ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Windows 10


ヨミ: ウィンドウズテン
掲示板をミル!
822カキコ!

Windows 10とは、米国マイクロソフト社が2015年7月に発売した、オペレーティングシステムWindowsシリーズソフトウェアである。ニコニコでの動画タグスペース抜きの「Windows10」が多い。

パッケージとしてリリースされる最後の「Windows」である。 → 「最後のWindows」を参照

現在は終了しているがWindows7・8・8.1ユーザーへ対して行われた、Windows10へのアップグレード推奨キャンペーンが強引すぎる、(というかそれを通り越して)アップグレードを強制的に行おうという姿勢が当時問題になった。 → 「アップグレードについて」を参照

概要

2013年に、Windows 8.1の次期バージョンとして「Threshold」のコードネームで開発がされていることが判明し、マスコミなどが「Windows 9」の仮称で報道し始めた。カーネルバージョンNT 6.4NT 10.0(1月24日アップデートより)。

2014年9月30日(現地時間)に正式発表され、名称が「Windows 10」とすることが明らかとなった。10月2日より一部の言向けのTechnical Preview版がリリースされ、2015年1月24日アップデート日本語にも対応した。2015年4月30日より、名称が「Insider Preview」となった。

Windows 9としなかった理由としては、すでにWindows 95Windows 98が発売されていて、Web検索するときにヒットしにくい点のほかにソフトウェアによっては誤作動を起こす恐れもあるほか、Windows 8.1よりも画期的な機強化をしたことをアピールしたい点を挙げている。前述の内部バージョンが示す通り、Windows VistaからWindows8.1まで延々と続いていたマイナーアップデートとは違い、およそ8年ぶりとなる久々メジャーアップデートであることを際立たせたい意図もあるものと思われる。
そのほかに、One Microsoftスローガンに合わせ(OneNote、OneDriveXbox Oneなど)、「Windows One」 も補にあったが、これもWindows 1.0とかぶるために断念された。

Windows 8では、来るべきタブレット端末の普及に合わせるように、タッチネル操作に適したスタート画面とタイルを持つModern UIを標準画面としたが、従来のPC環境を利用する個人、法人ユーザーからのクレームや、予想ほどのタブレット端末の普及が遅れたこともあり、Windows 10ではデスクトップ体に戻しつつも、Windows 8で追加された機を統合する新しいUIを採用した。

今回のWindows 10は「One Microsoft」にあわせて、様々な機種のOSの名称が「Windows 10」に統合されている。スマートフォンである「Windows Phone」は「Windows 10 Mobile」、組み込み向けである「Windows Embedded」は「Windows 10 IoT」となった。


最後のWindows


マイクロソフトはWindows 10がWindowsとしては最後のバージョンになると明言しており、今後は独立した新しいWindowsを発売するのではなく、数ヶあるいは1年ごとにOSの大幅アップデートで対応していくとしている(後述の7、8.1からのアップグレードはこの大幅アップデートの準備段階に近いと思われる)。この大幅アップデート償なのか有償なのかは不明。

なお、2016年開予定の次期アップデートコードネームとして「Redstone」が既に発表されているが、これはWindows 10の大幅アップデートのことだと思われる。

なお、サポート期限はメインストリームサポート2020年10月13日、延長サポート2025年10月14日となっているが、『最後のWindows』と明言している状況であることから、メインストリームサポートの期限を迎えた後、Windowsがどうなるかは不明である。

サポート期限はメインストリームサポートリリースから5年後、延長サポートリリースから10年後となっている。

上記のような手法は既にライバルの「Mac OS」が「Mac OS X」になった際に始めたものである。参考に書くと「Mac OS X」では長らくはアップデートは有料だったが、v10.9から無料になっている。


プレビュー版


冒頭で述べた通り、Windows 10 Insider Previewが配信されている。Windows Insiderのページ開されているので、試したい人は登録の上でダウンロードしてみること。頻繁に大規模アップデートが行われているため、ユーザー側でアップデートスピードを調整することが出来る(もちろん不定期に強制アップデートされる)。

A/Bテストと言われる、半数にある機・もう半数には別の機を搭載して両方の意見を聞くアップデートもされている。そのため、機も含めて全に同一のものを入手できるとは限らないので注意。

なお、ページではexeプログラムインストールすると、Windows Update経由でアップグレードできる)とisoイメージファイル開されている。

インターネット接続は必須であることに注意。アップデートしなければ、規定日にライセンス切れとなり、海賊版扱いとなる。

なお、Insider Preview自体はWindows 10提供開始後も配信するとのこと。


製品版の発売


lv229557152

日本時間で2015年7月29日に、Home版、Pro版の一般リリースおよびアップグレー提供が開始された。ちなみにこの提供開始は、日付の関係上、米国よりく入手可となっている。

秋葉原・ガレリアラウンジにおいては、恒例となっているWindows発売のカウントダウンイベントが行われ、ニコニコ生放送でもその様子が放送された(ちなみにイベントにはライバル同士であるAMDNVIDIA両社も参加していた)。AKIBA PC Hotline! 0:00 - 2015年7月29日[外部]

Enterprise」、「Education」、自作PCなどにインストールできる「DSP版」は8月1日に発売。「Mobile」、「Mobile Enterprise」は2015年後半。

エディション

エディション名 エディション説明
Home 一般向け。
Pro ビジネス上級者向け
Enterprise 大企業向け。Insider Previewも別のものとなる。
PoS端末やATMなどに対応した産業用バージョンも用意される。
Enterprise LTSB アップグレードされないエディション。ミッションクリティカルシステム向け。こちらはサポート期限が設定されている。
Education 教育機関向け。HomeおよびProからアップグレード可
Mobile Windows Phone 8.1・Windows RT後継。当面はARMのみ対応予定。
Phone 8.1のアップグレード先はこちらとなる。RTからのアップグレードには未対応。
Mobile Enterprise 大企業向け。そのまんまMobileEnterprise版である。
PoS端末やATMなどに対応した産業用バージョンも用意される。
IoT Core デバイスの組み込み向け。Insider Previewも別のものとなる。
IoT for
mobile devices
モバイル系の組み込み向け。Windows Embedded Handheld後継。
IoT for
industry devices
デスクトップ系の組み込み向け。Windows Embedded 8.1 Indusrty/Pro後継。

その他のエディション


Windows 10 S

Surface Laptopに搭載されているクラウド向のWindows 10。Windowsストアのアプリしか使用できない。ただし、Win32アプリはストアアプリに変換すれば動かせるというWindows RTの失敗を多少反した仕様となっている。

ARM版Windows 10

これまでWindowsといえばIntelまたはAMDx86-x64プロセッサで動くものと相場が決まっていたが、2016年半ばにIntelモバイル向けAtomプロセッサの開発中止を発表したのを受けて、2016年末にARMプロセッサ上で動くWindows 10の開発が発表された。

ARMプロセッサ上で動作するものの、Windowsアプリケーションが動かせないた名ばかりのWindowsだったため失敗に終わったWindows RTWindows Phone, Windows Mobileを十分に反したのか、今回は32bitWindowsアプリケーションも動作する。バイナリ変換によりARM用命に変換されて実行され、x86版に劣らない性が出るという触れ込みである。またに優れ、バッテリーの持続時間もx86l版にべ飛躍的に伸びるとされている。

これに対し、Intel特許権に差し止めをめる動きがあったが(きっかけはIntelAtomの開発を中止したためであることを思えばお前が言うなという気がしなくもない)、2018年始めに実機が発売される見通しとなった。

ただ、注意しなければならないのはバイナリ変換により動作する従来のWindowsアプリケーション32bitアプリケーションのみであり、64bitアプリケーションは動作しないということである。サードパーティ各社が64bitアプリケーション軸を移しつつある流れに逆行する形になっていて、このあたり、まだ反が足りないような気がしなくもない。

主な新機能


スタートメニューの復活


もっともトピックなのが、Windows 8止された、デスクトップ上でのスタートメニューの復活である。

ただしWindows 7以前に戻されたのではなく、メニューの右側にWindows 8.xのスタート画面にあったライブタイルアプリタイルが配置された新しいものとなった。

また、タブレットPCユーザーのために、Windows 8.x同様のスタート画面にも切り替えが可となっている。


ストアアプリのウィンドウ表示


Windows 8から追加されたストアアプリは、Windows 10でデスクトップウィンドウとして表示できるようになった。

これにより、ストアアプリ駄になることはなくなった。


スナップ機能の強化


4Kモニターの登場によって解像度が可になったことを受けて、最大4分割アプリケーションを表示させるスナップ機が搭載された。


Cortana


Windows Phone 8.1 Update以降に搭載されている音声認識エンジンCortana」が、Windows 10にも、PCであるかスマートフォンであるかに関わらず搭載される。プレビュー版である現在英語のみ認識)は、タスクバー検索バーポップアップさせた後のマイクボタンから利用出来る。
日本語化についてはWindows 10の正式発売日からは遅れる見通しである。

なおCortanaは、Microsoft発売「Haloシリーズに登場する、マスターチーフサポートAIの名称でもある。Windows Phone 8.1 Update搭載版は、そのゲームに関連する小ネタCortanaに含まれている。


Microsoft Edge


昨今のWeb技術の進化に対応する為、長年使われてきたInternet ExplorerTridentエンジンを捨て、新たに開発されたブラウザ。開発コードネームは「Spartan」となっていたが、最終的に正式名称は「Microsoft Edge」と発表された。

Windows 10ではMicrosoft Edgeが新デフォルトブラウザとして搭載される。互換性のため従来のInternet Explorerも残されるが、バージョンアップはなされず、11のままとなる。

解像度に合わせてWebページの表示を最適化する機マウス等を使用してフリーハンドWebページ手書きメモを残す機、タブにマウスカーソルを合わせた際に小さく内容がプレイビューされる機等が搭載された。又、IEからデザインも刷新され、要な機が右側のサイドバーにまとめられている。

なおコードネーム「Spartan」は、Haloシリーズの「スパルタン計画」などから取られているとされる(マイクロソフトが断言しているわけではないので、確定情報ではない)。


仮想デスクトップ


Unix系のGUI環境ではすでに標準機であった仮想デスクトップが搭載された。
用途などに応じて別のデスクトップ画面を保存、切り替えて利用できるようになった。


タスクビューの強化


タスクビューでは、アプリケーションファイル、仮想デスクトップを統合的に切り替えられるようになった。


次へ»
最終更新日: 18/01/13 10:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ