ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


The Justice Ray


ヨミ: ジャスティスレイ
掲示板をミル!
12カキコ!

The Justice Rayとは九十九百太郎の手がける音楽の代表作的シリーズである。


概要


ブラストウインドで使用されたことがこの曲のシリーズの始まりとなっており、その他もラスボス戦で使用されている。直訳すると「正義線」。音にRolnad社のDTMSC-88Proを使用している。

THE JUSTICE RAY (JUSTICE RAY)

ブラストウインド飛ぶにんにくラスボス戦で使用。 ギターシンセストリングスによるしさと切なさが入り乱れた曲調が特徴。 ゲーム内のサウンドテストでは曲名にTheが付いているが、後に発売されたサントラではTheが外されている。曲調は後の物とべ転調が少ない。

The Justice Ray Part2

サンダーフォースVのラスボスエヴァガーディアン戦で使用。曲中盤のオルガンソロは制限時間的な意味で鳥肌物である。因みに前作の知名度が知名度だけにPart2という名前に「ん?」と思った人も少なくない(と思う)。

The Juctice Ray Part3

セガガガラスボスセガ歴代ハード戦で使用。馬鹿らしくも熱い戦いを盛り上げるのに一役買った。サンダーフォースVIの仮想サントラBROKEN THUNDER」にも収録されている。

後にBROKEN THUNDERゲーム化された際にもラスボス戦で使用されたが、キーが変更されたため評価が分かれる。そこ、これをサンダーフォースVIBROKEN THUNDER IIに使えばよかったんじゃね?といってはならない。

The Juctice Ray Part4 Gerecht Lichtstrahl

18禁ゲーに使われる予定だった曲であるが、ある事情により没になり題名も変更となった…(このアクションゲーム向けな曲調でどんな場面に使う予定だったのだろうか)。JUNK PARTという同人CDに収録されている。

…が、PS2鋼鉄の咆哮2ウォーシップコマンダーにて、キーや音色を変えたものが最初ボス高速巡洋戦艦ヴィルベルヴィント戦で使用された。非常に盛り上がる曲ではあるが、序盤向けではないというも。何度も言うが最初ボスである。

The Last Howling -The Juctice Ray Part5-

機装猟兵ガンハウンドEXラスボス戦で使用。Part2以降の定番だったオルガンピアノの音はく、ギターシンセを前面に出したしい曲調となっている。

尚、九十九氏によると「Justice Rayはこれで最後にする」らしい。それも含めて「Last」という事だろうか。


関連動画



■sm4904621[ニコ動]


関連商品


■azB000069S7R
Part1

■azB000092P7W
Part2

■azB000092PH4
Part3

■azB0013N88RK
Part4

■azB009A6UN48
Part5


関連項目



最終更新日: 14/10/16 16:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ