ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


X・HERO


ヨミ: エクストラヒーロー
掲示板をミル!
9カキコ!

X・HEROとは、遊戯王OCGに登場するカテゴリHERO」に所属するリンクモンスターに使われる名称であり、【X・HERO】として作れるわけではなく既存の「HERO」をサポートするリンクモンスターである。


カード紹介


以下、遊戯王カードWikiより

X・HERO ワンダー・ドライバー/Xtra HERO Wonder Driver
リンク・効果モンスター
リンク2/属性/戦士族/攻1900
リンクマーカー:上/下】
HEROモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリンク先となる自分フィールドに「HEROモンスターが召喚・特殊召喚された場合、
自分の墓地の、「融合魔法カード、「フュージョン魔法カード、「チェンジ」速攻魔法カードの内、
いずれか1枚を対として発動する。
そのカードを自分フィールドセットする。
(2):このカード戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「HEROモンスター1体を特殊召喚する。

ジャンプフェスタ2018で販売され、2018年3月10日に一般販売の「PREMIUM PACK 20」に登場。

それぞれのHEROの「フュージョンカードや、どのHEROでも用いりやすい、マスク系のカードの再利用が可

素材定が「HERO」なため、クロスガイを出せない組み合わせの場合に一度このカードを経由するのも検討出来るかもしれない。

X・HERO ドレッドバスター/Xtra HERO Dread Decimator
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2500
リンクマーカー:左下/下/右下】
HEROモンスター2体以上
(1):このカード及びこのカードリンク先の「HEROモンスターの攻撃は、
自分の墓地の「HEROモンスターの種類×100アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備を攻撃えた分だけ戦闘ダメージを与える。

2018年11月23日発売の、「LINK VRAINS PACK 2」で登場。

基本的にはリンク2のX・HEROを挟んでリンク召喚する場合が多いであろう。登場したばかりのこのカードは出す手段に乏しく有用性が見られなかったが、《X・HERO クロスガイ》の登場で状況が一変し、「D-HERO」において採用のしやすいカードとなった。

種類x100アップと上昇値が低いため、高い攻撃を見込みにくいが、「HERO」自体の種類の多さを活かすことで3000に届くこともあるだろう。貫通効果がオマケでついている。

X・HERO クロスガイ/Xtra HERO Cross Crusader
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻1600
リンクマーカー:左下/右下】
戦士モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は「HEROモンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「D-HEROモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの「D-HEROモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターカード名が異なる「HEROモンスター1体をデッキから手札に加える。

2019年1月12日発売の「DARK NEOSTORM」で登場。

名称から効果までほぼ全て「D-HERO」のサポート素材戦士定と広いものの、「HERO」以外を素材にすることはほとんどないだろう。あるとするなら《ネオスペース・コネクター》から《N アクア・ドルフィン》を特殊召喚してこの2体でリンク召喚することだろうか。

また、戦士定のため一部の「E・HERO」や「E-HERO」を素材に出来ない。

D-HERO」から他の「HERO」にコネクションするカードとしても有用。効果を使ったらドレッドバスターにしてしまうのが望ましい。


関連動画



■sm35040349[ニコ動]


関連商品


■azB07849F43R
■azB07GCBM2DZ
■azB07HZ6BG46


関連項目



最終更新日: 19/05/29 20:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ