ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


VF-0


ヨミ: ブイエフゼロ
掲示板をミル!
13カキコ!

VF-0とは、OVA作品マクロスゼロに登場する架可変戦闘機である。

ペットネーム不死鳥フェニックス」。
ただしこのペットネームは後付けの設定であり、作中で呼ばれることはい。


概要


本来は後に第一次戦争で活躍するVF-1バルキリー)の試作機であったが、統合戦争において反統合同盟軍がいち可変戦闘機SV-51を実戦投入したため、それに対抗すべく急遽量産・実戦投入が行われた機体である。

後の可変戦闘機と同様3段変形機構を備えている他、レーザーエネルギー変換装甲など、オーバーテクノロジーが惜しげもなく投入されており、従来の戦闘機とは一線を画している。

しかしVF-1用の熱核反応エンジンがまだ未完成であった為、従来のジェットエンジンでは十分な出を得られない事から、既存のエンジンで最高性を持つものを、安定性や燃費を犠牲にして極限までチューンして使用するという恐るべき荒業が施されている。
それ故、エンジンは非常にデリケートであり、従来の艦載戦闘機の6~7割という燃費の悪さから空中給油機の支援が不可欠。また飛行用のアビオニクスも未完成だったらしく、操縦性も良好とは言い難い。

生産された機体は空母アスカ」に配備。統合軍の中でも若くて腕の良いパイロット達がVF-0の搭乗員として集められたが、バトロイド形態への可変機構など従来の戦闘機とは全く違うVF-0の扱いに皆が苦戦。
訓練を通じて実戦で戦えるまでにはなったものの、本機の性を十分に引き出せたのは当時VF-X1で可変戦闘機テストパイロットをしていた統合軍のエースパイロットロイ・フォッカーだけだと言われている。

生産総数はおよそ30機ほどであるがそのほとんどが戦闘によって撃墜または大破。
またマヤでの戦いそのものが歴史の表舞台から抹消されたため、VF-0の存在も長らく一般に知られる事はなかった。
しかしマクロスFの時代ではマヤの事件もになっているようで、映画の人」においてVF-25映像処理してVF-0の飛行シーンを撮影していた(実機が現存しないため)


関連動画



■sm6151577[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 09/11/25 18:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ