カダフィ大佐について語るスレ


121ななしのよっしん :2011/10/27(木) 18:13:26 ID: 86g9ngEtUt
民にを向けた時点で一導者として失格だろ
ちゃんと裁いたほうが良かったとは思うけど

122ななしのよっしん :2011/10/27(木) 18:17:40 ID: 5xR8DEqjHT
まあ、マトモなことをしなかったらマトモな死に方が出来ないってのはよく分かった。

123ななしのよっしん :2011/10/27(木) 18:20:37 ID: B0HeR/lqU5
>>120
人間が独裁出来る権持って自身の利益を優先しない=にとって悪にならない事がありえん
夢想どころの騒ぎではないな

124ななしのよっしん :2011/10/27(木) 18:32:13 ID: 6guNEteKyV
大佐がいなくなったと思ったら、イスラムを原典としたり権争いがくすぶってきたりときな臭くなってまいりました
自由民主化へのはまだまだ先の話になりそうだな。

125ななしのよっしん :2011/10/27(木) 22:26:48 ID: Geuboffr78
>>123
チトーフランコ…サラザール

126ななしのよっしん :2011/10/31(月) 19:15:47 ID: SXjO0pZjY4
夢?カストロ兄弟キューバを見ろよ

127ななしのよっしん :2011/10/31(月) 23:40:33 ID: 3t2yqLZydB
儒教の創始者である孔子が説く「徳治政治」とは
徳の高い独裁者による政治のことだぞ。

独裁=悪ではないし、過去独裁が上手くいったはたくさん有る。

128ななしのよっしん :2011/11/03(木) 14:13:09 ID: KcHm2p05Nz
行き過ぎた民主化を説く方が夢想に見えてしまう。

129  :2011/11/03(木) 15:27:30 ID: VJW5DXizIp
>>125

チトー評価されるべき(もうされてるかな?)、内を分裂させないために手段を選ばず例外を認めず、一貫して民意識を統一させた手腕は今の日本も学ぶものが多い。

130ななしのよっしん :2011/11/04(金) 13:26:26 ID: fUITc3h/oF
>>127
民主政治が上手くいくのもコストがかかるが、独裁政治自体はそれ自体を維持するにもコストがかかるからっていうからって話だよ。
だからこそ独裁政治は行く行く倒れざるを得ない、結果が内乱であろうと。それは民の不満でもあるし、反政府運動でもあるし。

独裁政治もより丁寧にいうなら、個人的な専制政治に転化したら危うくなる。だからこそ独裁政治は例外的で時限的なモノが望ましい。
そういう意味でカダフィは移行期を見誤った。

131ななしのよっしん :2011/11/04(金) 17:33:03 ID: goOs5IiqV8
>>129
民意識、統一してたかねえ…?
死後10年持たずにバラバラになってしまうようじゃ、とてもじゃないが「成功していた」とは思えないが。
チトーは体制批判はまま容認していても、民族義的行動は弾圧対としていたと聞くし。

132ななしのよっしん :2011/11/10(木) 17:20:24 ID: UrWGAptBju
フランコ独裁はその後に王政復古民主化を呼び、サラザール独裁でも植民地喪失は止められなかったし、後には民主革命を呼んだが、チトー独裁との違いは多民族国家か否かだろうね
ユーゴスラビア民族的対立と念は、オスマン・トルコバルカン半島を制していた時代から存在するわけで、それをチトーと言う英雄が抑え込んでいただけの話だろう。
ユーゴスラビア中華人民共和国の違いは、システム的な独裁の完成度と、最大多数の民族が他民族を圧倒している違いかな…

カダフィはシンガポールロシア的な議会政治を整備すればガス抜きチャンスは有ったはずで、独裁政治をやるにしても適切な軌修正を図らなかった彼の自己責任だろう。

133ななしのよっしん :2011/12/25(日) 13:02:09 ID: nTiFppqf/B
まさか敵に投げたはずの手榴弾が味方側に転がって来るとは…

134ななしのよっしん :2011/12/26(月) 18:25:06 ID: mvgoB5nZo4
NATO爆担当で地上戦担当はアルカイダ
興味深いタッグだったな

135ななしのよっしん :2011/12/30(金) 14:46:54 ID: fUITc3h/oF
アルカイダもそうだったけど、近年は地上戦においての現地の民兵が果たす役割が大きいよね。他の地域でも。
それ故にかは分からないけど、侵攻中は爆で圧倒し、地上戦においては自兵士被害が軽くなるけど、結局は維持出来ず撤退していくっていうのがばかみたいに繰り返されてるけど。
ローマ帝国のそれみたいにならないのは今の戦争が当面の都合考えすぎてるのかな。

136ななしのよっしん :2012/03/01(木) 19:04:30 ID: vl3zkpqDKI
そもそも反体制側にアルカイダがいるだなんて
窮地に陥ったカダフィの根拠のない妄言だけどな

137ななしのよっしん :2012/03/05(月) 19:03:02 ID: mm6/Wi/Is+
酷い記事ですね 反カダフィの為の印操作にしか見えない

カダフィの真実を知ってほしい リビア 新世界秩序 NATO

この記事に自分みたいに疑問を感じたら 上の動画一度見たほうがいいですよ

138ななしのよっしん :2012/04/11(水) 19:37:06 ID: 11yxPMQEer
タリバンがバーミヤンの大を爆破した時
大佐は「やつらはムスリムじゃない」とか言っている。
逆にビンラディンはフセインクウェート侵攻した際に批判している。

同じイスラムでも近代義・独裁者と原理義・テロリストは相容れないのだろうな

139ななしのよっしん :2012/06/27(水) 00:02:54 ID: S2kvNc7vtg
>>137
勝てば官軍負ければ賊軍
まぁ、カダフィの統治にも良い面あったのだろうけど、民から権を一身に託されている独裁者民にを向けたらイカンよ。

建前は直接民主政だろうけど、直接民主政は衆愚政治に陥りやすい体制だから、それらを越する形でカダフィが居たわけで…

140ななしのよっしん :2012/09/08(土) 03:30:02 ID: HAD2FOMxjt
反体制側にアルカイダ系の組織の人間がいたのは恐らく事実だろうと思うけど
そもそもあれだけイスラム系の武装勢が参加してて、アルカイダに関係のある人間が居ない方がおかしい
訓練を受けたり武器を手に入れる上で接触を持つのはおかしいことではないし、アルカイダに関与したからと言ってその思想を受け継いでるとか、いずれアメリカテロをしかけるイカレタテロリストみたいな扱いをすること自体が不可能

141ななしのよっしん :2012/09/12(水) 20:50:28 ID: sm4/kq09EZ
案の定と言うべきかカダフィ亡き後、自由の旗印はどこかへ消え、
小さなお山の大将がそれぞれ勝手に民そっちのけの覇権争い、
アッラーの御名を口実にテロ暴力と腐敗がまかり通る無法地帯化。
あの胡散臭い叛乱劇の成り行きからもが想像した通りだろうけど。
これでリビア歴史100年逆戻りした。
このままなら取り戻すのに200年掛かるだろう。

142ななしのよっしん :2012/09/12(水) 20:57:49 ID: 0ZKGaPlXuQ
北斗で例えるならラオウ亡き後…て事か

143ななしのよっしん :2012/09/12(水) 21:00:14 ID: 13u8IYCSxy
>>137
やっぱり自分で「真実」とか言ってる電波詐欺師ということがよく分かるな。

144ななしのよっしん :2012/09/13(木) 00:19:14 ID: sm4/kq09EZ
>>140
な事にその書き込みから3日後、駐リビア使と3人の使館職員が殺されたな。
米国イスラエル人がムハンマドを侮辱する映画を作ったのが気に入らないと言う理由だそうだ。
頭にくれば対戦車ロケットと自動小銃をぶっ放す「市民」が使館を焼き討ちする。
カダフィ時代のリビアはこんな野蛮だっただろうか。

145ななしのよっしん :2012/09/13(木) 05:18:56 ID: DZkrN85i/u
アメリカも反カダフィ勢支援して
民主化促したのに皮なもんだな
カダフィが生きていてもどうなったは知らんが

146ななしのよっしん :2012/10/11(木) 16:57:09 ID: rmK5Fvmy9C
愛人そんなにいたのかよ
うらやま

147ななしのよっしん :2012/10/12(金) 17:29:49 ID: msDslFx6S8
>>144
使いに飼われたが、飼いがいなくなって暴れてるだけだろ

148ななしのよっしん :2012/11/08(木) 02:09:26 ID: 5jcqzmZ8Mc
どこが独裁者なんだよ
言てみろよ情弱

149リビアで二度と見られなくなる16項目 :2012/12/05(水) 16:05:12 ID: AgmkCuFqPP


1.リビアには電気代の請書が存在しない。電気は全民、無料だ。
2.融資には利がなく、リビア銀行営で、全民に対して与えられる融資は、法律ゼロパーセント
3.リビアでは住宅を所有することが人権と見なされている。
4.リビアでは全ての新婚夫婦が、新家族の門出を支援するため、最初のアパート購入用に、政府から60,000ディナール(50,000ドル)を受け取る。
5.リビアでは教育と医療は償。カダフィ以前、識字率はわずか25パーセントだった。現在、識字率は83パーセント
6.リビア人が農業仕事につきたい場合には、農園を始めるための、農地、、器具、種、畜が、全て無料で与えられる。
7.リビア人が必要な教育あるいは医療施設を見いだせない場合、政府が外に行くための資を支払い、さらには実費のみならず、住宅費と自動車の経費として2,300ドル/、支払われる。
8.リビア人が自動車を購入すると政府が価格の50パーセントの補助を出す。

150リビアで二度と見られなくなる16項目 :2012/12/05(水) 16:07:38 ID: AgmkCuFqPP
9.リビアの石油価格は、リッターあたり、0.14ドル。
10.リビアに対外債務はく、資産は1500億ドルにのぼるが、現在世界的に凍結されている。
11.リビア人が、卒業後就職できない場合は、本人が雇用されているかのごとく、特定職業均給与を、職が見つかるまでが支払う。
12.リビア石油のあらゆる売上の一部がリビア民の銀行口座に直接振り込まれていた。
13.子供を生んだ母親は、5,000ドル支払われる。
14.リビアでは、パン40斤が0.15ドル。
15.リビア人の25パーセント大学学位を持っている。
16.カダフィは、この砂漠国家のどこででも自由が得られるようにするため、大人河川計画として知られる世界最大のプロジェクトを遂行した。

#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ