ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


T-72


ヨミ: ティーナナジュウニ
掲示板をミル!
215カキコ!

T-72とは、旧・ソ連軍(ソヴィエト連邦)の戦車MBT)である。


概要


125mm滑腔「2A46M」を装備し、V12気筒ディーゼルエンジン780で機動する第2世戦車
41.5tと軽量であり、また高も約2.2mと低い。最高速度は時速60㎞前後で、これも当時の戦車の中では最速に近かった。(ドイツアウトバーンで、調速機を外して走行実験を行ったところ、時速110㎞の路上最高速度を計測したとされている。)

制式採用後も良が続けられ、1980年代には爆発反応装甲リアティブアーマー)が装備された。

1970年代からソ連の崩壊までワルシャワ条約機構加盟を始めとする旧東側営で数多く輸入、ライセンス生産され、現在も数多くが現役として使用されている。ただし、諸外へ輸出、またはライセンス生産されたものにはスペックダウンが施されており、これらはモンキーモデルと呼ばれている。

また、や各で独自の良を加えたものなどバリエーションも多い。(ただし、同じT-72でもこれらモデルの間では部品規格が違ったために、融通が利かなかった。またソ連末期には純正部品の供給も滞ったため、兵站上に深刻な問題を抱えていた。)


実際の戦績


湾岸戦争とその前段階であるクウェート危機では、フセイン大統領麾下のイラク共和国軍、親衛隊の戦車として実戦に参加。
当初、多国籍軍側はT-72の持つ125の威に脅威を感じていたが、その内実は威・射程共にM1エイブラムスM1A1)の120㎜滑腔に大きく劣るものだった。また暗視装置の性においても、西側戦車M1エイブラムス論のこと、英軍のチャレンジャー戦車など)に大きく劣っていた。
その結果は惨憺たるもので、73イースティングの戦いなどで、T-72は多国籍軍戦車装甲車一方的に撃破されることとなった。その悲惨なまでの負けっぷりは、旧ソ連兵器に対する際的信用を失墜させることになった。(この時にイラク軍が保有していたのは、純正モデルよりも性の低いモンキーモデルであったが、仮に純正モデルであったとしても結果は大して変わらなかっただろう。)

ソ連崩壊後のチェチェン紛争では、ロシア連邦軍のT-72(もちろん純正モデル)が紛争鎮圧に出動。だがここでもT-72は同じロシア兵器であるRPG-7などに容易く撃破された。(これに対しては、ロシア軍の予算不足によって戦車兵の練度不足が慢性化していたためという見方もあるが・・・)

またいずれのケースでも、T-72は生残性における致命的な弱点・・・弾を体下部に収納するという点を突かれて撃破されている。体高の低いT-72は、どうしても弾を体下部に、燃料の入ったドラム缶やジェリ缶を体外部に搭載して運用しなければならなかったのである。
湾岸戦争においてもチェチェン紛争においても、T-72は撃破された際、体から大きく跳ね飛ぶことが多かったという。これは、体内部に積載された弾や燃料が、被弾により爆発したものである。撃破された際のT-72の模様を、多国籍軍兵士は『ジャックイン・ザ・ボックス(びっくり)』と呼んだ。

だが、こういった生残性における大きな欠点を残したまま、T-72シリーズT-80T-90といった発展に姿を変えて、現在も生産されている。(生残性や居住性よりも、その他の性を優先させるところは、T-34から連綿と続くロシア戦車開発の伝統でもある。元々、人命がよりも安いお柄なので、仕方ないことだが。


開発恥秘話



T-72前史


かつて赤軍機甲部隊を質量の両面でリードする存在だったT-54/55であるが、その実態は数々の欠点を抱えた問題兵器でもあった。また、西側諸T-54/55に対抗して次々と新戦車を開発しつつあり、その向上を急務と考えた軍は、この任務に向けたプロジェクトチームを組織する。そのメンバーの中に、ウラル設計局を率いるレオニード・カルツェフというちょっとマッドの入った技師がいた。この男、戦車技術者として有能なことには疑いのない人物なのだが、その的のために手段を選ばない所業の数々溢れる行動でも有名な問題児やり手であった。彼はT-54/55の最大の問題点の一つであったを新に換装するプランをぶち上げると、それに合わせた新と新体を作ってしまったのである。


ちょっと待て。それって改修じゃなくて新型車輌と言わないか?


待たなくても新車輌である。そもそもカルツェフが命じられていたのはT-54/55良であり、新戦車の開発ではない。T-54/55に代わる新戦車は、きちんと別の命によって開発されていた。担当はハリコフ設計局。かつて救傑作T-34を生み出したコーチン技師を開祖に仰ぐ、ソ連戦車開発の元とも言うべき由緒正しい設計局だ。当然、相応のプライドも意欲も技術もある。彼らは偉大な師の名を汚すまいと、新戦車に画期的な新技術を次々と盛り込み、その優秀性をアピール。軍も大いに期待を寄せていた。しかしカルツェフが造ってしまった新戦車(と言うしかないだろう)は、このプランを見事に差し置く形となったのである。ハリコフ設計局の面子は丸潰れで、おかげでカルツェフは随分と恨まれることになる。

当然、この横破りは軍からも問題視された。カルツェフは業務を私物化した容疑で告発され、問会に召喚される。が、このときカルツェフの特技の一つである口先八丁が炸裂する。彼は「T-54/55の小手先の良は最限界だ。私のプランによって、科学的・技術的・共産主義的に正しい姿になったのだ」と堂々し、この言い訳言い分が認められて、シベリア送りを免れるのである。

まあ、期待のハリコフ製新戦車が新技術の盛り込み過ぎで七転八倒を重ねて遅延しまくっていたため、軍、そしてソ連政府としてもT-54/55からの繋ぎとなる&同盟への輸出供与用に手頃な見せ球戦車は欲するところであった。何より、カルツェフの新戦車は既存のT-54/55インフラ(製造ライン、予備部品、道路梁設備、回収など)が大幅に流用できるのである。非常に魅的なプランだった。かくして共産党書記長までを巻き込んだ数々の政争を引き起こした果てに、この新戦車T-62という名を与えられて制式採用の運びとなった。


拳で語り合う友情


七転八倒のハリコフ新戦車だったが、何とか完成のメドが立ちつつあった。革命的新戦車T-64の誕生である。に信頼性や人間工学の点で数々の問題は残していたものの、それらは政治のヴェールによって巧みに覆い隠され、ハリコフ設計局は何とか面を保つ形となった。一方その頃、カルツェフは一つの命を受け取っていた。

T-64中期調達予定に対抗する新戦車を試作するように

「やっとが認められる時代が来たぜ!」と喜び勇んで本気を出したカルツェフは、持てる技術と知恵の全てを注ぎ込んで新戦車の開発に取りかかった。ガスタービンエンジン駆動ウルトラスーパーデラックスガンランチャー搭載戦車・T-67である。

……んで、この小っ恥ずかしい書きに違わず、新戦車開発は見事に失敗した。カルツェフの実を以てしても、T-64と同じ路線のハイテク戦車を短期間でモノにすることはできなかったのである。ウラル設計局はこの責任を問われ、今後一切の新戦車開発に関わることを禁止されてしまう(シベリア送りにならなかったのは、T-62を造りあげた功績が評価されたのかもしれない)。この処置は紛れもない左遷であり、「やったらシベリア送り。特にカルツェフと名しで念まで押されるという底ぶりであった。

が、当然ながらこの程度のことで懲りるようなカルツェフではない。彼は当座与えられていたT-62近代修という仕事にかこつけ、開発中の新の実物をこっそり調達して、勝手に自動装填装置とそれを搭載する新体を造ってしまったのである。当然、これがバレればシベリア送りは免れない所業であった。

その頃、ソヴィエト中央政府のズヴェレフ輸送機械工業大臣は怒り狂っていた。期待の新戦車と軍が吹聴するT-64を視察に行ってみれば、よりによっての前でエンコして動かなくなるという体たらくをの当たりにしてしまったのである。が治まらないズヴェレフは、ハリコフ設計局にカミナリ落とすついでに、いっちょ問題児達をシメてやる! と抜き打ちでウラル設計局に乗り込んできた。

すると、なんということでしょう! 「だからあんなのに頼っちゃいけないんだよ!」とばかりに、自動装填装置付きの新システムと試作車輌スイスイと動いているではありませんか。激怒したズヴェレフ大臣はドヤ顔で出迎えたカルツェフに掴みかかり、ソヴィエト戦車行政トップと当代一流の戦車技師による前代未聞の大喧が勃発した。

……数時間後。甲斐もなく拳でり合った末に意気投合した二人は、颯爽ウォッカ片手に試作車輌を乗り回し、ヒャッハー125mm滑腔をぶっ放していた。どうしてこうなった


一世一代の大演説


かくして本気でカルツェフをシメにウラルくんだりまで出向いたつもりが、ロシア式のハグを交わしてウォッカを酌み交わし、追加試作の許可まで出してしまったズヴェレフ大臣だが、意気投合したのもつかの間。数ヶ後、怒髪天を突いてカルツェフをモスクワ召還した。

貴様、またやらかしたのか」

なんとカルツェフは、試作車輌制作許可(あくまでT-62修が名)にかこつけて、大臣の名前でエンジントランスミッション、サスペンション、履帯、転輪の開発にGoサインを出してしまったのである。「今度という今度はシベリア送りだ!」と息巻いて問会を招集するズヴェレフ大臣。さしものカルツェフも、どう考えても年貢の納め時かと思われた。

しかし、この関係者全員シベリア送りが懸かった問会の席上で、カルツェフは一世一代の大演説をぶちかます。彼は居並ぶ軍高官や党幹部の御歴々の前で、T-64の要素開発に始まり生産体制全般に至るまでの不良箇所とその隠蔽の事実、それにまつわる政治スキャンダルの洗いざらいを逆に告発したのである。その上で、自分が開発中の新戦車T-64の信頼性データ較結果を突きつけて問委員達を説得し、シベリア送りのが正式な試作車輌の製造許可を取り付けてくるというダカールの日もかくやの逆転大勝利を収めてしまったのだ。

T-72誕生の間である。

なお、上記を含めてT-72量産型がロールアウトに漕ぎ着けるまでの間に、カルツェフとズヴェレフ大臣の間には、

「カルツェフ、貴様またやったのか! 問会だ! シベリアだ!」

拳でのり合い

ハラショー同志! 試作出来良いな! また撃ちに行くか!」

というイベント最低でも都合10回に渡り繰り広げられたことを付け加えておく。か何とかしろこいつら。


その後のカルツェフ


かくして大逆転勝利をつかみ取ったカルツェフに、ある日一通の辞が届いた。

ハリコフ設計局長に任命する

ハリコフ設計局と言えば、ソヴィエト戦車開発の形部局。普通に考えれば紛れもない栄転であるが、考えてみればカルツェフとハリコフ設計局は不敵である。何の嫌がらせかと思うような人事だった。

流石に気が引けたか、カルツェフはこのポストを辞退。T-72の開発も、以後は子のベネディクトフ技師に任せることとなる。そこに飛び込んだ二通の辞

科学技術委員会戦車総局議長に任命する

何考えてやがるソヴィエト政府、気は確かか。今度はそうツッコミが入りそうな人事ではあるが、この辞犯はあろう、あのズヴェレフ輸送機械工業大臣であった。

実はズヴェレフ大臣は、このときプロジェクトが乱立し過ぎて収拾が付かなくなりつつあった試作戦開発を一気に整理統合しようとしていた。独断専行と横破りの常習犯ではあるが、そうであるが故に有能さと行動は確かで気心の知れた(何せ拳でり合った仲だ)カルツェフは、そのための右腕としてうってつけの人材だったのである。

かくして、幾度ものシベリア送りの危機を口先八丁と強引なまでの行動で切り抜けたカルツェフは、見事に大逆転を果たして出世街道を上り詰めることとなった。ちなみに、ズヴェレフ&カルツェフのコンビによるガスタービンエンジン戦車開発の一本化を受け、ハリコフ設計局がカルツェフに学べを合い言葉に、T-64の信頼性向上修にかこつけて、似たような手管でT-80を開発してのけるのだが、それはまた別の物語である。


最重要国家機密?


……と、波万丈のサクセスストーリーのもとに開発されたT-72ではあるが、見方を変えれば変人一人のために戦車開発がモノの見事に翻弄されっぱなしということでもある。ひょっとしてKGBが守り通していた鉄壁軍事機密とは、恥ずかしくて外に出せたもんじゃない身内の恥を断じて漏らさぬための、血の滲むような奮闘の成果だったのかもしれない。


関連動画



■sm4853991[ニコ動]

■sm5546134[ニコ動]
■sm1894915[ニコ動]
■sm3498979[ニコ動]


関連商品


■az1855323389
■ysifeelgroovy_1326
■az9623610041


関連項目



最終更新日: 15/03/22 23:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ