ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Xi(クロッシィ)


ヨミ: クロッシィ
掲示板をミル!
9カキコ!

Xiとは、NTTドコモが展開するLTE通信サービスブランド名である。


概要


第3.9世代の通信方式であるLTEスーパー3G)を使用するサービスブランド名で、2010年12月サービス東名阪で開始された。
Xは「繋がり」と「無限の可能性」を、iは「イノベーション」「私」を表している。

Xiで展開されるLTEの特徴としては、これまでのFOMAハイスピードHSPA)以上の高速通信(HSPAの最大約10倍の速度)、周波数の効率的な利用による混雑低下、低遅延が挙げられている。
速度自体は現在は屋外で下り最大37.5Mbps、屋内で下り最大75Mbpsとなっているが、LTEでは下り最大100Mbpsが可である為、2012年後半以降に更に高速化され現在150Mbps

FOMAエリアを引き継ぐ形でXiエリアを拡大していく予定であるが、Xi対応端末はFOMA回線用の通信チップも搭載しているため、FOMAエリアFOMAプラスエリアを含む)においてもFOMAハイスピード対応端末として使用可である。そのため、エリアに定評のあったmova全盛期エリアが狭かったFOMA初期と違い、エリアの心配をする必要はあまりない。XiFOMAの回線切替も自動で行われ、Xi圏内に入るとXi回線が優先されて接続される。

サービス開始時はデータ通信端末のみがリリースされていたが、2011年10月以降はタブレット端末スマートフォンが順次発売され、Xi専用のパケ・ホーダイやカケ・ホーダイプランなども開始された。
また、エリアの広がりにより2014年にVoLTEのサービスインも行われ高品質通話が可となった。

サービス及び2015年頃にサービスインする予定の4GLTEの発展)に経営資を集中させる事から、movaサービス2012年3月末に終了した。
なお、4GLTE-Advancedの要技術を使用したサービスXiで展開される。サービスブランド名は5G開始までの変更はない模様。

FOMA端末でXi契約

ちなみに、Xiの料プランXi端末だけでなく、Xi非対応のFOMA端末でも契約が出来たりする。XiSIMカードFOMA端末に入れても、普通に使用可

但し、Xiの料プランには、FOMA以前の料プランにあった安価無料通話ができるプランが新旧の両プランで一切い。

そのため、特に旧プラン下におけるFOMA端末でXiの料プランにするメリットは、テザリング使用による追加料がかからない(パケ・ホーダイの料に含まれる)点と、Xiカケ・ホーダイに入ることでドコモ同士の通話料がいくらかけても700円になる点ぐらいしかない。

また通話料が21円/30に固定されているため、ドコモ以外に電話をかけることが多い人の場合は、通話料がFOMAプランより高額になるかもしれない。また、当然ながらXi非対応のFOMA端末であるため、通信速度FOMA回線の速度までしか出ない。パケ・ホーダイFOMA向けのものより500円ほど高い。

ただし、2014年6月1日に施行された「カケホーダイ&パケあえる」プランとして再編された際に、カケ・ホーダイプランが新設されており、内通話なら定額で無料で可になっているほか、従来の折りたたみ電話の場合はスマホより更に500円引きで利用できるプランもある。ただしその後に新設されたカケホーダイライト(1回5分まで定額)とシェアパック限定の従量制プランであるシンプルプランも含めて、値段はFOMA基本プランよりも基本料が高くなってしまうため、電話が少ないユーザーにとってはやはり割高となっていることから、FOMA端末でXi契約するメリットは通話面のみに限定した場合は非常に少ない。

なお、逆にFOMA契約Xi端末を利用することは出来ない。Xi契約への変更が必要である。

帯域制限に注意!

Xiでは1ヶ間(毎1日~末)の通信量が3GBライト)または7GBダブルフラット)をえると送受信速度128kbpsにガタ落ちする。
もし3GBまたは7GB過後は電話等で申し込みを行い、2GBあたり2625円を払うことで速度制限を解除可

2012/09/30まではキャンペーンにつき速度規制は発動しなかった。

現在は、

に料体系が変わっているものの、どのみち過した場合は128kbps速度制限されるのは同じである。過した場合は1GBあたり1000円を払うことで、速度制限を解除できる。

ちなみに基本的には旧プランXiパケ・ホーダイ(2014年8月31日終了)よりは新プランの方が確実に安いので、古いXiスマートフォンの端末から買い換えないまま4年以上もXiパケ・ホーダイ契約しているような状況ならば新プランに変更したほうが確実に安くなる。安価な基本料で通話回線のみが維持できるタイプXiにねんは契約を維持する意味がそれなりにあるもの、データパックより基本的に割高なXiパケ・ホーダイは維持しておく理由もプランと化しているので、そんな奇特な人はまず残っていないと思うが。

ちなみに他社の場合は…↓
au 4G LTE(iPhone5用)→毎1日~末間、通信量が7GBえると128kbps。ただし、毎525円テザリングオプション加入者は規制発動点が7.5GBと少し緩くなる。2625円/2GBを払うことで規制解除が可。また、当日を含む直近3日間のデータ通信量が1GBをえると、それ以外の利用者とべて速度が落ちることがある。
イーモバイルLTE→毎1日~末間、通信量が10GBえると速度規制発動。何kbpsまで落とされるかは公式未発表。(2014年4月30日まではキャンペーンにつき規制発動はなし) ちなみに、旧式であるイーモバイルG4 DC-HSDPA通信の場合1日の通信量が366MBえると、当日の21時から翌日の午前2時まで速度規制発動。何kbpsまで落とされるかは公式未発表。
ソフトバンク4G(AXGP)→毎1日~末間、通信量が5GBえると128kbps2625円/2GBを払うことで規制解除が可。また、当日を含む直近3日間のデータ通信量が1GBをえると、それ以外の利用者とべて速度が落ちることがある。(2012年9月30日まではキャンペーンにつき規制発動はなかった)
ソフトバンク4G LTE(iPhone5用)→毎1日~末間、通信量が7GBえると128kbps。ただし、毎525円テザリングオプション加入者は契約3年以降は規制発動点が7.5GBと少し緩くなる。2625円/2GBを払うことで規制解除が可。また、当日を含む直近3日間のデータ通信量が1GBをえると、それ以外の利用者とべて速度が落ちることがある。
UQ WiMAX全くの規制なし(2012年10月現在)。 

上記の会社もほぼ旧プラン下の話だが、ほぼNTTドコモと同じであることが分かる。これは新プランに変更された現在でもほぼ同条件のまま推移している。


対応機種


※登場時期順に記載。
携帯電話(スマホ) ◯→タブレット端末 データカード ◇→ポータブルWifiルーター


関連動画



■sm248014[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/01/28 19:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ