ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


SF


ヨミ: エスエフ
掲示板をミル!
521カキコ!

SF(エスエフ)とは 曖昧さ回避


  1. サイエンス・フィクション(英: science fiction)の略記。空想科学。この項で解説。
  2. スペキュレイティヴ・フィクション英: speculative fiction)の略記。1.に関連。
  3. すこし・ふしぎ。(藤子・F・不二雄の造1.に関連。
  4. スペースファンタジー英: space fantasy)。1.に関連。
  5. ストアード・フェア・システム英: stored fair system)。鉄道バスなどの交通用乗車カードシステム
  6. 『S.F.』。イメージアルバム『県立地球防衛軍』収録楽曲。歌&演奏忌野清志郎Johnny、Louis & Char
  7. サウンドファクトリー(英: Sound Factory)。JR発車メロディ定評がある
  8. サンフランシスコ英: San Francisco)。
  9. スーパーファミコンファミ通での略号(「SFC」の方が一般的)。
  10. ストライクフォース(英: Strike Force)。アメリカ総合格闘技団体で現在DREAMとも提携している。
  11. ストリートファイター英: street fighter)。当該項目を参照。
  12. スペシャルフォース英: special force)。特殊部隊もしくはDragonflyが開発したFPSす事が多い。
  13. セックスフレンド英: sex friend)。セフレ
  14. ホンダオートバイCB400SuperFour(排気量別に数種あるが400をすことが多い)。→CB400SF
  15. 川上稔小説終わりのクロニクル』に登場する自動人形
  16. バスケットボールポジションスモールフォワード」(英: small forward)の略
  17. スーパーフォーミュラ英: Super Formula)。内のモータースポーツ選手権。旧称フォーミュラニッポン
  18. シュープリーム・ファシスト英: Supreme Fascist)。ポール・エルデシュが提唱した、数学真理を知悉するほどに至高にして、靴下やパスポートを隠すほどに低劣な存在。
  19. 日本海軍における「航空戦隊」の略号。(Sfと記す)

本項では1~4について解説する。それ以外は該当項目を参照されたし。

 


SF(エスエフ)とは


SFとは、小説映画などの創作作品におけるジャンルの一つである。
ある単一の決まりきった定義が存在せず、時代や地域、書き手によってさまざまな解釈や受け取り方をされる。
このため、SFの定義はしばしば読者らの間でも議論の対となることがある。

SF作品の創始者的存在としては、イギリスのH・G・ウェルズ(1866-1946)やフランスジュール・ヴェルヌ1828-1905)らがとくに有名であり、後世の作品や作家への影も大きい。
その他の著名な作家としては、アイザック・アシモフ(1920-1992)やフィリップ・K・ディック(1928-1982)、アーサー・C・クラーク(1917-2008)などが挙げられる。この他にも著名な作家は多く、テーマや作も千差万別である。

以下では、これまでに提唱されてきたSFの解釈や定義について解説する。


サイエンス・フィクションとしてのSF


おそらくSFと聞いてまず頭に思い浮かべるであろう解釈がサイエンス・フィクション(英:Science Fiction)である。サイエンス・フィクションというを生んだのは、アメリカのSF雑誌『アメージング・ストーリーズ』であった。
(1926年に創刊され、2005年廃刊となっているようである)

読んで字の如くScience(科学)とFiction想)という要素を含んでおり、いわゆる「空想科学小説」的な側面を持つ物が多い。作者独自の架科学技術が登場する作品が多く、異人との戦いや時間旅行、人造人間などを取り上げた作品もある。『アメージング・ストーリーズ』創刊以前にもこうした特色を持つ作品は存在し、例えばジュール・ヴェルヌの「海底二万里」は1870年に、H・G・ウェルズの「タイム・マシン」は1895年に発表された作品である。

その後、時代の変化や科学技術の発展により、従来のサイエンス・フィクションは大きな転換期を迎える。
題材となる科学が発展したことにより、サイエンス・フィクションにもリアリティや整合性がめられるようになり、それに伴って新たに「ハードSF」というジャンルを生み出していくことになる。

サイエンス・フィクションは、その後も出版形態も含めた様々な変化を辿り、ソ対立の冷戦期には、核戦争やそれによって滅びを迎えた世界を描いた作品が現れるようになった。

こうした時代背景による変化は現在まで続いており、既存の他ジャンルとの融合をはかったり、近現代の科学技術を題材に取った作品も少なくない。その他こうした変化の中から生したジャンルも存在し、近年では「サイバーパンク」と呼ばれるジャンルがそれにあたる。


スペキュレイティヴ・フィクションとしてのSF


明期からのSF作品が科学的な側面を強く持っていたのに対し、「SFは必ずしも科学だけではない」という見解から始まった、サイエンス・フィクションとは別個のSF解釈である。日本語では「思弁小説」と訳されることもある。

スペキュレイティブ・フィクションというそれ自体は古くから存在するが、これを従来のSFに対する新しい解釈として使い始めたのは、1960年代以降の作家編集者たちによる「ニューウェーブ運動」であった。
これまで流であったSF(サイエンス・フィクション)に対し、思想や哲学といった要素を取り入れようとした動きであったが、徐々にこのは使われなくなっていき、現在ではほとんど見かけることはなくなっている。
しかし、2000年頃になると、あるジャンルを包括的に示すとして再び使われ始め、海外の文芸誌や論評に用いられた。

スペキュレイティブ・フィクションを〝SF〟と略すことがあるため、サイエンス・フィクションと混同される場合がある。
(が、大抵の場合SFといえば上記のサイエンス・フィクションをしていることがほとんどである)

ちなみに、「スペキュレイティブ・フィクション」のさらにサブジャンルとして「スペキュレイティブ・エボリューション」と言うものもあり、ロバート・L・フォワード』やカート・ヴォネガット『ガラパゴス舟』などのSF小説がこのサブジャンルに属すると見なされることもある。


センス・オブ・ワンダーとしてのSF


アメリカSFの黄金期を作り上げ、後世の作品に大きな影を与えた「ロボット工学三原則」の生みの親として知られるアイザック・アシモフは、単に宇宙人や空想科学を擁するものがSFなのではなく、価値観の崩壊・転倒による驚きや発見がSFには必要であるとした。
ある種の不思議感や秘感をとして使われることもあるようである。
科学解説者としても知られていた彼の作品には、科学を題材としながらもミステリー仕立てになっているものが多く、解きや推理の中で登場人物の価値観が転倒する描写がまま見受けられる。


日本におけるSF作品


戦前日本においても「空想科学小説」と呼ばれるものが存在し、先駆的な作品が数多くみられたが、現在の「日本SF」というジャンル終戦内に持込まれた欧作品の影のもとで出発したものといえる。

1957年同人誌宇宙』そして1959年には『SFマガジン』が創刊され、これらから星新一小松左京筒井康隆村卓、平井和正など後の大御所デビュー。以降の日本SFを牽引してゆく。

1960年代に入ると手塚治虫藤子不二雄石ノ森章太郎などの漫画家が多くのSF漫画を執筆。その後も松本零士永井豪らがあとに続き人気を博した。また平井和正や豊田有恒などのSF小説家アニメ制作にかかわったりと、これら漫画アニメとの関係は親密になっていった。

1970年代から1980年代にかけて、小松左京日本沈没』の社会的大ヒットに続き、『宇宙戦艦ヤマト』や巨大ロボットものなどのアニメ、『スター・ウォーズ』をはじめとする映画が放映・開され、それまであまりメジャーとはい難かった「SF」が大衆へと浸透・拡散していった。一方活字の世界では高千穂新井素子、菊地秀行らが現在ライトノベル流ともいえる流れを作り出した。

かしこ70年代から80年代初頭に生じた「SFは売れる」という幻想反動と、狭義のSFのマニアック化・難解化により、1980年代末から1990年代に「の時代」と呼ばれる日本SFの低迷期が訪れる。「帯にSFと書くと売れない」と言われ、多くのSF専門誌が廃刊に追い込まれた。これにより多くの新人向コンテスト止、行き場を失った新人作家たちはこぞってラノベ出版社の門をいた。このころライトノベルで活躍した作家として笹本祐一野尻抱介山本弘らが挙げられる。それに加えて90年代後半から90年代末には、上遠野浩平古橋秀之秋山瑞人小野不由美といった作家たちがSF界からも注を集めた。

2000年代に入ると、日本SF新人賞・小松左京賞と長編新人賞が2つできたことに加え、早川書房が専門レーベルを立ち上げるなどして、滅亡しかけていた日本SFの再建が始まる。それまでのSF作家1960年前後生まれが多かったが、小川一水冲方丁といった70年代以降生まれの若手作家たちが台頭。また海外からの日本オタク文化への注が高まったことで、日本SFが海外で紹介されることも増え始めた。2007年には日本で初の世界SF大会が横浜で開催され盛況しするなど、日本SF界は再び活性化のを歩み始める。

2000年代後半からは、伊藤計劃円城塔が登場。伊藤計劃2009年折したが、それと入れ替わるように、2010年代からは宮内悠介吉川英治文学新人賞三島由紀夫賞)、藤井太洋吉川英治文学新人賞)、小川哲(山本周五郎賞)など、SFでデビューした作家がSFで大きな文学賞を獲ることもしくなくなってきた。決してSF小説ベストセラー連発というわけではないため、外部には未だに衰退したと思われている節はあるが、現在のSF小説ジャンルとしては活況を呈していると言っていいだろう。

なお、「ドラえもん」の作者として有名な藤子・F・不二雄は、自身のSF短編で「すこし(Sukoshi)・ふしぎ(Fushigi)」という造を生み出している。


主なSF作品出版社



次へ»
最終更新日: 19/10/13 21:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ