ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


WHIP(野球)


ヨミ: ウィップ
掲示板をミル!
5カキコ!

野球におけるWHIPとは、投手の評価項のひとつであり、「1イニング当たり何人の走者を出すか」という数値である。

「Walks plus Hits per Inning Pitched」の略で、日本語に訳せば「投球回あたり与四球被安打数合計」となる。


概要


計算式は、WHIP = (被安打+与四球÷投球回

である。エラーによる出塁や死球は含まれない。

だいたい1.00未満だと大エース、1.00~1.20ぐらいで割と良い具合、1.40~ぐらいだと「がんばりましょう」になる。

ランナーをよく出すが結果的には0点で抑える劇場投手も、まったく走者を出さずにきっちり抑える投手も、防御率では違いが見えないことが多い。走者が少なければ自然と失点する可性も低くなるため、この数値は投手の安定度を表しているといえる。

一方でWHIPばかり見ていても、防御率同様、やはり投手本質を見ることは出来ない。WHIPはあくまでランナーを出す確率を示す数値であり、四球も単打も2塁打3塁打ホームランも区別なく同じものとして扱う性質があるからであり、WHIPが優秀であったとしても防御率など実際は他の成績に反映されるとは限らない。

アメリカの有名野球データサイトFanGraphs』ではWHIPのことを

WHIPは愚かな標だ。一部の人々はVORPとtERAと並んで、新しいマネーボールスタットとしてそれを参照するのが好きだ。
しかし、WHIPプレイヤースキルを表すものではない。
もちろんランナーを出さない投手は良い投手になる傾向があるが、それは絶対ではない。
WHIPは他の多くの統計の副産物であるため、投手を評価する際に基本的に視されるべきである
  
ゲーム世界では一般的なWHIPだが、これは投手を測る標としては全く役に立たない投手コントロールできないBABIPに依存するからだ。

 とぶったぎっている。

パワプロやきゅつくなどの野球ゲームはたまたWikipediaの個人成績欄のか、2ちゃんねるなど1部ネットではの普及を見せているが、現在セイバーメトリクスの分析でWHIPが使われる事はほぼないといえる


関連項目



最終更新日: 18/09/04 05:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ