ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


REFLEC BEAT


ヨミ: リフレクビート
掲示板をミル!
939カキコ!

REFLEC BEAT(リフレクビート)とは、コナミアミューズメント全なるLAを意識した新感覚Rhythm Action音楽ゲームである。


概要


簡単に言えば「リズミカルにパックをタッチして跳ね返すエアホッケー」。

タッチネル搭載。エアホッケーのような画面であり、手前にある判定ラインノーツが来たらそれにタッチして、ノーツ相手ゴールへシュゥゥゥーッ!!跳ね返す。判定ラインにはノーツが曲のリズムに合うように飛んできて、リズミカルにノーツを跳ね返す。このとき普通に跳ね返ることもあるが、

物  凄  い  ス  ピ  ー  ド  で  跳  ね  返  っ  た  り

八 列
 衣 したり

と、超!エキサイティン!!コミカルな演出が見られることもあるぞ。

また、最大2人で対戦可(1人の場合はCOMと対戦)。ローカルバトルは隣の筐体同士、オンラインバトルでは全プレイヤースコアを競うことができるぞ!

2011年11月24日にはiPadにて、2012年8月12日にはユニバーサルアプリ(iOSを搭載しているiPadiPhoneiPod touchに対応)化した「REFLEC BEAT plus」が配信。楽曲はjubeat同様パック形式で配信されている。

limelight以降は、カラフルミニッツジャケットに登場した「パステルくん」というキャラクターが当ゲームマスコットキャラクターを務めている。


システム(リフレシア以降)


画面上部(対戦相手)から丸いオブジェが降ってくるので、オブジェが画面下部の判定ラインに重なった時にタッチする。自分がタッチするオブジェの色は判定ラインの色と同じ。緑色オブジェが出てきたときは、判定ラインよりやや上の丸いタッチしよう。

ここまでは他の音ゲールールが同じ。だがこのゲームでは基本的にレーンが固定されていないため、さまざまな方向からオブジェが来る。押してタイミングが合えば跳ね返す事ができ、曲に合わせて飛んでいくのである。

さらに、他の音ゲーと違うのは、対戦方式なので勝敗が存在する。得点が高かったプレイヤーが勝ちとなる。
タイミングよく跳ね返すと「JUST」「GREAT」「GOOD」のいずれかになり得点が加算される。ロングオブジェクト関連では押し続けると「KEEP」となりそこでも得点となる。相手が跳ね返してきたオブジェを拾えなかったら「MISS」となり減点。最終的にプレーARBASICなら55%MEDIUMなら65%HARD/WHITE HARDなら75%以上でクリアとなる。ただしクリアできなくても全曲プレーすることができる。

オンラインモードでは楽曲を選ぶと全世界のいずれかのプレイヤーと対戦することができる(マッチングされなかった場合は自分と量にあったCPUと対戦)。また、「マッチング一覧」と書かれたボタンを押すとその時点で対戦相手を募集しているプレイヤー一覧が表示されるようになっており、そこからマッチング待ちプレイヤーに自ら挑むことも可

難易度は(リフシア時点で)1~15の15段階となっている。譜面難易度は4つあり、初心者向けBASIC中級者向けMEDIUM上級者向けHARDWHITE HARDが用意されている。


JUST REFLEC GAUGE


自分のスコア下に表示されたゲージ。跳ね返していくことで自然と溜まっていき、最大5発分溜める事ができる(limelightまでは3発分まで)。
このゲージが溜まっている時にJUSTタイミング色のオブジェクトタッチしスライドする事で、相手に通常より速いオブジェをエフェクト付きで(つまり視認性を悪化させて)送る事ができる(厳密には通常より1回多く反射するオブジェクトを打ちだす)。ボーナススコアも入るため、「どの辺りで打つか」「何回できるか」などが対戦要素に強く関わっている。

limelight稼動により従来までの配置(クラシック)の他、自スコアの右部分に配置できる(limelight初期設定)ようになった。後者の場合、従来のゲージ位置にはクリアゲージ(後述)が表示され、本ゲージクラシック時のクリアゲージの位置に移動されている。リフシア以降はクリアゲージ・JUST REFLECゲージ共にスコアコンボ下に表示されるようになった。

前述の通りcoletteからゲージを5発分貯められるようになり、さらに下方向へスライドすることでオブジェクトを拾えなかった時の挙動を意図的に起こすことができるようになった。


オブジェクトの種類



バージョン一覧



初代REFLEC BEAT


記念すべき1作

仕様


  limelight


2作。前作とべ、いくつかの変更点がある。マスコットキャラクターとしてのパステルくんが初登場。
またDJ YOSHITAKAに代わりQrispy Joyboxサウンドディレクターに就任した。

新システム


colette


3作。季節毎にバージョンが移り変わるという新しい試みをした作品。

新システム (詳しい詳細、その他の要素はここで[外部]


次へ»
最終更新日: 18/03/03 10:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ