま引き継げるようになった。(初心者でもEXTRA召喚が可になった)

ラピストリア以降はEXTRA STAGEPASELI専用コンテンツになっており、コインプレイではEXTRA STAGEには行くことができないので注意。


BATTLEモード(6~)


同じ筐体で2人で対戦するモード。左右に別れて3ボタンおジャマ用1ボタンを用いる。


ENJOYモード(12~19) EASYモード(20)


初心者向けモード。一般層になじみの深い版権曲をピックアップしている。難易度は低めで、ポップンを初めてプレイする人におすすめ。


CHALLENGEモード(5~19)


かつての標準プレイモード。解禁済みの全曲・全難易度自由に選択し、規定の曲数(初期出荷状態では3曲)プレイできる。1曲クリアできなくても次のステージには進める。

プレイ時には、多なノルマ(得点やコンボ数、おジャマ要素=ポップくんの色が変わる、画面が揺れるetc)を加えることで、ステージクリア時にもらえる「チャレンジポイント」を上乗せすることが可。高いチャレンジポイントを獲得すると、条件によっては全ステージクリア後に「EXTRA STAGE」という追加ステージプレイできる。

新曲の「EX譜面」(最高難易度譜面)は、最初はここでしか出てこない。また、EXステージでは、ゲージくなった時点で終了となり、フルコンボしないとクリアマークが付かない(チャレンジは別)。


超CHALLENGEモード(13~19)


かつて存在した上級者向けプレイモードCHALLENGEモードべて、

  1. タイミング判定に最上位の「COOL」が追加される(=パーフェクトスコアである10万点を取るのが難しい)
  2. 設定できるオジャマが多く、CHALLENGEモードでしか選べないオジャマがある(チャレンジポイント9以上)
  3. 「最初から最後までオジャマ」というオジャマがなくなり、それぞれのノルマごとにオジャマを常時発動する設定にできるようになっている
  4. EXTRA STAGESUPER EXTRA STAGEになり、通常ステージゲージに。
    通常のEXTRA STAGEと違い、ここでクリアできればクリアマークが付加される。

といった点が違う。
また「18 せんごく列伝」より必ず2曲は出来るようになり、インターネットランキングもこのモードよりの参加となった。
現在NET対戦モードと統合されたNORMALモードが出来たため、このモード止となっている。


NET対戦モード(12~19)


かつて存在した、プレイヤーを含めた3人で対戦するモード。対戦モードは以下3種類。

プレイヤーが好きな曲を1曲選び、3曲の合計スコアで勝敗を競う(クリアできなくてもゲームオーバーにならない)。

プレイヤーは初回プレイ時に、過去クリアした曲のレベルに応じてランク分けされるため、同程度の実の相手と対戦することが可(戦績に応じて昇格・降格もあり)。

自分の得意な曲を選ぶか、相手が苦手そうな曲を選ぶか、選曲も勝敗を分ける要素の一つであった。

現在CHALLENGEモードと統合され、NORMALモードの要素の一部となっている。
うち店内対戦は、後に『ラピストリア』にてLOCALモードという名前の独立したモードになった。


EXPERTモード(6~17) COURSEモード(ラピストリア)


定された4曲で構成されたコースプレイできる。本モードスコアインターネットランキングの対となる。
ゲージは通常時とは違って100%からスタートミスするたびに減っていき、くなった時点でゲームオーバー

特にHELLコースは6から登場し、機種ごとの悪に難しい曲を集めたコースであり、シリーズが上がるごとに難易度が上がっている。正に「死ぬがよい」と言うべき難易度

17止されてからブランクを経由し『ラピストリア』にてCOURSEモードという名称でまさかの復活。EXPERTモードとの違いは、jubeatの同モード実装されたトロフィーや、このモードでしか遊ぶことができない楽曲の存在、PASELI使用でゲージくなっても全曲プレーする事ができる等。
また、20の前期以降止されていたインターネットランキングコースランキングと名称を変えてこのモードで実施された他、IIDX段位認定に相当する「ポップンライセンス」もここで行われる。

次回作の『éclale』ではアップデートでの実装く、1バージョンきりの復活モードであった。


新曲のEX譜面について


過去シリーズではEXTRA STAGEを経由したりポイントを消費する事でEX譜面プレー出来たが、現行作の『うさぎと猫と少年の夢』では最初から全てのEX譜面プレーする事が出来る。


ポプとも


16 PARTY♪からの新機で、beatmaniaIIDXライバル登録制度に相当し、友達スコアを競い合える。

携帯の場合はe-AMUSEMENT GATE(315円)ベーシックコース会員の登録をし、KONAMI IDe-AMUSEMENT PASSを登録して友達の「ポプともID」の番号を登録することで利用可

「18 せんごく列伝」よりPCからも登録できるようになり、『KONAMI ID』の取得、『e-AMUSEMENT PASS』をそれぞれ取得することでe-AMUSEMENT GATEで登録することが出来るようになった。
データ等の閲覧も出来るが、e-AMUSEMENT GATEベーシックコースへの課金が必要(315円)。


ポップンミュージックカード


AC19「TUNE STREET」より、トレーディンカード「ポップンミュージックカード」が筐体から排出されるようになった。
通常カードでは表面にキャラクターハリアイ絵があり、裏面にそのキャラプロフィールが書かれているが、新たに誕生日が設定されるようになった。名前などによるこじ付け(ミミが3月3日など)のキャラもいればその日の出来事を誕生日にしたキャラもいたりする。

まれに描き下ろしのレアカードが当たることがあり、一部ではさらにキャラの3Pカラーが解禁されるラッキーコード付きのカードも存在する。
また、fantasiaからレジェンドカード(販促ポスターカード化したもの)、アニメーションカードキャラのモーションをカード化したもの)、チェンジカード(描き下ろしNカード)が追加された。

ラピストリアで登場したカードではノーマルチェンジ共に新画イラストが新たに加わり、
また、ラッキーコードで解禁できる要素もTUNE STREET時代から一貫して使用されてきたキャラの3Pカラーからキャラデコ(いわゆるアバター)パーツを解禁できる「ストーリー」に変更された。

続くéclaleではカード全体のデザインが大幅に変更されたのと同時に、ラッキーコードスペシャルコードに名をめ、特典内容も「ストーリー」から「ポップンスターメーカー」専用アイテムの「キャラクターメダル」に変更された。

以降の作品でもスペシャルコードゲームアイテムが獲得出来ると思われていたのだが、現行作のうさぎと猫と少年の夢では、レアカード全てにスペシャルコードが記載される仕様になった代わりに、スペシャルコードの用途が「公式サイト内のプレゼント懸賞企画への参加用コード」という、ゲームとは全く関係のい物に変更された事は賛否が分かれている。

この為、ラピストリア以降の作品では上述のEX譜面の常駐方法と同様にラッキーコード仕様も毎作全く異なる物に変更される傾向がある模様。
あくまでゲームをするとカードが付いてくるんだからねっ!!カードおまけなんだからねっ!!
カードを販売していない店舗もあるので注意。


次へ»
最終更新日: 19/05/25 21:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ