島津忠恒について語るスレ


31ななしのよっしん :2015/09/20(日) 12:29:18 ID: Z0LYMxCY63
インテリヤクザだな、この人は。

32ななしのよっしん :2015/10/02(金) 13:49:57 ID: MP24pqU2KU
父親が偉大すぎて義久義臣が分かれた以上
な処置を取るしかなかっただけだから(震え声)
なお寿に関することは何一つ擁護できない模様

33ななしのよっしん :2016/02/28(日) 16:15:12 ID: g49+iD0/nm
昔は島津家久といったら中納言久の事をしてたけどな(鹿児島では今でも久は中納言の方をす場合が多いが)。中務大輔久なんてよほどの戦国好きじゃなければ知らなかったような気がする。

初代薩摩としては間違いなく有能殿さまだと思うよ。

34ななしのよっしん :2016/03/02(水) 09:48:59 ID: t2vNAy5vPb
しゅじゅどんの逸話にもよく出てくるしな。
鹿児島県からしたら幕末島津についで染みあるんじゃないかな。
文武両に優れるし重臣・庶握する手腕も優れてるのに悪評ばかりが取り沙汰されるのは、にわか戦国オタクの業を感じる。

35ななしのよっしん :2016/03/02(水) 17:35:03 ID: g49+iD0/nm
偉大なる義と実の数ほどいる一族衆、さらに重ねた功績著しい古参臣連中。おまけに西軍参戦や大坂の陣遅参など幕府からをつけられる立ち位置。これだけフラグが立っていれば最上加藤の例を見るまでもなく易まっしぐらだけど、そうはならなかったのは間違いなく久が有能で剛腕だったからだろう。

36ななしのよっしん :2016/10/06(木) 13:09:30 ID: 9+RpcXGeiV
>>34
その評価の変遷の土台には
が後世に編纂したので黒田でもない限り祖は顕前提で文武両完璧超人気味になる史・ベースの人物像から、
一次史料・古文書・クロスチェックで都合の悪そうな部分もり出す努をするようになった現代史学研究の流れがあるわけで。
乗っかって騒いでる部分はあるとはいえの一言で片付けるのもどうかと思うがなあ

37ななしのよっしん :2016/11/14(月) 12:33:12 ID: 9z4WuqCinK
真田日本一の兵」は、それほど凄い評判が当時から伝わって来ていたとう事だから「悪い」逸話とは言えないのでは。

なお『真田丸

38ななしのよっしん :2016/12/10(土) 19:49:08 ID: xYDKMiGuGw
外様大名がお取り潰しラッシュの中で薩摩を生き延びさせ、さらに後の雄としての基盤を確立したのだからとしてはこのうえない有能だろう。

人格は破綻しまくってるけれど…。

39ななしのよっしん :2016/12/20(火) 01:28:54 ID: 9z4WuqCinK
例の「真田日本一の兵」の末尾の「惣別これのみ申す事に」、丸和洋氏(『真田丸』時代考三人衆の一人)が「みんなこのことばかり言っている」と訳していたのにから鱗。

惣別(だいたい、みんな)の久ではなく、実際に参した諸大名をすのだと。
すると「参した諸大名はみんな「真田日本一の兵」と讃えていた。現場からは以上です」ってことになる。

やっぱり「悪い」逸話ではいと思う。自分も見てみたかったと思ったのか、自分達の方が凄いぞと思ったのかは分からないけれど。

40ななしのよっしん :2017/04/30(日) 21:44:58 ID: LSbc3yEZSF
武功雑記によれば、寿は忠恒を2回ほど殺そうとしたらしい
偽のほどは分からないけど、寿も単なるかわいそうなではなく
忠恒と壮絶な後継争いをしてたのかもね

41ななしのよっしん :2017/05/09(火) 01:16:11 ID: 5FxHh8oomn
>>23
朝鮮の役は蹴ばっかクローズアップされてるけど忠恒もいっぱい首取ってたはず
軍と補給の問題さえなければ基本ボーナスゲームだけども

鹿児島についてなんだが、立地については治世の世になったんだから防御に長けたよりも、物流拠点となるの方がいいと考えたってことで擁護できないか?

42ななしのよっしん :2017/07/17(月) 16:10:04 ID: ui+XfqSo+h
>>41
時の時代的に上から(大規模な)攻撃を受けるという概念がなかったから、際に建てるというのはしくなく、むしろ後ろ堅固のの範疇にはいってたんだよ。
臼杵も同じ。

43ななしのよっしん :2017/09/03(日) 21:35:30 ID: MBZiyRrzhK
まあ戦争鹿児島の件で忠恒を責めるのは流石に可哀そうね。
当時の時代背景考えたら十分理にかなってる。

44ななしのよっしん :2017/10/08(日) 00:03:06 ID: gt9XsHfb1o
山口由の「衛府の七忍」に出てくる忠恒つーか久が、
おもしろフィクションだけど人となりを端的に描写してて流石若先生と唸った

駿府から課役として退治命じられてすげーイヤな顔してるけど、
いざ「宮本武蔵召し抱えてにぶつけようぜ」となったら喜々として現場に駆けつけ
クソ重い武蔵に着せるや腕試しとばかりに自らりつけ案の定返り討ちにあって
「さっしー強え」ドワハハってもうアレすぎて逆におしいw

45ななしのよっしん :2017/12/24(日) 02:14:01 ID: hdMqYVO2K0
最期まで忠恒は寿に頭が上がらないというか義久えできなかったんだろうな
後継者選びに寿の許しがないと確定しなかったみたいだし、子供が生まれるたびにいちいち連絡入れてたのも忠恒に独断で決める権限がないって言ってるようなもんだし
本当に嫌いで邪魔なら形式上正室なんだからさっさと薩摩から追い出して江戸に送りっぱなしにすればいいのに、
別居しただけってのも暗に今も島津の本当の当寿で薩摩から離すわけにはいかないから人質をどうにか回避しようとした結果にも見える
忠恒的には元寿だけ異例扱いってだけでアレだけどが死んだあとも自分そっちのけで供養し続けるってのもつまらんだろうし仲悪いのはフェイクなしで本当だったろうな

46ななしのよっしん :2017/12/25(月) 11:19:38 ID: t2vNAy5vPb
そもそも義久と義の関係自体(少なくとも秀吉に降伏した後は)が穏ではなかったからな
兄貴のお下がりの寿を娶ったのは伊集院粛清と同じく中統制の一環でしかないわけだし

47ななしのよっしん :2018/02/09(金) 15:33:13 ID: JYRunRsg/V
記事に「忠恒のイイエピソードを資料から探し出したけどこれくらいしか見つかりませんでした。」と書いてあるから
悪久のいい話って何かないのかと思って探してみたが
↓少しはあったわ

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4024.html[外部]
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2333.html[外部]
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2223.html[外部]
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1562.html[外部]
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-674.html[外部]

48ななしのよっしん :2019/05/05(日) 23:24:23 ID: MBZiyRrzhK
今まで島津四兄弟や、従兄弟の豊久が有名になり過ぎて
漫画とかゲームじゃ縁だったが、衛府の七忍でようやく陽のをみたな。
なお、史実の性格の悪さはどこかへ飛んでいった模様。
まあぼっけもんの殿だから忠恒も相当なぼっけもんだったんだろう。

#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ