ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ZUNTATA


ヨミ: ズンタタ
掲示板をミル!
168カキコ!

ZUNTATAとは、株式会社タイトーに所属するサウンドチームである。 チーム名「ずんたた」は、3拍子を口ずさむ「ずんたった」に由来するとのこと。

ゲーマー的にはタイトーが開発・販売するゲームソフトサウンドクリエイター集団として著名である一方、自社カラオケ機器向けの音楽アレンジなども彼らが担っていた。


概要


1980年代後半から90年代初頭にかけて、ゲームミュージックは一種のブームを迎えていた。 各メーカーサウンドチームバンド化しライブ活動も盛んになり、サイトロンアンド・アート(当時)の バックアップもあってチームごとに個性を発揮し活動していた。タイトーサウンドチームもこの流れを受けて、 「ZUNTATA」の名前とシンボルマークデザインバンド化。現在受け継がれるシンボルマーク弁財天モチーフはこの時立ち上げられたもの。 ZUNTATAは当時のゲーム音楽の中でも際立った「メッセージ性」を発揮し、独自の地位を確立したチームである。 ゲームの展開に楽曲をもって物語性を与える方法を開拓し、後のゲーム音楽製作に大きな影を与えた。 否、現在も与え続けている。

2000年代に入った頃からタイトーゲーム製作にかかわる状況の変化などに伴って、スタッフの脱退や新加入、事業内容の変化などが相次いだものの、現在も活動は活発。同世代において名前や活動が立ち消え同然なバンドもある中、ゲーム音楽ブーム時代の世代としてはもっともタフなチームと言いうるかもしれない。


名前の由来[1]


昭和62年(1987年)、『タイトーゲームミュージックVol2 ダライアス』のレコーディング中にアルファレコードからユニット名のようなものを作らないかという提案があり、小倉久佳が同僚に相談した所、"ZUNTATTA","OTAMA","BENZAI-TEN"など幾つかの案が出され、最終的に"ZUNTATTA"から"T"を一文字抜いた"ZUNTATA"に決まった。ちなみにイギリスプロデューサー(ミュージシャン)のトレヴァー・ホーンが立ち上げたZTTレーベル略称が共通している点は全くの偶然である(トレヴァー・ホーンという音楽プロデューサー興味はあったがサウンドチームの名称決定には影していない)。


現在のメンバー


敬称

石川勝久
通り名ばびー(BABI。ZUNTATA現リーダー5代目)。サウンドエフェクト(SE)担当であり、メタルブラックダライアス外伝ダライアスバーストなど数多くの作品のSEを手掛けてきた。「ZUNTATA-J.A.M.」のボーカルとして『電車でGO!』の題歌である「電車電車でGO!GO!GO!」の歌唱、さらに広報役としての仕事もこなしている。現在、ZUNTATAにおける最古参メンバー1990年入社)。
土屋昇平
代表作はメタルウルフカオスダライアスバースト。他、携帯ゲームアーケード専用ゲームなどの楽曲も担当。
フロムソフトウェアから移籍し現在に至る。ZUNTATAブランド久々STGタイトルダライアスバースト」のメイン作曲を担当し、ZUNTATAの健在ぶりを見せ付けた。ダライアスバーストリミックスアルバムなどでも見せたように企画にも定評がある
正樹
通り名MASAKI。元からタイトーの社員としてサウンドに携わってきたが、COSIO亡き後脱退後に正式にZUNTATAメンバー入りした。COSIO後任としてCOSIOが担当してきたグルーヴコースターサウンドデザインなどを担当している。
下田
YS」の名義で知られる作曲2000年代初めごろから活動を開始し、インティ・クリエイツガストと移籍をしつつも作曲活動を継続ガスト退社後、フリーとして数年活動した後、2017年にZUNTATAのメンバーとして加わった。

過去のメンバー・関係者


敬称


次へ»
最終更新日: 19/05/07 02:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ