ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


R-11B


ヨミ: ピースメーカー
掲示板をミル!
11カキコ!

R-11B"PEACE MAKER"/ピース・メーカーとは、R-11B"PEACE MAKER"
R-TYPEシリーズ、及びアイレムSTGGALLOP」登場機体である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ トロールスピナー ]
R-11のバリエーションの一つ。

都市部での使用を前提にしており、民間人への被害を最小限にとどめるための工夫がなされている。その1つがロックオン波動砲の搭載である。


機体解説


R-11B
No. 45
名称 PEACE MAKER
ピース・メーカー
波動砲 ロックオン波動砲
フォー ギャロップフォー
レーザービーム
レーザーワイパー
レーザーチェイサー
R's MUSEUM

1991年に発売されたSTGGALLOP」登場機体であり、R-TYPEシリーズいてはR-11Aバリエーション機体となっている。
民営の武装警察組織に供与された事もあり、カラーリングパトカーを意識したものとなっており、よく見ると機体上部にパトライトも設置されている。
なお、R-11Aと同様に本来はフォースの設定がかった機体でもある。

また、都市部の使用を前提としているだけあって波動砲にも更に一工夫が為されており、標だけを確実に攻撃できるように強な捕捉追尾機を備えたロックオン波動砲を搭載している。
ペレーション・ラストダンスにも参戦しているが、確実に軍事機密に触れるであろうフォースやビットを装備している事から同機体を軍で運用していたものと思われる。…軍用機の中にパトカーが混ざるという異様なではあるが。

また「R-TYPE TACTICSシリーズにも登場しているが、どういう訳か肝心のロックオンビーム圧縮炸裂波動砲に差し替えとなっている他、フューチャー・ワールドとの差異は回避率の違いだけという不憫な扱いを受けている。

この機体が運用された舞台については後述する。


武装



「バイドの種子」事件の裏で…


 地球に大きなを残す大事件となった「サタニック・ラプソディ」。この事件は局地殲滅兵器モリッツG」をはじめとした軍の兵器工作機械暴走が発端となっているが、その被害は軍では対応しきれない規模にまで拡大されていた事はあまり知られていない。
軍が総を挙げてモリッツGの対応に追われていた頃、その陰でバイドにより暴走させられた兵器による破壊を食い止めるべく戦っていた者達が存在する。それは軍ではなく、民間により運営されている武装警察組織だったのである。

後に「デモシードクライシス」と呼ばれることとなる事変である。

余談だが、本来「GALLOP」は「R-TYPE」とは異なる世界観で進行された作品であるが、R正史現在のものに書き換えた際に「R-TYPEΔ」と同時期に起こったものとされている。
(注記:系列図で言えばR-TYPEIII1993年)の時には既にこの機体も「R戦闘機」として扱われているが、最初からGALLOP背景バイドが絡んでいたかどうかはハッキリしていない。これに限らず、R-TYPEは後付設定が多いのである。)


関連動画


登場は9:46~

■sm2280664[ニコ動]

さすがパトカー中でも違和感ないぜ!
■sm11707916[ニコ動]
 

関連商品


■azB000FMNMV2
■azB00005QBA4
■azB000RP7N62
■azB002JM11A0

関連コミュニティ 


■co5008
 

関連項目


R's MUSEUM
No.44
R-11A
FUTURE WORLD
No.45
R-11B
PEACE MAKER
No.46
R-11S
TROPICAL ANGEL

最終更新日: 10/11/01 12:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ