大坂の陣について語るスレ

1-

1ななしのよっしん :2016/12/01(木) 16:53:42 ID: ZnWXHoq4Xl
別の記事でも言ったけど最低限、文の途中で改行はやめとこう

2ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:03:19 ID: sEjOFOeqyf
>>1
改行しないと見づらくて仕方ないと思うけど

3ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:14:00 ID: BSy5QeUdf0
段落はわかるんだが、改行はする意味余りないね。

4ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:16:17 ID: sEjOFOeqyf
>>3
人によるのかな

自分例えば


武田信玄三方ヶ原において徳
康を破った



みたいな文章見ると気持ち悪くてしょうがないんだわ

5ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:29:43 ID: BSy5QeUdf0
>>4
文節で区切るのはわからなくはないんだけど、フォントブラウザの設定次第だと、

1600年の関ヶ原の戦い勝利し、1603年に江戸幕府を開いて下を統べる徳川家康と、関ヶ原
の戦いに
おける論功行賞で勢を縮小しつつも、依然侮りがたい勢を誇っていた豊臣秀頼が戦った。

みたいになったりするので、もっと気持ち悪くなったりするし、
携帯版だと幅が半分ぐらいになるので、この文章のどが切れる。
掲示板なら、文節で区切ったほうがいいんだろうけど。

6ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:34:39 ID: ZnWXHoq4Xl
他の大百科記事を見ればわかるが文の途中で改行はほぼ行われてない
だから改行多用は自分はかえって読みにくいな
改行を避ける理由は環境によって文字サイズが変わってレイアウトが崩れるから
端で折り返す前に改行したつもりでも環境によっては折り返してすぐ改行になる可性もある

例えば

武田信玄三方ヶ原において
徳川家康を破った

にしたつもりが

武田信玄三方ヶ原にお
いて
徳川家康を破った

となって自分は気持ち悪いから特に文の途中で改行は避けるべきだと思う

7ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:38:24 ID: sEjOFOeqyf
はあーなるほど
最近編集始めたばっかだから勉強になりますわ
おいおい直していきます

8ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:55:52 ID: ZnWXHoq4Xl
>>7
あなたのユーザ記事レスついてるけど気づいてるかな?
本来ならユーザ記事摘したかったけど気づいてない可性を考えてこっちで摘したんだ
編集に対する意見に返答がないと不実に映るよ

9ななしのよっしん :2016/12/03(土) 14:36:44 ID: XUK/KiCNXn
仙石長宗我部十河が再び集った大坂の陣

10ななしのよっしん :2016/12/07(水) 16:57:43 ID: W9gT+dxAJQ
>>和によって徳豊臣の停戦となるも、既に徳方は再度の合戦に備えて軍備を整えていた。
>>そして翌年3月豊臣方へ人の解雇豊臣大坂からの転封を要し、豊臣拒否する豊臣の討伐を決意。
>>徳川家康は諸大名に兵をあげ伏見へと集結するように命ずる
ここ現在の研究だと全部間違ってるとわかってるんだよね

11ななしのよっしん :2016/12/09(金) 07:17:21 ID: sEjOFOeqyf
いやそこは最近の研究でもあってるよ。多分真田丸絡みで発言してるんだろうけど
違うのは細かい流れ(徳が最初から全豊臣を滅ぼそうとしたとか、豊臣が徳に反抗的で命視しまくりだったとか)だけで
根本的な流れ自体が変わったわけじゃない。

よく言われるけど、歴史の新説自体は必ずしも全て当たっているわけじゃないし、
どこがどう間違っているのか、新説はどこを訂正しているのか
という部分をきちんと把握していないとかえって混乱するだけだよ

12ななしのよっしん :2016/12/13(火) 08:38:57 ID: G67F2vm6ZP
方広寺の鐘についてはイチャモンだったとしても、弁明の姿勢を
示す条件(淀殿を人質、大阪城を出て大和に入る)は他の
従っている大名のこと考えるとそれほど理不尽じゃないんだよな。
げんに前田はまつが出向くことで命脈を保ったし。

寧ろかつての栄拘りすぎて不文視しまくりの豊臣
非があった。

13ななしのよっしん :2017/05/24(水) 06:25:39 ID: iTHUFIJSwj
方広寺の鐘をイチャモンで済ませるのにはちょっと理がある
「前征夷大将軍一位家康」という言葉をどういうつもりで書いたのかは知らんが、君の諱をはっきり書いたら当時の常識としては殺されて当然なわけで
少なくとも、家康でなく臣と見ていたことのあらわれとして殺される理由のひとつに置くのが自然

14ななしのよっしん :2017/06/15(木) 22:07:36 ID: CJNFsOm3ae
毛利勝永ワイも頑ったんやで…なんで幸村ばっかりやねん…」

15ななしのよっしん :2017/09/11(月) 04:58:21 ID: q0j1ZGJ8Kr
調べれば調べる程、豊臣中のグダグダっぷりと首部の残念さが分かって
幕府に滅ぼされるのも当たり前ですわとしか思えなくなってくる

16ななしのよっしん :2017/10/14(土) 18:46:19 ID: c9kJKguIWx
真田丸では恒例となった籠策を捨て積極策を採用、
ついには家康を討ち果たして豊臣の大逆転勝利を呼び込み、
大阪の陣念願の初勝利を挙げた




ら面かったんだけどなあ

17ななしのよっしん :2017/12/30(土) 20:25:24 ID: CdHfX2uIsy
>>13
つうても肝心の家康は後から供養式の日程とセットで問い合わせただけで礼者め絶対に許さん的な発言の記録はないし、当時は出席する宗僧侶の序列争いの方が問題になってた
あの件は豊臣が動かないなら家康京都板倉勝重示して五山に問い質しをさせるというルーㇳが取れたのだし

そもそも日本の大名動員して大坂城潰すというとてつもない大事業を家康の機嫌だけで決めることはできても幕府に実施させるなんて理に決まってるでしょ
諸大名への動員示だってそのことを理由にしていない
しかも長年の心だった大久保忠隣はすでに破滅、本多正信引退願い出していて、家康はとっくに幕府を動かす権を失ってた説もあるし

18ななしのよっしん :2018/06/03(日) 10:00:48 ID: yHFO2WiCVi
後世の視点からいえば
だの秀頼だのは別に死んでもまったく惜しくないどうでもいい存在だが
真田幸村という不世出の英雄、希代の兵法が失われたのが惜しまれる。

でももし逆に、仮に家康が戦死したら、
信長秀吉に連なる三英傑がただの攻戦、局地戦で、
アクシデント的に死ぬのはもったいない」みたいに惜しまれてたのかもしれない

19ななしのよっしん :2018/06/03(日) 10:07:29 ID: 5hUZnGspSx
影武者立てるから死んでても問題ないで

20ななしのよっしん :2018/06/20(水) 16:33:10 ID: Gc76wocKKX
>>18
大坂の陣がなけりゃ真田信繁
生涯最後の賭けに負けた親父の影で地味に一生を終えたどうでもいい次男坊だった
むしろ幸村ほど最高の死に場所を掴んだ武将は他におるめえ

21ななしのよっしん :2018/07/06(金) 14:06:48 ID: NDDhSw1/A2
実際、真田信之真田信繁真田幸村)のまだ下にっているんだよな
真田信勝、真田親)。もし大坂の陣がなければ、スポットライト
当てられたのは真田昌幸真田信之だけだった可性すらある

1-
#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ