ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ZEXAL


ヨミ: ゼアル
掲示板をミル!
176カキコ!

ZEXAL(ゼアル)とは、以下のものをす名称である。

  1. アニメ及び漫画遊☆戯☆王ゼアルす通称。同記事を参照。
  2. 同作において、「全ての闇を光へと変える」とされる
  3. 同作にて、2.のによって九十九遊馬アストラルが「エクシーズチェンジゼアル」によって合体した姿。

本稿では2.と3.について扱う。


2.の概要


遊☆戯☆王ゼアル」の作品中にて第1話から存在をめかされていた
主人公九十九遊馬が毎晩夢で見せられる、の彼方から何者かが呼ぶの中でられた「その者の一番大切なものと引き換えに、手に出来る」として登場した。
論、それが何なのか(大まかに)判明するのはもう少し先になるのだが・・・

第1話・第2話のシャークとのデュエル以降、この門番(?)の出番が長らく登場しなかったため視聴者達にも存在や設定を忘れられかけていたが、その矢先に第22話辺りから再び現れ、皇の鍵とアストラル世界についての秘密が少しずつ明かされ始めるに伴い『全ての闇を光へと変える』『ZEXAL(ゼアル)の』という固有名称をもっての登場となった。
これによって、アニメタイトルにも冠されている「ZEXAL」のの意味が視聴者達にも広く理解される事になる。

そして来たる24話、アストラル世界にてカイトとのデュエル中に遊馬門番契約を交わした事によりアストラル世界へやってきた遊馬アストラルと共に奇跡を起こし、後述の「ZEXAL(究極体ZEXAL、とも呼ばれる)」が登場するに至る。
同放送回の展開を見た視聴者達からは「ZEXALってつまり、デッキに存在しないカード好きなようにドローできるだったのか!」と突っ込まれた結果、ZEXALの詳細などがWDC編に入ってからもられていない事もあり現状も『ZEXALの』なるもののイメージはこれらのもので定着している傾向にある。
論、これから先の展開でZEXALの更なる秘密や設定が明かされていく可性も大いに考えられるが。


3.の概要


ZEXAL

初登場は「遊☆戯☆王ゼアル」第24話。
遊馬が上述の経緯を経て門番契約を交わした事により、新たな「ZEXAL」を手にしてアストラルオーバーレイネットワークを構築・融合合体を果たした姿。

過去シリーズを通して数々の超展開驚愕展開を見せられたことで、並みの超展開では「カードゲームではよくあること」として一つ動かさなくなった視聴者達も、この展開にはカイトさん共々驚かざるを得なかったようだ。

さて見たの特徴として、顔は右アストラル・左遊馬の所謂オッドアイである。
しかしそれ以上に、炎のように盛り上がった金髪や、そのどこかで見たことがあるような全身像から様々な作品のキャラクター較されたりした(後述)結果、「海老天」「スーパーゼアル人」「海老座のセイント」「勇者王ガガガマジシャン」などなど、様々なあだ名を冠されている。一応、24話のEDクレジットにて表記された「究極体プラシドじゃない方の)」というフレーズから、一般的には『究極体ZEXAL(ZEXAL究極体)』という呼び名が定着しているようだ。
作品中ではこのによってかつての王様のように好きなカードデッキからドローする、のではなく一番必要なカードを作り出すシャイニング・ドローまでも手に入れた。このを使いデッキに入っていないカードを創造した事でカイトとのの差を見事に跳ね返し、逆転勝利とまではいかずとも引き分けに持ち込んで見せた。

続くWDC編に入ってからは第2期OPアニメにも登場している他、第49話にてトロン一家デュエリストとのデュエル中に久々の再登場。再び「シャイニング・ドロー」でカードを創造し、が召喚した切り札「No.6 先史遺産アトランタル」にダメージを与えて共々撃破、デュエルに決着を着けると共に異間(バリアン界)への門が開く異常事態を収拾してみせた。
先の24話の展開と重ねると、(当たり前だが)アストラル世界などの異世界・異間などでしかこの姿は実現できないものと推測される。となると、最終決戦はやっぱり亜空間とか異世界舞台になるのか・・・?

続くWDC決勝戦、『No.69 紋章神コート・オブ・アームズ』の召喚とトロン公式コラ素顔が明かされた事をきっかけに、遊馬アストラルは3度エクシーズチェンジ・ZEXALを披露。
トロンの素顔に続き「ARヴィジョンの演出?」などと困惑する観客達に対して、徳之助がZEXAL形態の遊馬アストラル)を「ハートランドを守る、正義ヒーロー」と広めた事で『ゼアルウラ』という名称がく間に定着し、会場から遊馬達を応援が沸き上がる。
テレビ字幕によると、「ゼアルラ」ではなく「ゼアルラ」と表記するのが正しいらしい)
ちなみに決勝戦の舞台となっているスフィアフィールドは、異世界科学技術を結集して作り上げたものであるらしいので先の2つの事例と同じくエクシーズチェンジ・ZEXALが発動できる条件が整っている事も断っておく。
(゚∀゚)o彡゜ゼアルウラ!(゚∀゚)o彡゜ゼアルウラ!

後に放映される新章「遊戯王ZEXAL」でもバリアン勢を相手に度々登場しては、スフィアフィールドバリアン世界にてエクシーズチェンジを発現中。
先述のカイトに負けず劣らないネタの質や量などから、アニメ中でも高い人気を博している。

 


ダーク・ZEXAL


上記で記した「究極体ZEXAL」が、アストラルの心が悪へと染まった事で闇に堕ちた姿。融合失敗ではない。

[画像を見る]

「ZEXAL」24話(第97話)で、異サルガッソでのデュエルにて真月零という仮面を捨て本性を明かしたベクターそのベクターに陥れられ精的にもゲーム的にも窮地に立たされた遊馬は、状況を打開するべくアストラルと「エクシーズチャンジ・ZEXALにて変身を図るが、これに対してベクター遊馬に対して行った精神攻撃の矛先をアストラルに向けると、「本当は遊馬の事を疑っているんじゃないか?」「本当に遊馬と一つになれるのか?」と自らの渡したバリアン製のカードを秘匿していた遊馬に対する疑念を煽る言葉をかけ、遊馬に対する不信や怒りといった「悪の心」を植え付けるという暴挙に出る。
やがてヒーロー合体変身を邪魔するというタブーが功を成し、ベクターが称する通りアストラルな心の中に生まれた小さない染みはアストラルの精を蝕んでいった結果、悪の精に魅せられ暴走したアストラル遊馬に対して狂ったように「ZEXAL・・・! ZEXAL・・・!」と連呼しながら危険なつきで詰め寄ると遊馬の身柄をどこかへ連れ去り、アストラルんだエクシーズチェンジを果たす。そして、かつてハートランドで「ゼアルウラ」と呼称されたヒーローとは似ても似つかない闇に堕ちた姿『ダーク・ZEXAL(ダークゼアル』が登場した。

ダークZEXALとなったこちらは通常のZEXALとは違い、まず黒色装や肌も全体的にく変わっている。さらにZEXAL形態でも見られたの下の緑色の模様が、こちらはの下まで伸びているなどの違いがある。
何より、闇に堕ちたアストラルの人格に遊馬の体が支配されており(CVアストラルと同じく、入野自由のみのとなっている)、「ダーク・ドロー」をはじめデュエルでも暴走を始める。そして歴代遊戯王シリーズの攻撃最高値記録をベクター共々あっさりと更新する。
このとき、遊馬アストラルの心の世界へやってきており、現実世界ダークZEXALと化したアストラルが弾けている裏でアストラルと和解を果たすべく単身奮闘、アストラルと再会したのち必死の説得や命懸けの行動の末、悪の心に染まった彼を心身共に救出する事に成功する。
そして遊馬アストラルを精世界から連れ戻した事でこの「ダークZEXAL」形態は消滅、自身が召喚したモンスターの効果でライフが尽きて自滅する寸前のところで辛くも攻撃を中断させる事でひとまずの危機は免れた。

かつて「遊戯王GX」で登場した覇王十代を彷彿させる「心の闇をテーマとしたキャラクター」であるため、ダークZEXAL誕生のきっかけとなったベクター顔芸悪行の数々と合わせてこの闇堕ち形態は多くの話題を集めた。ストーリー初期の頃から遊馬闇堕ちを期待、いは心配していた視聴者は少なくなかったが、 心の闇に精を支配されたのはアストラルの方だったようだ。
しかし、後述の「ZEXAL」が同日の放送にてお披露となったため、今後こちらの形態が出現する可性はかなり低いと思われるが、遊馬の方がアストラルに続いて闇堕ちしたり「ダーク・ドロー」の一件のように悪のに魅せられたり、一旦は浄化されたアストラルい部分が再び表面化したら、ダーク・ZEXALの再登場も今後あり得るかもしれない。

ちなみに、このダーク・ZEXALが登場した97話は「遊戯王ZEXAL」的には第24話に相当し、奇妙なことにこれは先の「遊戯王ZEXAL」でエクシーズチェンジ・ZEXALが初登場した第24話と一致している。
スタッフの計算か、はたまた偶然の一致なのかは現状不明だが。


ZEXALⅡ


で結ばれし二人の心が重なったとき、り継ぐべき奇跡が現れる!!

[画像を見る]

上記の「ダークZEXAL」のやり取りを経て、遊馬に対して絶望した経験を経て「新たな希望のために戦う遊馬」を信用したいと願ったことで新たなを得たアストラル遊馬と更なる覚醒させ、発現した姿。
上記の「ZEXAL」をスーパーサイヤ人とするならばこちらの「ZEXAL」はそのままスーパーサイヤ人2とでも呼べるパワーアップ形態であり、姿も究極体ZEXAL以上にいろいろと著になった。
ダークZEXALお披露の翌週にあたる第98話で初登場し、アニメタイトルが「遊戯王ZEXAL」へと変わった理由もここで明かされる事になる。
読みは番組名に従うならば、「ゼアル・ツー」ではなく「ゼアルセカンド」となるだろうか。
実際にドン・サウザンドとの決戦では第1形態から「熱き情熱が勝利を導く!エクシーズセカンドチェンジ!ZEXAL!」の掛けによってこの形態へ移行している事から「ゼアルセカンド」である事が有と思われる。

先のベクター心理フェイズなどの策略でLPが残り僅か25デッキにはカードが残り1枚しかない、そしてダメ押しに頼みの1枚のカード(=ベクター)に渡された「RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース」であるというどうあがいても絶望な戦況の中、遊馬達がデッキからドローした手札の「RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース」のカードをZEXALの新たなリ・コントラクト・ユニバース』によって『RUM-ヌメロン・フォース』へと再構築させた事で、フィールドNo.39 希望皇ホープランクアップさせ『CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー』へと新生、ベクターを破って逆転勝利を掴む。

この「カード内容の書き換え(再構築)」というウラ技にはベクターだけではなく実に多くの視聴者が驚かされ、シャイニング・ドロー共々「インチキ効果もいい加減にしろ!」という意見が少なからず沸きあがったが、こちらに関しては先の遊戯王5D'sにて「救世 セイヴァードラゴン」という先例がいる事であるし、何よりベクターとして遊馬に渡した「RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース」のの姿が「ヌメロンフォース」であった可性を考えれば、このカード再構築という所業に関しては「カードを本来あるべき姿へとめさせた」儀式として一応の説明が付く。公式ルール上認められる行為なのかは甚だ疑問だが、少なくとも「遊戯王ZEXAL」という世界法則からは否定されていないと見ていいらしい。
ベクターにしても、リ・コントラクト・ユニバースという未知の展開がなければ勝利はほぼ確定していたであろうし、何よりここへ至るまでのベクターの悪行をみれば「手札のカード再構築」という所行は「どっちもインチキ効果だ!」って事でここは等しく。)

111話にて再び登場し、カードの効果で4枚ドローする際に4枚全てをシャイニング・ドローして窮地を脱している。
(ちなみに複数のカードシャイニング・ドローすることに関してはトロン戦のZEXALが成し遂げている。)


ZEXALⅢ


次へ»
最終更新日: 15/06/26 01:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ