ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


SOS


ヨミ: エスオーエス
掲示板をミル!
9カキコ!

SOSとは、モールス信号での打電を的に制定された救難をめる符号である。後述の通り、この文字列そのものに特に意味はない。

モールス信号表記は「・・・---・・・」。なお音での救難信号は「メーデーMayDay)」である。フランス語で「助けに来て」を意味するヴネ・メデ(m'aidez)に由来する。


概要


モールス信号での打電にあたって、打ちやすい上に混信等で情報が遮断されにくいということに重点をおいて制定されたとされており、その文字そのものに深い意味は存在しない。が、後の人々が「Save Our Ship」や「(The) Save the world by Overloading it with fun Haruhi Suzumiya Brigade」、「Shin-Osaka Station」などと「SOS」に後付で意味を与えたりもしている。

最初にSOSを救難信号として使用されたのはタイタニック号の遭難事故で、際遭難信号として正式採用される20日ほど前のことである。

なお1999年モールス信号での救難信号発信が終了したため、現在では「SOS」の本来の意義は失われている。

しかし1900年代初頭から90年以上使用された信号であるため、今日においても「救援をめる」「非常事態」を示す単として案内表示を始めとし、あちこちで利用されている。

ピンクレディーの「S・O・S」を始めとし、作品名に含まれる事例も多い。

類似の符号に「OSO」といったものがあり、SOSがに遭難信号で使用されるのに対してこちらは災害・暴動等の非常事態が起きた際の非常信号として扱われるが、SOSにべると一般的にはあまり知られていない。

ちなみにモールス信号のSOSからの生で何かの信号を3回ずつ一定間隔で繰り返すことで、救助をめる信号になる。


関連動画



■sm1099820[ニコ動]

■sm14995913[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/06/23 15:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ