ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


R-TYPE TACTICS Ⅱ


ヨミ: アールタイプタクティクスツーオペレーションビターチョコレート
掲示板をミル!
232カキコ!

R-TYPE TACTICS Ⅱとは、アイレムソフトウェアエンジニアリング制作の横視点SLGである。
人気STGR-TYPEシリーズモチーフとした作品『R-TYPE TACTICS』の続編。
サブタイトルまで含めた正式タイトルは『R-TYPE TACTICS Ⅱ -Operation BITTER CHOCOLATE-』。
タク2、ビタチョコ、ビタチョコ作戦、などと略称される。


ストーリー


かつて人類は、最後の希望と、残された僅かな兵を若き官に託し、
バイド域の深くへ送り込んだ。

それから数ヶ、数年が経つうちに、太陽系に現れるバイドの数は減っていった。
人類はようやく訪れた安らぎの日々に歓喜した。

しかし、それは長くは続かなかった。

人類は長い戦いの間に、悪かつ強大なバイドに対抗するため、
バイドを人類の兵器として利用する、“フォースシステム”を開発していた。
そしてバイドとの戦いが少なくなってからも、この強兵器を手放すことができなかった。

バイド兵器を巡って世論は二つに割れた。
未知なる敵からの侵略に備え、積極的にバイド兵器を保持・開発し続けようとするグループと、
バイド兵器を破棄すべきだとするグループとに。
お互いのは噛み合うことなく、対立は深まっていった。

そして皮なことに、人類同士の戦争が始まった。

二つに分かれた人類は、新たな兵器を開発し続け、命を奪い合った。
戦いは泥沼化し、戦火は太陽系全域に広がっていった。



人類同士の戦いは日々その凄惨さを増している。
今、再び太陽系に迫る強大な危機に気づいている者はいない。


概要


当初発売日10月29日間際の重大なバグ発覚による延期を経て2009年12月10日に発売。
DL版は3,800円、必要容量1039MB

R-TYPE TACTICS』の続編だが、時系列としては前作のプレイヤー(引継しの場合はジェイド・ロス少将)率いるバイド殲滅艦隊(正式にはバイド方面艦隊)が太陽系から敵中枢向けて立って以降の空白期間からスタートする。
バイドの脅威が収まった地球圏ではバイドに由来する兵器の取り扱いで紛糾、火星起したグランゼーラ革命政府軍と地球連合軍とが衝突するに至った。
そんな人類が相争う情勢下でプレイヤーは両営のどちらかを選択し、戦いを終焉に導くべく艦隊の揮を執ることとなる。


グランゼーラ革命軍


火星の一都市で起きたバイド兵器絶を訴える市民デモは、く間に太陽系の各所に拡大した。人々は集結して革命政府を立てた。
電撃的に外惑星とその衛星に点在する鉱物採掘所の接収に成功し、多数の亡命者を積極的に受け入れたことから、短期間で経済的にも人口構成の面からも地球連合側と拮抗する勢へと成長した。
バイド兵器の保持そのものが人類にとっての最大の脅威である」とのを掲げ、地球連合側への対抗手段保持のため、独自の兵器開発を行なう。

バイド兵器する人々が火星で決起した革命政府の軍。総司令官キース大将。本拠地は冥王星の外宇宙側に浮かぶ軍事基地グリトニル。
その掲げる理念から『フォース』を用いないが、様々な機特化の兵器の組み合わせによる“適材適所”で戦場コントロールする。
ハマれば強いが、特化故に弱点を衝かれると一気に劣勢に陥る脆さがある。
R-TYPE FINAL』で浪漫機体と呼ばれた機体の多くがこちらに属しており、その点も魅
プレイヤーデモ制圧に対する抗命で処刑される所を運良く脱走、所属することになる。
初期の副官補はワイアット少尉ヒューゲル少尉
後にクロフォード中尉ラウ中尉が登場。
アイリエマの妻


地球連合軍


人類共通の敵であるバイドと戦うために組織された軍隊。
人類全体の資本と頭を結集し、困難の末、ついに局地的にはバイドと渡り合える兵器フォース”を開発、保有するに至る。しかし、このフォースシステムは、敵である「バイドの種子」を培養し、先的に持つ悪性・破壊を制御することで兵器と成したものであった。
戦の末、バイドとの戦いが小康状態に入った現在も、未知なる外宇宙からの侵略に備え、バイド兵器の保有・開発を続けようとしている。

前作でプレイヤーが所属した組織。地球連合政府の正規軍。
未知の脅威に備えるべきとしてバイド兵器の維持を方針とする。
単機となってもバイドを屠ることが可なよう、バイド兵器フォース』と次元戦闘機の組み合わせによる高い攻撃と汎用性を備えた“一騎当千”たる兵器体系をもつ。
シリーズファンや前作プレイヤーには染み深い、扱い慣れたユニットが多い。
初期の副官はマッケラン中尉
後にガザロフ中尉アッテルベリ中尉、更にベラーノ中尉が登場。
ヒロコは俺の嫁ディアナ

本作は様々な要素が強化され、前作の不満点の多くが払拭されている。一方で高難度過ぎるとの悲鳴も聞かれた。
ゲームシェアリングプレイ後にセーブするとパイロットの熟練度が初期値(つまりゼロ)に戻ってしまう不具合が有る為、シェアリングプレイ後はセーブをしないように注意されたし。

PlayStation Portableブラウザからアクセス出来るPSP公式ページPS3PSPPCからアクセス出来るPlayStation Storeアイレム公式サイト、という三箇所から体験版PVカスタムテーマ壁紙ダウンロードが可
PS Storeでは『戦線拡パック』と称されるダウンロードコンテンツが配信されており、資や特殊機体(無料)、追加ミッション(有料)のDLC配信などが予定されている。
2010年2月が配信しだったのは追加ミッション製作に勤しんでいるからだと思いたい。え、『本業』の仕込みが先ですか?
そして2011年1月27日になり、アイレムるるんデジタル創刊号付録として、ようやく追加DLCが発表された。
今回使用可となったのは、地球軍側がクラン・ベリィとナースレンド級。
バイド側がゲインズ3兵戦ノーザリー強襲揚陸の計4ユニットである。
今後、如何言った形態で他のDLCを発表していくのか注が集まる所。え、その前にやっぱり『本業』の仕込みが先ですか?


発売までの流れ


良作と評価された前作の出来に続編を期待するファンは少なくなかったが、その一方でプロデューサー九条一氏の「やりたい事はやった」との趣旨の発言や販売数などから出ないだろうとの諦観もあった。
そんな空気の中、前作発売から約一年半以上経って突如もたらされた続編の報にファンは歓喜し、今日四月一日ではないのかとカレンダー凝視し、「うむっ、緊急連絡だ」が飛び交った。
7月下旬にはPS Home香港サーバーでR-9Aバスが運行[動]した事が発覚しており、内運行がいことに困惑が広がっていた状況下の出来事だった。
俺の嫁や「とにかく拷問だ、拷問にかけろ!」との名言、登場ユニット数の倍増、ロード時間短縮など様々な情報が出るに従い、期待は高まっていった。
その後配信された体験版Aタイプが初代ステージ1再現BGMもまたそのアレンジであった事に感涙したファンも。
FINALTACTICSと(楽曲単体の出来は悪くなかったが)BGMとして評価されなかった音楽は本作で旧作アレンジを盛り込む事で一転して期待を掛けられることとなる。
だが、発売日を前に控えて重大なバグが発覚したとのことで発売延期データバイドに侵蝕されたのかと思われたが、12月10日、ついに発売に至った。
東京メトロ日比谷線秋葉原駅に巨大ポスターまで出現(10/26~11/1)、発売前週には本作のプロモーションの一環としてPlayStation®Homeで特設サイト閃光煌めく宇宙空間』が開設されるなど、四月一日でもないのにアイレム本気を出し過ぎだろうというの入れ具合を見せており、ファンにとってこの半年程は一喜一憂が続く楽しい日々であった。
公式通販サイトアイレム横丁』で予約した人の中には発売日前日に届いたという公式フラゲもあったようだが、事発売まで漕ぎ着けた事はとに拷喜ばしい。
からの狂想曲はここで発売日という開演を迎えた。いよいよもってプレイである。そしてバイド化するがよい。


次へ»
最終更新日: 12/01/31 15:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ