ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


X68000


ヨミ: エックスロクマンハッセン
掲示板をミル!
55カキコ!

X68000とは、かつてSHARPが販売していたパーソナルワークステーションである。略称はX68K。


概要


1986年に発表され、翌年に発売された。CPU68000(10MHz)を採用、グラフィック面では768×512ドットの高解像度グラフィック、発色数65536色、スプライトスーパーインポーズを持ち、サウンド面ではFM音源ADPCMを持っていた。POPCOM別冊 X68000データブック小学館 1987

マシン本体の形状は、かつてニューヨークマンハッタン区にあった世界貿易センターの配置に連想される事から、「マンハッタンシェイプ」と呼ばれる事もあった。高性であるがゆえに価格が高く(3050万円)、発売初期は手を出す人は少なかった。


驚異的な性能


X68000は、1986年10月の発表後、1987年3月頃に発売されたのだが、このパーソナルワークステーションが、いかに驚異的な性を持っていたかを知るには、発表・発売された当時の世の中がどういう状態だったかを知るとよい。

まず家庭用ゲーム専用機という観点から見てみよう。X68000の発売時点では、スーパーファミコン1990年)はおろか、メガドライブ1988年)も、そして「ファミコンの次」たるPCエンジン1987年10月末)すら出ていなかった。対抗となる機種はファミコンだったのである。

それでも、価格帯が低く直接的な競合にはならない家庭用ゲーム専用機業界はそこまでの影を受けなかった。より深刻だったのは、パソコン業界である。

後述する事情により、こちらについては発表時点での話となるが、この当時、パソコン業界は大きく3つに分かれていた。アクションゲーム寄りのMSX2(3-10万円程度)、非アクションゲームPC-88(/X1turbo/FM-77AV等・10-30万円程度)、ビジネス寄りのPC-98(/FM-R等、基本サウンドなしの機種・20-50万円程度)である。

発表当時のそれぞれの最新機種を見てみると、MSXMSX2(MSX2+は1988年)、PC-8801はFH/MHmk2SRの次のFR/MR/TRの次)、PC-9801はVX(初の80286搭載機-8MHz・後に10MHzに変更)だった。

これを見てもわかるとおり、X68000は、価格こそ一式約40万円と高額ではあったが、アクション描画MSXを上回り、処理性でもPC-98と互(16bitで10MHz)という、下手すればパソコン業界全てを制圧しかねない存在であったのである。

それ故にパソコン業界に与えたインパクトは絶大なものであった。先ほど、パソコン業界については発表時点を基準としたのは、インパクトが大きすぎて、発売される前に対応が始まっていたからである。

NECに至っては、なんとX68000の発表から発売までの間に新機種PC-88VAを打ち出したが、さすがに拙速にすぎたか、一定の成果こそ上げたものの、成功には至らなかった。FM77AVを擁していた富士通も、遅れながらもFM-TOWNS1989年2月)で巻き返しを図り、こちらは後に一定の成功を収めることになるのだが、本質的な意味ではX68000をえるには至らなかった。

X68000の性は、発売後まもなく、いくつものアーケードゲームが「移植」されることにより明された。特に電波新聞社・コナミZOOMは高い技術を見せつけ、ユーザーから高い評価を得るに至った。

またX68000は音としても高性(4OPのFM音源8ch+ADPCM)であった。このため、何種もの演奏環境MXDRV/ZMUSIC等)が作成され、多な楽曲データが作成された。

この関係で、その延長たるMIDI音源(特にSC-55)の所持率も高かったため、SC-55等のMIDI音源BGMを鳴らすことが可ゲームもいくつか発売された。

特にコナミの作品のBGMは、その原曲原作者が素直に拡したアレンジによってオリジナルえたオリジナルとして高く評価され、後に「MIDI Power」としてまとめたCDシリーズが発売されたほどである。


「Power to make your dream come true」


X68000は、非常に完成度が高いハードウェアであったが、あまりにもユニーク過ぎたため、処理性的には問題なくとも、他のシリーズパソコン用のソフトウェア移植する際の負荷が高いという問題があった。

このため、パッケージソフトについても移植が遅れるものが多く、ビジネス的には失敗したと言っていい状態であったし、ゲーム的にも移植は少ない状態が続いた。

さらに、当時のユーザによる開発の標準環境であったBASICが、本体添付でこそあるものの、かなり独特なものであり、単純に他機種用のプログラムを命だけ置き換えれば動作するといったものでもなかったことで、ただ移植するだけでも、他機種へ移植する際よりも深い理解を要されることとなった。

そして、X68000のBASICは、より高い処理を持つC言語への移植性に優れていたため、ユーザによる開発環境の中心は次第により高度なことを実現できるC言語へとシフトしていき、従来のハードBASICでは処理的に理があったが故にユーザ開発ではあまり作られなかったアクションゲームすらもユーザの手で開発されていくようになった。

このため、他機種でも作られていた雑誌やパソコン通信上でのコミュニティにおいても、X68000のそれは、自然と開発スキルが高めのコミュニティが多くなり、下記のような、他機種ではありえない類のソフトユーザの手によって作られていった。

HIOCS
OSAPIを、より高速に動作するよう書き直したコードで乗っ取ることにより、システムの動作を高速化するソフト
TwentyOne
OSを拡し、ファイル名を8+3文字より多くの文字数で識別するようにするソフト
PCM8
ハードウェア的に1chしかないADPCMを、リアルタイム音声合成処理することで8chに拡するソフト。後に16ch版なども作られた。
XSP
ハードウェアスプライトパターン数上限を、画面の描画中にパターンを書き換えることで拡するソフト

基本設計が変化しないというコンセプトにより、内部仕様の解析なども他機種より進んでいたが、最終的には書籍によるハードウェア情報までもが開されたことを受け、ハードウェアすらユーザの手で作られていくこととなった。

具体的には、高音質PCM録再・SCSI2-I/F・増設メモリ仕様上の限界である12MBえて搭載・利用可)・CPUアクセラレータシリーズ最上位の68060まで動作)・Ethernet-I/F・USB-I/F等の同人ハード実在する。

残念ながら1993年のX68030compactを最後にSHARPは撤退してしまったが、BIOSOS開されたことにより、権利関係がクリアエミュレータが存在するしい環境である。また、その開発の容易さから、後も制御用途や教材、特殊な例ではアーケードゲームの中身として利用された例もある。

2013年現在、なお活動を続けているコミュニティが存在する。


関連動画



■sm975704[ニコ動]

■sm3038952[ニコ動]
■sm5801932[ニコ動]
■sm6434629[ニコ動]
■sm8379112[ニコ動]
■sm9157274[ニコ動]
■sm17720445[ニコ動]
■sm21959655[ニコ動]


関連商品


■az479800166X
■azB00005MUPD
■azB0001Z9VDQ
■az4874089925


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/06/25 22:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ