ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Rの系譜


ヨミ: アールノケイフ
掲示板をミル!
37カキコ!

本項『Rの系譜』はR戦闘機の前身など『R's MUSEUM』に含まれない機体についての情報を記したものである。
情報地球連合軍第2525分遣隊により回収されたトレジャー『R'S LIBRARY Ver.1.0』『ILLEGAL MISSION』などの解析記録による。
回収物のタイムスタンプが20世紀や27世紀など不正常な為、情報の欠落や齬を念頭に置き、資料としては参考・補間に留めること。

検閲済] 地球連合


前身機



次元兵装



派生機


 

前身機



RX-T1


RX-T1 “Skeleton”スケルトン とは、『R-TYPEシリーズに登場する試作機である。

機体解説

R-TYPEシリーズに設定された機体。

宇宙空間機動計画 機体開発プロジェクト、計画名「RX-プロジェクト」により誕生したR戦闘機の祖。
R-エンジン3TYPE-3を汎用作業機械に搭載した実験機に機体安定用ロケットモーターを12→16個に増設し、推測停止プログラムを変更した機体である。
これは高出慣性制御に問題があった為。テスト用機体であり、名前通り外部装甲をもたない。
更に外部装甲を追加し、実用化した機体がR-1aである。
R-1はR-1aからR-1jまで様々なマイナーチェンジタイプが作られた。

RX-T1
名称 Skeleton
スケルトン
GENEALOGY
 

R-2


R-2 とは、『R-TYPEシリーズに登場する作業艇である。

機体解説

R-TYPEシリーズに設定された機体。

RX-T1(R-1a)実用化が成った後に新規格機として開発された試作機RX-T2をベースにした機体。
2092年のMMU(有人機動ユニット)の基礎技術統一規格化に伴ってR-1シリーズが製造中止された翌年に実用化された。
このユニットの規格化によりMMUが一般化した、一里塚的存在である。
後にR戦闘機が膨大なバリエーションを生むこととなったのは本機で規格化が行われたからである。
エンジン双発化を的としてR-2dまでの生機種が作られた。

R-2
名称 R-2
アール・ツー
GENEALOGY
 

R-3


R-3 とは、『R-TYPEシリーズに登場する汎用作業艇である。

[汎用作業艇]

重力間用に開発された作業艇。
良好な視界を提供するラウンドキャノピーは後のRシリーズにも受け継がれる。
2対のマニピュレーターを備え、施設の建造、資材運搬から宇宙船の回収など広く運用される。


機体解説 ─空間汎用機─

R-TYPEシリーズに設定された機体。

R戦闘機の祖であり、二本一対のマニピュレーターが特徴のMMU(有人機動ユニット)。
その形状はTW-1 ダックビル、R-9AF モーニング・グローリー、Rr2o-3 工作機、Rr2o-3-2 工作2号機といった機体に面影を残している。(ただし偶然であるらしい)
R戦闘機が従来の戦闘機ではなく間汎用作業艇を祖とするのはバイドという未知数の存在、未知の領域に対しての対応、汎用性や発展性、そこに至るまで運用された信頼性と実績といった諸要素を重視して開発されたからとわれる。
尚、R-3~R-9まではタンデム(二人乗り)である。

装備
マニピュレーター
宇宙空間ハンドデバイス。 形状記憶合を組み合わせた複合筋により稼動し、これと手部付け根の各種センサーとの併用で繊細な作業にも対応可な高度作業を有する。
尚、腕の本数については『ILLEGAL MISSION』や『R-TYPES』では2対という記述が、対して『R-TYPES』の3次元モデルではパッと見で1対のグラフィックとなっている。
これはマニピュレーターが途中で枝分かれしている為と思われる。
コントロールポッド
姿勢制御を円滑に行うための装置で、これによりスムーズな重心移動を可としている。
資料が少ない為に詳細は不明だが、可動ブースターポッドの類と思われる。
双発エンジン
本機で初採用となったエンジンユニットで、機動を飛躍的に向上させた。アイリスカバー付き。
RW-3エンジンTYPE-1かその後継モデルと思われる。
R-3
名称 R3
アール・スリー
全長 10.3m
全高 10.1m
全幅 8.0m
重量 16.6t
装備 マニピュレーター
コントロールポッド
双発エンジン
GENEALOGY
 

フォアランナ


フォアランナ とは、『R-TYPEシリーズに登場する異層次元艇である。

機体解説

R-TYPEシリーズに設定された艦艇。

理論に基づいて開発された異層次元艇。
Rシリーズではないが、その中核技術を実用化した例として本項にて取り上げる。
電界25次元や26次元といった異層次元への跳躍と活動が可なのは本船の存在(技術)があるからこそである。
距離航行に出てより30年後、束積高エネルギー生命体“バイドの切れ端”を採取して帰還した。
その結果、対バイドミッションが発され、フォースが作られたのも本船の成果と言える。
この存在がなければ人類は突然バイドの襲来に為す術敗北していた可性が否定出来ない。
尚、どこからどのようにして“バイドの切れ端”を採取したのかは明らかでない。

フォアラン
名称 フォアラン
種別 異層次元
GENEALOGY
 

R-4


R-4 とは、『R-TYPEシリーズに登場する作業艇である。

機体解説

R-TYPEシリーズに設定された機体。

エンジンを搭載した機体である。
それまでの大きなR-エンジンを小化、外装内に収まるサイズにしたRS-3エンジンE-UNITを搭載する。
E-UNITは低出の小エンジンであり、出はRW-3TYPE-1に劣ると考えられる。

R-4
名称 R-4
アールフォー
GENEALOGY
 

R-5


R-5 とは、『R-TYPEシリーズに登場するタグボートである。

タグボート

宇宙タグボートとして使われている。
ユニット化されたオプションにより、色々な局面での運用が可
後に波動砲として進化して行くことになるアステロイドバスターオプションユニットの一つとして装備することができる。


機体解説 ─万能の機体─

R-TYPEシリーズに設定された機体。

艦艇を牽引する「タグボート」として使用されている機体。
エンジンユニットの換装により数メートルある戦艦だろうと対応可
ゲーム中には登場しないものの、基地停泊時など現在も軍施設周辺で利用されていると推測される。 (但し、旧作設定ではR-5の製造中止から第一次バイドミッションまで50年程の間がある為、現用機種という説には疑問も呈されている)
キャノピーのマルティプルセンサーは本機より採用された模様。
尚、タグボートのみならず、オプションにより様々な局面での運用が可
現在波動砲の元となった障破砕用装備アステロイドバスターを装備可な為、緊急時には戦闘に用いられた可性も考えられる。
ちなみにR-TYPE⊿以前の設定では低出場解放波動砲(アステロイドバスター)の完成により、それを運用する為に開発された機体であり、波動砲は標準装備。その為、基本的に民間供給されなかったとなっている。
加えて対バイドミッションに伴い対バイド兵器がRシリーズに選考された為、2178年、R-5fを以て汎用機の製造は中止された。

装備
エンジンユニット
艦艇を牽引する為、大出エンジンを装備可
R-2での規格化の恩恵により牽引する艦の質量に応じてユニット単位で取り替えることが可な柔軟性をもつ。
サブジェネレーター
余剰の運動エネルギーから再利用可電気エネルギーを発生させる装置。
省エネ的で装備されている。
R-5
名称 R5
アールファイ
全長 16.0m
全高 10.9m
全幅 5.8m
重量 29.0t
装備 エンジンユニット
サブジェネレーター
GENEALOGY
 

RX-6


RX-6 とは、『R-TYPEシリーズに登場する試験機である。

機体解説

R-TYPEシリーズに設定された機体。

高出波動砲装備の為のテスト機体である。
バイドミッションによりRシリーズは対バイド兵器として開発されることになった。
その火力を満たす為、低出場解放波動砲(アステロイドバスター)の出向上を図って開発された。
従来に『場解放ブースト』という機が追加された。 但しこれにエネルギー供給する時に場に高負荷が発生、エネルギーベクトルが不安定になった為、レギュレーターが追加される事となった。

RX-6
名称 RX-6
アールエックスシックス
GENEALOGY
 

R-7


R-7 とは、『R-TYPEシリーズに登場する試験機である。

異次元戦闘テスト機]

R5バージョンアップ版である。
初めて異次元間へ飛んだのもこの機体である。フォースシステム波動砲ユニット等のテストベッドとなった機体でもある。
実験中の事故で乗員とともに消失してしまった悲劇のテスト機。


機体解説 ─悲劇の試験機─

R-TYPEシリーズに設定された機体。

異層次元戦闘機に至る階段を大きく進めた機体。
フォースやビット、波動砲、異層次元航行といったR戦闘機を特徴付ける装備、及び周辺機構が初めて単一機体に搭載された。
波動砲RX-6で開発された高出波動砲を装備している。
フォース実用化試験に失敗し、テストパイロットミコヤン・グレコビッチ大佐と共に失われる事故が発生している。
これはフォースを後方配置して波動砲を撃った際にエネルギー蓄積座標が後方に移動し、結果自らを射撃してしまった為。
場安定用レギュレーターの異常加熱、エンジンにE-UNITを採用していた為に回避速度が足りなかった等の諸要因もある。
しかしバイドという未知の脅威を前にしてR戦闘機の開発が中止される事はかった。
当然ながらフォースは傷で回収されている。

装備
フォースコンクター
不安定な「フォース」を制御する為の場発生装置。
木星ラボ消失事故を例に挙げるまでもなく、当時フォースの制御技術はまだ低く、安定性に欠けていた。
その為、フォースのコンダクターもかなり大である。
付け加えるならば、フォースの制御に成功したのはR-7がロールアウトした7年後、実用化試験が行われたのは更に2年の後である。
ビットコンダクター
「ビットデバイス」を機体周辺に留める為の装置。当初の機体には搭載されていない。
ビットもまた2198年のR-7ロールアウトから10年後に開発着手、そこから実体化成功まで22年を要しており、かなりの長期間にって本機が研究開発に用いられた事がえる。
オプションジェネレーター
触媒を使い実験装置に必要なエネルギーを発生させる装置。
様々な実験を行う本機にはこのような出容量と供給がめられた。
R-7
名称 R7
アールセブン
全長 17.4m
全高 11.0m
全幅 6.0m
重量 38.8t
装備 フォースコンクター
ビットコンダクター
オプションジェネレーター
GENEALOGY
 

RX-8



次へ»
最終更新日: 12/10/23 02:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ