曹叡について語るスレ


61ななしのよっしん :2017/06/07(水) 10:40:59 ID: TXOc8l5SJb
>>59
昔は資料不足だったから深い意味はないと思う

62ななしのよっしん :2017/10/29(日) 09:28:10 ID: FmUGXy499H
>>55
そのへんは曹丕もそんな感じだからな
よく「三立以降は消化試合」「統一なんて必要ない」なんて言ってるがいるが
曹丕曹叡の事績たどれば本人達がどれだけ統一に意欲があったか
まるわかりだよ。も、ただの賊徒とは訳が違う。皇帝名乗ってるんだから
雍闓の「に二日なく、地に二王なしとは言うが、三人も王がいるとはわけがわからないよ」というのは言い得て妙

63ななしのよっしん :2017/11/04(土) 22:36:57 ID: 5qub0fJzyw
同姓かつ同性の曹肇とアッーな関係だったというのは本当なのか。
いくらでそっちが盛んとはいえ、同姓なら近親相姦扱いでまずいだろうに。

64ななしのよっしん :2017/11/19(日) 11:37:46 ID: G1QXEWh/RH
いくら曹叡が好色だったとしてもンなわけねーだろと思いつつちくまの曹肇の出てくる個所(明紀と程伝)引っり出して読んだが、それらしい記述一切いんだが
>>63の頭から沸いた妄想か?

65ななしのよっしん :2017/11/20(月) 17:17:44 ID: wBLHZc0zC/
曹叡と曹肇がアッーだったのは割と有名な逸話と言うか伝承というか、まあそんなのだよ。

元々の出どころは唐代の「芸文類集」33巻曹肇伝で、

「曹肇は美形だった。曹叡はこれを愛し、いつも一緒に寝ていた。ある時曹叡ゲームの報酬として自分の御衣を賭けたが、曹肇は(負けたので)これを得られなかった。この為曹叡は寝室で二人きりの時、曹肇に特別に自分の衣を与えた。これほどに曹叡は曹肇を愛していた」

って書いてある。たまげたなぁ・・・

その後も中国において男色文化に関する文献では、曹叡×曹肇は結構な確率で出てくるよ。

66ななしのよっしん :2018/04/18(水) 17:57:43 ID: KHBe+1Myb7
の血の可性あるのよね
殿造りも自分が曹皇帝であるアピールだったりして

67ななしのよっしん :2018/05/31(木) 17:11:32 ID: G1QXEWh/RH
曹叡袁煕の種説は裴松之も否定していることだが、何より袁煕が刺史に任じられたのに伴って州に赴いているのに対し文昭皇后はその後も鄴に残って袁紹夫人の世話をしてる
恐らくただのゴシップだろう

68ななしのよっしん :2018/07/10(火) 08:45:42 ID: gALY72JRP+
曹叡軍事判断に関しては非常に優秀だが内政手腕は???だから
殿作りもただなんとなくやっただけだと思う。
陳羣からもその手腕は酷評されてるくらいだし。
内政優秀軍事???の曹丕合体したら曹操がもう1人できそう
もう一方は夏侯楙になるけど

69ななしのよっしん :2018/07/24(火) 19:08:17 ID: YaWx+hcLJJ
曹叡にも確固たる信念があったはずなのに世したせいで、ただの浪費と片付けられてしまったのが悲しい…。

70ななしのよっしん :2018/10/09(火) 05:37:43 ID: aqaKW4OnYD
殿造営は実際農繁期に農民を徴用したり財政が傾くレベルでやってたんだから共事業で済まん程に浪費が過ぎてたのは事実だろう
同士の婚姻政策も人身売買の温床になってるし
自身が重臣達の反対を押しのけて進めた政策の結果がこれなんだから信念以前の問題だよ

71ななしのよっしん :2018/10/13(土) 08:30:52 ID: /7URyTB2pm
 晩年の行動って、名士に対して君の優位性を確立しようとした結果ではいだろうか?
 「いくら諫言してきても最終的に従うかどうか決めるのはこちらだ」みたいな感じで。
 


72ななしのよっしん :2018/10/17(水) 21:34:25 ID: G1QXEWh/RH
もし曹叡の狙いがそこにあったとしても結果としてその後名士達からの司馬氏の支持が上がり続けたんじゃ逆効果じゃねーか

73ななしのよっしん :2018/10/17(水) 21:41:04 ID: pvbQYvlTiW
まあ、軍事〇内政×をひっくり返すような良内政の逸話ははっきり言っていな

74ななしのよっしん :2019/03/26(火) 03:21:13 ID: Xmb8XO91Xu
あんまり言われないけど孫権にあまりにも似てるよね。
諸葛亮陸遜という敵がいなくなったら終わった君

敵がいる間は強いんだけどなぁ

75ななしのよっしん :2019/05/03(金) 09:15:01 ID: wBLHZc0zC/
>>73
(新)を制定させる
・自ら大きな裁判に臨席する
刑法を整理し、刑の乱用を詔勅でめ、再審制を強化する
・思わずブチ切れるほど非礼な上奏文が出されても、決して提出者を処罰しない
・宗族の待遇
制の整理
・浮の禁。また人材登用も頻繁に出し、しかも上奏させて自分で人物を判断する
速な天才への対応

など、内政面でも評価すべきことは十分にある。
特に皇帝自ら裁判及び再審審に臨席する制度は、曹叡以降の南北朝時代でも継承されるほどに重大な変革だった。
その内政政策を見ても彼の方向性は一貫しており、ちゃんとしたビジョンを持ったうえで行動できる人だったことがうかがえる。
大規模な宮殿の造営は批判の対となることが多いが、「壮麗な建築物によって国家の権威を明らかにする」というのはきちんと政治的意義があることであり、必ずしもマイナスばかりではない。

76劉楓義真 :2019/07/18(木) 03:35:23 ID: EoWXder0/+
曹叡の惜しいところは自身の世もだけど男子が相次いで逝してるところだと思う。4人くらい男子いたけど皆産まれてすぐに亡くなってる。もう呪われてるんじゃないか曹叡

77ななしのよっしん :2019/07/25(木) 20:36:05 ID: fqBi3audP3
曹叡が本当にやらなければいけなかったのは宮殿の造営でも裁判に自ら臨席する事でもなく、可及的速やかに『位を僭称する南方の逆賊ども』を誅する事だった。
にも関わらず諸葛亮が死んでもに対する攻勢を強めるでもなく、それどころか宮殿造営や後宮の充実などにを注ぐような有様では、到底名君とは言えない。仮にもかつての統一王たるの後継者なのに、天下統一に意欲すら見せないのでは話にならない。曹丕はどうにかして皇帝の義務を果たそうと何度も遠征しているのに(全て失敗しかえって武威と徳を損なう結果になったが)。
曹叡の事業が同時代の人間にさえ冷やかに見られていたという記述がされるのは、司馬氏に対する配慮以上に「賊相手に何の成果もないくせに一丁前に宮殿だけこしらえようってか」という当時の空気が確実に存在したからではないのだろうか。
に二日なく、地に二王なしと聞いているが、いま下は立しては三つもあり、田舎者は戸惑ってに帰したら良いのか解らないのだ」
この雍闓コメントは当時の中華圏内に属する人間の率直な想いだと思う。

#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ