ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


PsychedelicTrance


ヨミ: サイケデリックトランス
掲示板をミル!
23カキコ!

Psychedelic Tranceとは


(おもにアナログ・)シンセサイザーフィルター等のモジュレーション(変調)効果により、幻覚的なサウンドを特徴とするテクノ/ダンスミュージック
  これとつながるジャンルとしては、アシッドトランス (Acid Trance)、ゴア (Goa)等があるが、それらの区分は曖昧である。それら複数の呼び名を総合的に「サイケデリック・トランス (Psychedelic Trance)」と呼ぶ傾向もあるようだ。

 歴史流には諸説あるが、1988年ロンドンでのアシッドハウスムーヴメントに端を発し、90年代前半のジャーマントランス等を経て、ゴアトランス (Goa)から発展し、のちに統合していったものとされる。

 

ゴアトランスは多くのにおいて、他のジャンルトランス音楽較すると、アンダーグラウンドな存在であり、ヒッピーのフェスティバルの流れをむ野外パーティーレイヴと呼ばれることが多い)やフェスにすることが多い音楽であった。

サイケデリックトランスもその点ではゴアトランスを継承しているが、リスナー人口も増え、より円熟した、商業的なシーンとして成立している面もある。 両者の音楽性の違いはこのあたりにも起因するかもしれない。


野外パーティ(レイブ)とゴア / サイケデリックトランス


ゴアトランス、サイケデリックトランスと野外パーティ日本ではレイブとも呼ばれる)は切っても切り離せない。それは単なるダンスミュージックのための集会というえ、参加者たちにとってはひとつの祝祭であり、シーンにおいて最重要視される場である。

ゴアでは入植した西洋人により古くから野外でパーティが催されていた。その流れから、1960年代にヒッピーたちが集まるようになってからは彼らによって野外でサイケデリックロックなどのセッションが行われるようになり、パーティフェスが常時行われる「聖地」となっていった。

当時のヒッピーたちは自然回帰や東洋宗教への関心を強く持っており、彼らにとってはこうしたパーティシャーマニズムや、ヒンドゥー教の秘教的な祝祭のオマージュであった。そのため、参加者たちは高揚感やシャーマン的なトランス状態をめてLSDなどの物や大麻などを使用した。

ゴアトランスは、ヒッピー・ムーブメント以後もゴアで続いていた野外パーティテクノトランスが持ち込まれていく中で生まれ、多くの面でその性質を継承することとなった。ただし、ゴアトランスアーティストの多くはヒッピー・ムーヴメントを知らないテクノ世代であり、彼らがそのままヒッピー的な思想を継承していたというよりは、失われたヒッピーたちやインドゴアという土地へのオマージュであったと推測される(ゴアトランス揺籃期のゴアには、ヒッピーの残党たちがまだ残っていたようだ。初期のトランスDJであり現在も第一線で活躍する GoaGillは、そうした人々の一人である)。

その後ゴアトランスシーンはそのままサイケデリックトランスに取って代わられ、野外パーティもサイケデリックトランスが流となっていった。

現代のサイケデリックトランスのシーンにおいてはヒッピー的な色はかなり薄まっているが、パーティは依然として参加者にとって一種の呪術的な祝祭である。このパーティを重要視するがゆえに、サイケデリックトランスでは、催眠的な状態を誘発するような刺的な音が追及され続けているのである。

Wikipedia参照


関連動画



■sm7265938[ニコ動]

■sm5362322[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/07/13 13:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ