ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


R390GT1


ヨミ: アールサンビャクキュウジュウジーティーワン

R390GT1とは、日産自動車が開発したレースカーである。


概要


1997年日産ル・マン24時間耐久レースに参戦するために新たなるレーシングマシンを開発した。それがこのR390GT1である。開発にはトム・ウォーキンショーレーシングと共同で行われた。
設計はトニー・サウスゲート、外装デザインイアンカラムが担当。
システム的にはトム・ウォーキンショーレーシングが保有していたレースカージャガーXJR15をベースにしており、そこに日産V型8気筒3.5Lツインターボエンジンを搭載する手法で行われた。
出走カテゴリーはLMP1(ル・マンプロトタイプレースカー1)クラスではなく、GT1クラスとなった。そのため、1台だけイギリス登録の仕様制作された。この手法によるGT1クラス出走はトヨタTS020 GT-Oneと同じやり方である。


レースに出たところ…


R390GT1は1997年ル・マン24時間耐久レースに出場。予選でポールポジションを取り、優勝補のひとつと言われたが、現地でレギュレーション違反摘される。そこで急遽修を行ったところ、ギアボックスの冷却トラブルが発生し残念な結果に終わった。(予選時点ではトランクスペースメッシュ構造でギアボックスに冷却が通る構造となっていたが、そこがレギュレーション違反であり、急遽トランクスペースを密閉構造にしたところ、ギアボックスの熱を冷やすことが出来なくなってしまいトラブルが発生してしまった。)
1998年ギアボックスを自社製→Xトラック製に変更。面の善が図られ、フロントノーズ形状が変更され、リアオーバーハングが延長された。さらにウィリアムズF1チームからABSトラクションコントロールシステム提供を受け戦闘力を強化。
30(ジョン・ニールセン、フランク・ラゴルス、ミハエル・クルム)、31(エリックコマス、ヤン・ラマース、アンドレア・モンテルミーニ)、32(鈴木亜久里星野一義影山)、33号(黒澤琢弥影山正美、本山哲)の計4台が出走し、32が総合3位で表台入り、全が10位以内に入賞するという快挙を成し遂げた。


登場作品



関連動画



■sm14253769[ニコ動]

■sm6587889[ニコ動]


関連商品


■azB000FG9TYC
■azB009A4XFPO


関連項目



最終更新日: 13/11/18 12:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ