ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ULTRAMAN


ヨミ: ウルトラマン
掲示板をミル!
111カキコ!

「ULTRAMAN」とは、

  1. 2004年12月18日から劇場開されたウルトラシリーズ映画作品であり、「ウルトラマンネクサス」と同じくULTRA N PROJECTの一つ。東京映画祭・特別招待作品。
  2. 原作清水栄一、作画・下口智裕による、『ヒーローズ』にて連載中の漫画作品。→ULTRAMAN(漫画)
 本稿では1.について記述する。

ULTRAMAN
「飛べる…は…このを飛べるッ!!!」

ストーリー

太平洋墜落した未確認飛行物体の調をしていた、海上自衛隊二尉・有働文は突如あらわれた「」に遭遇。その発体の影で遺伝子レベルの変質を遂げて悪なビースト「ザ・ワン」となってしまう。
防衛庁内の特殊機関BCST(対バイオテロ研究機関)の監視下に置かれるも脱走して行方をくらました。

「ザ・ワン」の脱走から3ヵ後、
航空自衛隊戦闘機F-15Jパイロット一は、先性の疾患を持つ息子の継夢と少しでも一緒の時間を持つ為に退官を決めていた。
そのラストフライトの日、の飛行物体出現の報を受け同僚であり親友の倉剛と共にスクランブル発進する。
だが程なくして倉の機体の計器がの動作不良を起こし、止むく倉は離脱し木は単独で調に向かう。
レーダーに映るターゲット視出来る寸前の距離に近づいた時、レーダーから反応が消失
驚く木のの前に「い発体」が出現。木の機体と衝突してしまう。
だが彼は奇跡的に生きていた。
超空間に浮かび戸惑う彼のの前には巨人が立っていた。

それは地球におけるウルトラマンスペースビーストの長きに渡る戦いの始まりであった。


概要


「ULTRA N PROJECT」の「NEXT EVOLUTION(次なる進化)」をる作品。
同じプロジェクトの下で放映されていたテレビシリーズウルトラマンネクサス」と同じ世界観であり、同作品とリンクする構成になっている。
バットマンスパイダーマン大人も楽しめる映画として成功を収めたことから、日本が誇るヒーローウルトラマン」も大人の鑑賞にも耐えうる作品にしようというコンセプトから制作が開始された。
監督小中和哉氏、脚本は長谷川圭一氏と劇場版ウルトラではお染みのコンビだが、音楽監修にB'z松本氏、フライングシーケンディレクター中戦の制作)に板野一郎氏が参加し、防衛庁が撮影に全面協するなど、それまでのウルトラシリーズとは一線を駕す雰囲気を放っている。

元々は2000年に「YELLOW EYES」という企画が発端。
ウルトラマン変身する若者は元は正義の味方ではなく戦いの中で正義覚めるというもので「ネクサス」以上にダークな路線であった。(タイトルは危険信号の色とウルトラマンの眼の色のダブルミーニング)。
ところがそんなある日、9.11テロが起こってしまう。
フィクションであるはずの出来事が、現実に起きてしまった。」(パンレット監督の寄稿を要約)
現実悪意フィクション駕してしまった事実を痛感したスタッフは一旦計画を白紙に戻し、(当時の)今の時代に本当に必要なヒーローとは何かを突き詰めていく。
その結果、初代ウルトラマンの第一話である『ウルトラ作戦一号』がもし現実に起こったら?という作品に昇する。
主人公である木が飛行中にい発体と衝突するのは、ハヤタの乗ったジェットビートルウルトラマンと衝突することのオマージュで、ザ・ワンデザインも同話に登場し地球に逃げてきた怪獣ベムラーを意識している。
言わばこの作品そのものがウルトラマン第一話の壮大なリメイクとも言える。
他にも主人公が働くことになる航空会社や登場人物の名前にウルトラQオマージュ混ぜてみたりとスタッフサービスが見え隠れしている。
一方、新機軸も多数盛り込まれ

・前述の防衛庁協によるリアル戦闘機の描写。

・従来より低い10mサイズ怪獣による人間への恐怖を煽る演出や同サイズウルトラマンとの戦闘。
・『バイオウルトラマン』をコンセプトデザインされた生物的な外観を持つウルトラマン
家族を持つ父親主人公(まあ一応ナイス家族持ちだが)。

などなど大人、特に父親世代に強くアピールする演出が多数見受けられる。

ウルトラマンデザインの特異性や、演出のダークさなどから敬遠する人もいるかもしれない。
しかし小中和哉監督る。
「子供さん達にとってはザ・ワンデザインなんかは凄く怖いかもしれない。
けどそんな時こそお父さんが傍でしっかりと手を繋いで最後まで見て欲しい。」

もし見た事がいと言う人いるなら、今からでも見て欲しい。子供さんがいるなら家族みんなで。
きっと家族友達との、悪に立ち向かう心がそこにはあるはずだ。


その後


随所に意欲的な試みを散りばめた作品であったが、宣伝や上映館数の少なさなどから残念ながら行収入は一億五千万円と振るわなかった。本編終了後にULTRAMAN2 requiem制作も予定され2005年開を知らせる特報も流れたが、ネクサスの不振の煽りもあり公式アナウンスいまま立ち消えとなってしまった。
後に板野一郎氏は自身のトークショーにて「中止になった」旨を明かした。

しかし作品そのものも評価は高く、DVDは好セールスを記録した。
また、ここで培われた技術はその後のウルトラシリーズにも生かされ、続くウルトラマンマックスウルトラマンメビウスでの戦闘機ミサイル発射、ウルトラマンの飛行戦闘などに用いられた。
ちなみにULTRAMAN2では神戸市全面協舞台神戸となる予定であったが制作中止となった為、後にお詫びも兼ねてメビウスウルトラ兄弟神戸舞台となった。


関連動画



■sm8574974[ニコ動]

■sm22132444[ニコ動]
■sm733083[ニコ動]


関連商品


 ■azB002MGAMLM
■azB0009X61SS
■azB000E8QVKQ
■azB000E8QVL0
■azB0009HBI0A
■azB001EXFI4U
■azB001CYZL5W


関連コミュニティ


 ■co7510
■co5772


関連項目



最終更新日: 15/04/03 22:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ