ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


TBSラジオ


ヨミ: ティービーエスラジオ
掲示板をミル!
40カキコ!
TBSラジオ
TBS Radio
基本情報
略称 TBSTBS-R
日本
所在 東京都港区赤坂5-3-6
運営事業者 株式会社TBSラジオ
放送対地域 関東広域圏(関東7都県)
ラジオ周波数 954kHz(AM/中波)
ラジオ系列 JRN
コールサイン JOKR
開局年 1951年12月25日
設立年 2000年3月21日
備考
放送局情報テンプレートボックス

株式会社TBSラジオ (TBS RADIO,Inc.) とは、関東地方エリアとするAMラジオ放送局である。


概要


1951年12月25日、「ラジオ東京」として開局。1960年11月29日に社名が「株式会社東京放送」(TBS)に称したため、現在の「TBSラジオ」が使用されるようになった。

もともとはTBSテレビと同じく株式会社東京放送TBS)が運営していたが、2000年3月ラジオ部門が分社化され、株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ(TBS Radio & Communications,Inc.、TBS R&C)が設立された。2001年10月には放送免許TBSから継承。2016年4月1日付で社名を株式会社TBSラジオに変更、これにより商号と対外呼称、呼出呼称が統一された。

2011年1月31日1992年から続いていたAMステレオ放送が終了。在局で一番最初に終了した。

IPサイルラジオ協議会に参加しており、2010年3月15日からradiko.jpにてインターネットサイマル放送を行っている(AMステレオ放送は2011年1月31日に終了したが、radikoではそのままステレオで配信されている)。また、2015年12月7日からは文化放送ニッポン放送と共に東京スカイツリーからFM補完放送ワイドFM)を開始、90.5MHzでも聴取可である。


特徴


2001年8月期聴取率調より現在まで10年以上に渡り首都圏におけるラジオ聴取率において全局トップを記録し続けている。

「磐石な高聴取率は、1970年代よりTBSラジオを支えていた大沢里、永六蝮三太夫といった、在AMラジオ局でも特に高齢化が進んでいるパーソナリティ量のおかげ」という摘も長らく言われていたが、較的に若い方である安住紳一郎宇多丸RHYMESTER)、ジェーンスーなどの功績もあって、世代交代はできそうだという見方が優勢となっている。また、生え抜きのみならず、森本毅郎・荒川強啓・赤江珠緒など他局出身のアナウンサー伊集院光など他局出身のパーソナリティーを起用する傾向も強い。他にもTBSアナウンサー出身でフリーとなって「ニュースステーション」(テレビ朝日)のキャスターを務めた久米がNステ終了後に再びTBSラジオに戻ってきてパーソナリティを務めている。
このように、在AMラジオ局においてライバル関係にあるニッポン放送の『良い時だけのニッポン放送』になぞらえて、他局で活躍したパーソナリティも積極的に再起用する姿勢から『パーソナリティ再生工場のTBSラジオ』と較されることもある。
また、TBSラジオで活躍しながらも亡くなった人や当時はTBSで活躍していた人も多々いることを忘れてはいけない。


番組編成


番組編成の特徴として、在AM局の中でも較的高年齢層に向けた番組を編成する傾向がある。いわゆる「ワイド」と呼ばれる平日2223時台の生ワイド番組を他局に先駆けて若者向けから青年層以上向けに切り替えたなど、この編成の特徴が見られる。

2000年代半ばより高齢化の進んだ従来のパーソナリティから次の世代のパーソナリティへのバトンタッチが進んでおり、2015年には「土曜ワイドラジオTOKYO」のパーソナリティが永六からナイツへ、2016年には平日午前帯のワイド番組が「大沢里のゆうゆうワイド」から「伊集院光とらじおと」「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」「ジェーンスー 生活は踊る」へと続けて大編が行われ話題となった。

また、開局の翌年にあたる1952年ラジオで初めてプロ野球中継を放送、以後60年以上の長きにわたり放送を続けていたが、聴取率や広告収入の低下と共にニーズの多様性に応えるため、2010年に土日の中継を終了、さらに2017年度をもって日本シリーズクライマックスシリーズを含めプロ野球中継から全面撤退した。
このプロ野球中継の平日分の後番組として、2018年より宇多丸パーソナリティに据えた「アフター6ジャンクション」がスタートしている。

民放AMラジオ局の中では最もく、通常は放送休止時間帯である日曜深夜1~2回程度ながらもレギュラー番組が存在している。1990年代末から「北野の世紀の雑談」「愛川欽也キンキンのパックインミュージック」など変遷し、現在は「文化系トークラジオLife」を放送中。

アニラジについては今は「林原めぐみのTokyo Boogie Night」程度しかなく、深夜アニメ製作に積極的なTBSテレビアニラジを局のメインコンテンツの一つに据えている文化放送とは一線を画する。ただ声優パーソナリティに据えた番組を制作したことがないわけではなく、過去には神谷明平日午前帯のワイド番組「うきうきワイド こんにちワ神谷明です」でパーソナリティーをしていたことがあったり、平日深夜帯にアニラジ番組コンプレックスファンタジーワールド」を設置していたり、ラジオ大阪制作アニラジ番組をネットしていた時期もある。


主な番組


※土・日にも放送されている帯番組は平日番組に表記。


平日


早朝~朝

午前

夜~深夜


土・日



過去の代表的番組


※番組開始年順。


次へ»
最終更新日: 19/01/23 05:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ