ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


RPGツクール


ヨミ: アールピージーツクール
掲示板をミル!
738カキコ!

RPGツクールとは、

  1. エンターブレイン(旧アスキー)開発・発売のRPG制作ソフトシリーズ
  2. RPGツクール SUPER DANTEのこと。第1作タイトルであるためそういう認識が多い(厳密には間違い)。
  3. RPGツクール(PS2)のこと。現状記事名と同じタイトルで登場しているのはこれだけ。

一般認識としては1.が最も多いであろうことが予測されるため、本記事では1.を解説する。
2.と3.は個別記事を参照されたし。

[画像][外部]

RPGツクールとは、エンターブレイン(旧アスキー)が開発・販売していたRPG制作ソフトである。グループの再編によって、2015年からはKADOKAWAが開発・販売を行っていた。

2020年からはKADOKAWA下のGotcha Gotcha Gamesシリーズの開発・販売を手掛けている。UGC・インディゲーム事業の「株式会社Gotcha Gotcha Games」設立のお知らせ[外部] 2020.9.1

英語版では「RPG Maker」となる。


概要


名前の由来は「作る」と「ツール」を合わせた造

様々な命・画像・音楽を組み合わせてオリジナルRPG制作することができる。画像・音楽はあらかじめ用意されたものの他、自分で作ったものも使用できる。シリーズ初期製品やコンシューマ版を除き、作成したRPGは遊ぶだけなら本ソフトを必要としない(あれば解析が出来る)ため、友人に遊ばせたりインターネットで配布したりする事ができる。

ちなみにSFC版などが発売された当時にはアスキー催の「RPGツクールコンテスト」が行われており、最優秀賞をもぎ取ったユーザーには賞1000万円が贈呈されるなど、その頃はまさにツクール黄金期であった。

自分でゲームが作れるというのようなソフトであるが、シリーズを重ねていくにつれ「一応進化こそしてはいるが、あれやこれやの部分は劣化している」という例も多々あることがお約束に近くなっている。
特にコンシューマシリーズ地雷率も高く、期待が大きいとガッカリしてしまうことも多い。しかし、それを逆に魅だと熱弁する剛の者もいる。

当然、後述のように完成度の高いツールも存在するし、PC版であれば概ねツールとしての完成度は良い。最も有名なのはRPGツクール2000など。
近年はそれぞれ際立った仕様となっていることを生かして、各々のツール仕様を持ち味にして「ここが売り」とするようになっている。
ゲームをつくろうとしているユーザーは、購入前に一応他人の評価にを通したほうが得策である。

コンシューマシリーズは当たり外れがしいので購入は慎重にするべきである。PC版パッチで対応されるため、外れが出ても後々に取りが効く場合も多い。

なお『格闘ゲームツクール』などの亜種シリーズもいくつか存在する。


シリーズの推移


個別の科記事がある項にはマーク ( ) が付く。
(リダイレクトにはついていない)


PC版



コンシューマ版



次へ»
最終更新日: 21/02/25 22:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ