ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


TWilight refrAIN


ヨミ: トワイライトリフレイン
掲示板をミル!
2カキコ!

TWilight refrAINとは、双子弾幕STG第二弾である。

「TWilight_refrAIN」or「TWilightrefrAIN」タグで動画検索。[動]


概要


同人サークル永久る~ぷのオリジナル作品第二弾。

前作「TWilight INSanity」とは対照的に魔法世界舞台となる。機械文明はいにしえにれ、魔法技術が人々の生活を支えている、そんな世界
新たなシステムが導入されているが、二人一組の自機、マルチシナリオなど基本的な部分は大きく変わらない。
タイトルの大文字部分だけを読むとTWAINとなり、その意味は「ふたつ」である。
一回のプレイ時間が長い。

現在世界観とストーリーを受け継いだリアルタイムRPG双子魔法組曲 -WORLD OF TWAIN-」が開発中


ストーリー


公式より引用

ここは「エステラス」という名で呼ばれる魔法世界
この世界では、「鉱石魔法」と呼ばれる、
ちょっと変わった魔法が発展している。

まず、この「鉱石魔法」について解説しよう。

◆「鉱石魔法」を使用できる人  
エレメンタル」と呼ばれる種族の血を引いていること。
エレメンタルの血が濃いほど、強い魔法が使える。

◆「鉱石」について
魔法を使用する際には、自分の髪の毛の色と同系統の鉱石
身につける必要がある。たとえば、「髪の毛 」⇒「鉱石ルビー」など。

◆「髪の毛の色」について
エレメンタルの血を引くものは、髪の毛が「以外」になる。
それは、前述のように、相性のよい鉱石を示す。
髪の毛は、純人間であるが、今は皆無と言われている。

鉱石
鉱石は、世界に散見されるがにも扱うことができない。
それどころか、魔法暴走を招くある石として有名。


はるか昔より「人間」と「エレメンタル」は助け合い混ざりあってきた。
だから、今の時代、鉱石魔法を使えないものはほとんどいない。

さて、今回の物語は、この鉱石が、
世界中で急に産出され始めるところから始まる。

双子たちは、それぞれの理由で物語に関わって行くことになるが、
世界の行く末が、2人の肩にかかっていることを、
彼女たちは、まだ、知らない。


登場人物



プレイキャラ


霧島兄妹  髪の色:赤

炎使いの二双生児兄妹16歳。強い魔を持ち、高校生だがギルド仕事を請け負っている。
とても仲の良い兄妹だが、端から見ると時々仲が良すぎることがある。

御刀姉妹  髪の色:金

双生児姉妹12歳。本作のロリ要素。過去に両親を殺され親戚に引き取られている。
形見の鉱石髪の色が違うので魔法に使うことは出来ない。その鉱石が薄くりだしたところから彼女たちの物語は始まる。
まだまだ子供らしいところも多いが、しっかりとした意志を持った姉妹である。
二人ともショットに貫通特性があるが、何も無いように通り抜けるわけではなく、グリグリとゆっくり掘り抜けるような性質なので意識して使うのは難しい。

雫石朝朔 ツゴモリシズカ  髪の色:白と黒

彼女たちは双子ではない。だがそれぞれ双子の片割れであり、その相方たちもストーリーに関わってくる。シズカが倒れているところを朔が介抱する形で二人は出会い、共に戦うことに。
二人ともショットに大きな特徴がある。


敵キャラ


水科 舞「みずしなまい」  鉱石:ネックレス

ボス魔法学校に通う普通女の子だが、鉱石に触れてしまい魔暴走暴走を抑えるため戦うことに。
普段は心優しい女の子である。カットインがなんかエロイというが。

小鳥遊 真帆「たかなしまほ」  鉱石:ハンドルの外側だけみたいな輪っか

2ボス。2面は分岐制であり、こちらのルート真エンドに向かいづらいのでスルーされがち。
警備会社に勤める大人女性遅刻欠席、非常にな人物だが優秀とは言えず、主人公達にもアワアワオドオドしてみせるなど、だけど……という人。魔法学校では朔の先輩であり、よく朔に振り回されていた。

キラ=ハイウェイ  鉱石:杖の先端

2、もしくは3ボス帆さんルートを通ると3ボス
どデカイ帽子トレードマークの元気っ子。とても明るくやや好戦的であり、わかりやすい。
彼女テーマ曲「CrossFireSequence」は本作中ではしく純バトルを思わせる曲であり、彼女の性格がよく表れていると言える。
サントラジャケットサークルバナーに起用されるなど、公式からはメインヒロインのような扱いをうけている。

アドルフィーネ  鉱石:傘の柄

帆さんをスルーしたときの3ボス帆さんを選んだ場合は出会わない。
クールビューティーなお姉さん戦闘前から負傷しているので本来の実を出せない。
使命のためならば子供でも容赦しないが非は好まないようであり、主人公達に事件に関わらないよう警告を与える。

ミミ=オース  鉱石:謎の球体

ボス。敵側のロリ成分その1。
大きなツインテと、×と◯の飾りがトレードマーク。羽が生えた大きな球体に座ったり寄りかかったりしているが、これこそが彼女鉱石であり彼女魔法に必要なもの。鉱石になりたい
とある遺跡の門番仕事に誇りを持っているようであり、侵入者である主人公達には毅然とした態度を取る。しかし精年齢は見た程度の幼さのようであり、ルートによっては漫才のような争いを展開する。

「オース」は門番に与えられる称号のようなものであり、元は単に「ミミ」だけであった。
前作「TWilight INSanity」でも「ミア=オース」というキャラが登場。電仮想世界の認システムという門番のような役があり、認ちゃんと呼ばれている。同作のスピンオフAlternative Sphere」にはレミ=オースが登場。オースシステムという単の存在など「オース」が深い意味を持つ。
由来は「認」の英訳「authentication」であると思われる。タカトラバッタとはなんの関係もない。


新システム



倍率


倍率自体は前作からあるが追加要素あり。
前作同様、出現した敵ははやく倒すほどアイテム(crystal)を多く落とす。最大で4倍。
本作ではさらに接近ボーナスがあり、近付いて倒すとザコは2、ボスは4、倍率が加算される。
ザコは6、ボスは8が最大倍率となる。
ボスの場合は、ボス周囲に展開されているリングの内側に自機の当たり判定を入れた状態で倒す必要がある。


SpiritとMagic


本作では残機及びボムが体制となっている。それがSpiritである。
装備によって異なるが基本初期値は10000。最大で20000。
crystalの取得、ステージ終了時のかすりボーナスで増加。被弾、ボムの使用で減少。
本作のボムMagicと呼び、Spirit1000(装備によって100の+-)消費することによって発動。
被弾時にはAutoMagicが発動し、通常時の3倍のSpiritを消費してボムを展開。
SpiritAutoMagicの使用量に満たない状態で被弾するとゲームオーバーとなる。

Magicの効果には特殊攻撃の発動、一定時間のショット強化とアイテム自動回収、敵弾の全消去がある。
自機周辺の敵弾はcrystaに変換されるので、大量に囲まれたときに使うと嬉しくなる。

ライフと共有しているので最初はボムを使いづらく感じるが、要所要所で使っていかないと厳しくなる。
初期値の10000で考えると、手動ボムは10回、オートは3回しか使えない。難所、ピンチのときはためらわずに手動で使ってしまおう。

ただしオート発動でランクがひとつ下がるので、一応オートメリットもある。


ランク


本作の難易度ランク制。Dが最低で以降はC、C+、Bという具合に上昇し、最大はSSとなる。
スタート時に初期ランクが選択可で、初期ランク難易度上昇度合いも変わるので初級者でも問題はない。
SSは最高の初期ランクAを選択しなければ出現しない。撃ち返し弾が追加されるのでマゾ度が一気に増加。
常時SSモードを搭載する案があったが無理ゲーなのでやめたらしい。


Ring


シナリオ分岐に関わるシステム。会話選択肢で取得可な数字であり、この数の大きさによってルートが決まる。
少ないと心残りなエンディングになり、多いとエンディングに向かう。論、そんなことよりおなかがすいたよというような選択肢を選ぶとRingは増えない。一度選んだ選択肢の横には増加Ring数が表示されるので前作よりも正解が分かりやすくなった。
ステージ終了時、侵食率が高すぎるとペナルティで1減ってしまう。逆に低いとボーナスで1増える。


リプレイリスタート


リプレイ再生中、途中から実際に自分の手でプレイすることが可という機プレイ時間が長いゲームなので、しんどさを回避するために実装したらしい。
最後の方の分岐だけやりなおしたいときなどに便利。ただし、他人のリプレイからのプレイではエンディングを見ることは出来ない。それでも苦手弾幕練習などには大いに役立つだろう。


関連動画



■sm4459780[ニコ動]

■sm5443396[ニコ動]


関連商品


■azB0044WLW5W
委託在庫少数。
コミケ参加時に過去作の頒布も行うようなので、確認の上立ち寄ってはいかがだろう。


サークル公式サイト


永久る~ぷ[外部]


関連項目



最終更新日: 19/05/25 20:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ