ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


R-Q


ヨミ: アールキュー
掲示板をミル!
5カキコ!

R-Q とは、VOCALOID-PVプロデューサー制作者)の一人。

VOCALOID-PVのプロデューサーの一覧

特定P名が定着しておらず、代表作からしばしば「WhiteLetterPVの人」などと呼ばれる。また、かつては投稿者名の表記がR-9であったため、古い紹介文などではその表記が残されており混乱を招くことがあるが、同一人物である。 


作風


氏の手によるPVはすべて手書きアニメーションエフェクトなどによる加工はど用いられず、鉛筆画+着色を思わせるあたたかい絵柄でナチュラルによく動く。描かれるキャラクター初音ミクに限らずVOCALOIDオールスターの様相を呈しており、正規ボカロ以外にも、亜種くまうたディレイ・ラマなどがしばしば登場する。コンテ段階では専用の用の代わりに付箋を利用していることが講座動画によって明らかになった。

較的寡作で、完成版が発表されているPVは「WhiteLetter」「「CGMの現在未来」に来ませんか?」の2作のみであるが、下記のような貢献もあり特に古参ボカロファンの間での知名度は高い。特に「逆襲のMeikoPV完成は多くの人が「いつまででも待つ」宣言をしている。

かと思えば唐突にぽっぴっぽー祭りに参戦[動]するなど、ノリの良い一面もあるようだ。 


VOCALOID-PV文化への貢献


氏は初音ミク発売直後に現れた最初期のVOCALOID-PV制作者として知られる。

初投稿2007年9月12日「【勝手にPV】WhiteLetter【未完Ver.00】」。[動]当時まだ数えるほどしか存在しなかったミクオリジナル曲の中でも動画部分に着した作品はきわめて少なく、PVはおろか、ほとんどが公式イラストを転用した一枚絵で変化に乏しかった。そのような情勢の中、さらに2度の中間報告を経て同10月27日投稿された「【初音ミク】WhiteLetter【アニメPV完成版】」[動]は、その完成度の高さから好評を博すとともに原曲の知名度向上にも大きく貢献し、音楽×映像コラボレーション作品の可性を広く知らしめることとなった。

以後現在に至るまで、第三者が曲に映像を付ける“勝手にPVの文化は、VOCALOIDの一柱を担う人気ジャンルとなり、「WhiteLetterPVはその先駆けとして今なおられている。VOCALOIDを媒介とした初期のCGMの一例としても各所で取り上げられた。

余談だが、各種未完Verでは完成版では見られないアニメイラストがそれぞれ描き下ろされており必見。 


エピソード



関連動画


代表作


■sm1379990[ニコ動]

   ■sm5318787[ニコ動]
  
 PV制作講座動画。後半は……
 
■sm5319405[ニコ動]
 

公開マイリスト 


■mylist/4143565
  

関連項目



最終更新日: 10/04/01 15:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ