ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


TAS


ヨミ: タス
掲示板をミル!
4166カキコ!
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
[画像を見る] この記事はに「TVゲーム動画のTAS」についての記事です。
その他についてはTAS(曖昧さ回避)を参照ください。

TASとは、TVゲーム等においてエミュレータの機を用いたタイムアタックを行う事、およびその競技名。

本項にて解説する。

概要

TASはアクロニムであり、上記(1)もしくは(2)の略とされている。

ゲームエミュレータの機に搭載されている機を使い、実行速度スロー化やコマ送りQS/QLによる追記(やり直し)、メモリビューア(乱数など内部数値の覗き見)などを用いて(ツールアシスト)、実機で理屈上可だが通常の人間プレイではとても再現できないようなスーパープレイ映像を作りだすという意味合いがある。

"Speedrun"の文字の通り、一般的にはタイムアタック的として行われるが、ゲーム内にスコアがあるゲームでは"Scoreattack"(スコアアタック)を行っている動画もある。タイム短縮に影を及ぼさない範囲では魅せプレイなどの要素を取り入れている場合もあるが、最速という的を離れ魅せプレイメインに据えるものはTAPと呼ばれて区別される場合がある(後述)。

クリアタイムの記録は、どの場合が「ゲーム起動」の間から「最後の操作」の間までの動画での時間である[※1]ゲーム内のメモリ数値の強制変更等を含む「チート」とは別であり、理論上は実機でも再現ではあるが、人間上で再現とはいえないものがどである。

なお、勘違いしている者も散見されるが、TASとはツールを使ってスピードスーパープレイ)を追求する行為の事であり、必ずしも最速である必要はない。最速でない動画に対して「遅いからTASじゃない」と文句を言ったり「現行では最速なんだから遅くてもTASだろ」と擁護するのは誤りである。また、必ずしも後述のTASVideosの基準を満たしている必要もない(あくまでTASVideosへの投稿向けに定められた基準であり、ニコニコ動画への投稿とは関係)。

ツールアシストを受けず、実機で実時間の短縮を標とするスピードランをリアルタイムアタックRTA)と呼ぶが、こちらも細かい定義がありTASでなければ全てRTAというわけでもないため詳しくは当該記事を参照のこと。

[※1] これ以外のケースもあり、レースゲームなど、『ゲーム内で計測されるタイム』を基準とする物も多い。


TAP(Tool-Assisted Performance)


テクニカルプレイなど(後述 魅せプレイ)をメインに据えた動画ニコニコ動画ではTAPと表記することがあるが、これは単にタイムアタックと区別するためであり、特別に何かの的を持った動画群と言う訳ではない。

タイムアタックでないTAS動画は魅せプレイ動画である事が多いため、ニコニコ動画では"Tool-Assisted Performance"としてTAP=魅せプレイと言う意味で用いられる場合があるが、最近は死語になりつつある。

前述の通りTASは”Tool-Assisted Superplay”の略でもあるため、一般的にTASと表現すればTAPの意味を包含する。そのため、ニコニコ動画以外のサイトでは特に区別なくTASと呼ばれている。Youtube等に投稿されるランダムルート系TASは特に表現を分ける事はく、基本的にTASと表記されている。

理論上で実現可能な動作

前述のとおりTASにはSuperplayとSpeedrunの2通りの意味があり、ツールアシストによるプレイの総称としてTASと呼ばれる場合もあるが、スピードランとしてのTASには暗黙の了解がある。ゲームスタートからエンディングまでのクリアタイムを競うRTAとおおよそ同じルールに則るが、エミュレータの使用が基本となっていたり、実際のプレイ時間は関係なく完成したプレイ動画タイムが記録となり、フレーム単位での較がされるなど異なる点も多い。

たく言えば『ゲームハード実機で理論上実現が可である(起こりうる)』事が必要である。通常は現実世界において、人間が実際にコントローラを自身の手で操作して最速クリアなどを行うが(RTAなど)、『それを極限にまで突き詰めていくとどんな結果が出せるのか?』という問いに対しての答えがTASであるからである。

そのため、ゲームの内部数値をゲーム外部から強制変更するような「実機単独では不可能な操作を含むもの」は正規の記録としては認められない(下に記述)。その一方で、上下同時押し・フレーム単位での連打・乱数調整プログラム内部を覗かないとおよそ不可能バグ技など『理論上可いは確率的に起こりうるだけで、実際の実現可性が絶望的に低い操作』に関しては認められている。 [※1]

実際に実機で動作可動画YouTubeアップロードされている(例:マリオ64[外部]SMB1[外部])

[※1] なお、上記の認められた操作はほぼ全てのTASで当たり前のように用いられているが、いきなりエンディングに飛ぶようなあまりにも特殊なバグ技チートの利用、セーブデータパスワードを利用したTASは特殊な記録として正規の記録とは較されない。あくまで正規でないというだけなのでFastest crashのような特殊なジャンルも存在する。


再現性


理論上実機で実現可な動作が条件であると同時に、同じゲームソフトを使用したら同じように再現できる必要がある。通常のタイムアタックは、同じゲームソフトを用いて同じ条件で最速クリアを行うので、理論上の最速値も同じ条件で導き出されなければならない。

なお、ドラゴンクエストⅣの前期ロム、後期ロムに代表されるような、生産ロットによってゲーム内のシステム若干変更されているようなゲームソフトバグ技などそれにより実現可不可能な操作をしている場合、大体ROMバージョンが明記されている(投稿者が存在を知らないなどの理由で、明記されていない場合もある)。


リプレイファイル


TAS動画において中心となる作業は、『リプレイファイル制作』である。ゲームが始まり、エンディングへ向かうまでのコントローラデバイスからの入情報を記録する。『どこでジャンプする、どこで○ボタン、どこで×ボタンを押す』などの情報を記録していくことで、そのファイルを再生すれば同じ動作が行われる事になるわけである。

前述の『再現性』というのは、同じ使用環境において同様に再生できるという意味を含んでいる。つまり、リプレイファイルさえあれば、でも同様の動作を確認できるということである。通常はエミュレータを起動後、リプレイファイルセットしてゲームを起動し、再生状況を画面キャプチャするなどして映像として録画・作成する。

リプレイファイルは下記の外部リンクにある「Microstorage」へアップロードしておくことをおすすめする。


主要機能


TAS動画制作する際には使用するゲームエミュレータに下記のような機が搭載されている必要がある。

実例

上記のようにTASはバグ技なしなどのゲームとして成り立つ最低限の制限を課したものも存在するが、基本的には「実機で理論上可」でさえあれば良しとされているため、極限まで突き詰めると「そういうゲームじゃねえからこれ!」といいたくなるような手法がとられる場合がある。


デバッグルーム・或いはデバッグコマンドの呼び出し


ゲーム内にデバッグルームデータが残存している場合、通常はそこへ行く手段は存在しないのであるが、裏技(というかバグ技)を用いてそこへ移動する事が可になればゲーム内のフラグ仲間ステータス、持ち物などかなり様々なデータゲーム内の操作だけで弄る事が可になる。

そのため、このデバッグルームに最速でたどりつく手段を作成し、デバッグルームゲーム内のフラグ戦闘を飛ばせる、をすり抜けられる等)をいじくり、デバッグルームの操作でラストダンジョンワープしてラスボスを撃破するという荒業も行われる。

デバッグルームゲーム内のフラグを強制的に変更するなど、まるで『チート』であるかのようなイメージがあるが、前述の通り、デバッグルームには実機でゲーム内の操作だけで移動する方法が存在していて、『実機で実現可であるので、TASの義に照らせば、なんら問題のない手順である

▼当初問題になった動画 TASVideosルール上はこの辺がギリギリらしい

■sm8607234[ニコ動]

■sm12072833[ニコ動]

ドラえもん4 TAS(1分04秒)の件について(パスワード利用について)


ドラえもん4はパスワードセーブゲームで、パスワードさえ知っていればラスボス直前から始めることができる。それを利用したTAS動画うpされたが、一部のユーザにより『これはTASではない』という書き込みが見られ、動画内などで議論となった。なお、パスワード使用TASは従来より存在している。

この種の動画を作成する場合には動画が荒れる事に配慮して以下の点を心得てほしい。

▼参考
■sm4342973[ニコ動]

TASVideos

2012年現在までにおいてTAS動画が数多く投稿されているサイトとしてTASVideos[外部]がある。海外サイトであり、TAS文化の中心的な存在となっている。動画閲覧サイトの登場と普及によって一般層へと知られるようになってきており、一部のゲームマニアの知るところだけであったTASの知名度が高まる事となった。


競技としてのTAS


TASVideos内ではTASを一種の競技として捉えており、公式ルールが存在する。ニコニコ動画投稿されるTAS動画もこれに倣う形で投稿される場合が多いが、必ずしも同じ方式とは限らない。


TASVideosにおけるルール 


TASVideosにおいては以下のルールが存在する。に「実機動作に限りなく近い状態で制作開される」事を謳っている。


次へ»
最終更新日: 18/11/30 20:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ