SFについて語るスレ


31ななしのよっしん :2009/06/16(火) 20:37:52 ID: Neu76O+Q/x
SFとは“よくわからないもの”である
以上

32ななしのよっしん :2009/06/30(火) 08:54:38 ID: 6MKNyNrz66
スーパーフィクション創作)?

33ななしのよっしん :2009/07/28(火) 02:19:49 ID: lWRMTwt5QA
>SF作品と、一部不思議的要素があるだけの作品は違うでしょ
原理義的な考えだと思う
まじめに考したら将来的にすべてのSFファンタジー常識の二択でしかなってしまう
少なくともオレがSFめているものはそんなものじゃない

34ななしのよっしん :2009/07/28(火) 20:37:55 ID: 6MKNyNrz66
SF(サイエンスフィクション)という言葉をあまり使わなくなっているだけで、かなりの数のSF(サイエンスフィクション)作品が存在している。
「近未来」「仮想の(新)技術」等を取り扱っている作品は、「SF作品」で間違いない。
特撮モノ(戦隊シリーズ仮面ライダーウルトラシリーズ)、ガンダムシリーズなんかも立SF作品。

35ななしのよっしん :2009/07/31(金) 05:26:38 ID: qsskCOJ+BU
殺人事件が起きて探偵が出てくればミステリである」と
言い切れないのと同じように
未来舞台だったりスーパーテクノロジーが出てきさえすれば
SFなのだとは言えないような気がする・・・
ただ、SFにはミステリのような明確なルールがないのは確か。


36ななしのよっしん :2009/08/17(月) 09:05:37 ID: JqWDBl4rrZ
しかし、未来舞台だったりスーパーテクノロジーを扱うものがSFだと定義する以外、
何がSFかを合意可に定義しようがないのも確か。
ミステリが満たすべきフェアさや推理可性の基準を定めることが不可能なのと同程度には。

37ななしのよっしん :2009/08/25(火) 15:37:39 ID: +MtS4yN0Fw
古典SFといえばH・G・ウェルズとジュール・ヴェルヌ
近代SFといえばアーサー・C・クラークアイザック・アシモフロバート・A・ハイライン

この5名が特にそうだけど、SFとして完成度が高いのは「科学的知識に基づいた未来絵図」の描写が非常にリアリティ溢れるものであるという事だと思う
特にクラーク氏はリアリティを越えて予言や未来予知に近いから恐れ入る

38ななしのよっしん :2009/08/25(火) 16:02:38 ID: 3f3IKZTCMl
ハードSM

39ななしのよっしん :2009/09/13(日) 01:24:58 ID: +MTxtkw9rR
とりあえず関連商品2001年宇宙の旅入れようぜ。
あれのインターネットの到来を予見したしい作品だし

40ななしのよっしん :2009/10/05(月) 01:00:48 ID: JFIXy8/cZi
>>29
遅レスすまん、だがむちゃくちゃ納得してしまった。
してみるとアシモフ75sfくらい?

今イーガンとかチャンみたいな死ぬほど固いのからファンタジー系のラノベまで裾野が広がってるからなぁ、結局自分の肌に合う数値のところで楽しむしかないのやも。

41ななしのよっしん :2009/10/05(月) 23:35:15 ID: 2AT4RkvXBK
なんだかんだ言っていまだに海外日本作家では大きな差があるな。
日本のがつまらないってわけじゃないけど、「SF的な要素のあるキャラクター小説」のレベルに留まってるのが多い。レーベルが違えば全にラノベっていうようなの。

42ななしのよっしん :2009/10/11(日) 01:18:49 ID: Z/AFiyqXWU
自分もSF要素を取り入れた作品とSF作品(現在ハードSF?)は違うと思う…

でも「じゃあ、どう違うの?」と聞かれると返答に困るが;
自分も>>29SF数値化は試みとして面いかもしれない(にやるとそれはそれで論争になりそうだが…;)
フィリップ・K・ディックは20SFぐらいか?

43ななしのよっしん :2009/10/20(火) 22:32:58 ID: GwB5h5u1iH
個人的に、>>29の意見はユニークで好きだな。
確かに、そういうところあるよね、SFって。
「どれがSF」ってんじゃなく、「どれくらいSF」っていう。
もしかしたら、SFってのはもう、ただのジャンルじゃないのかもな。

44ななしのよっしん :2009/10/27(火) 20:29:21 ID: wETY7tFRvZ
>>43
> もしかしたら、SFってのはもう、ただのジャンルじゃないのかもな。

ニコニコ大百科、「ライトノベル」の記事の掲示板より、なるほどとおもたレス

>  217ななしのよっしん2009/10/09() 19:19:09 ID: xe629DY3r/
>  SFはもう要素であってジャンルではないんじゃないのかしら。
> 
>  (フルハシストだけど守はイマイチサムライレンズマンは好きだけど。)

ジャンル」ではなく「要素」であるなら「多い少ない」って表現が妥当なのかも。

45ななしのよっしん :2009/11/17(火) 21:04:07 ID: GwB5h5u1iH
>>44
お茶漬け吹いた。

もしかしたら、SFに限らず(そして小説に限らず)いろんなジャンルの物が飽和状態に達したせいで、ジャンルジャンルとして機してないのかもな。
それこそ、ライトノベルの記事の>>217摘したように、「要素であってジャンルではない」状況なのかも。

……すまん、ちょっと奮してしまった。スレから外れちまったかも。」モニタを拭く作業に戻るとするよ。

46ななしのよっしん :2009/12/02(水) 19:24:06 ID: bEI3Nrmq5u
アンドロイド・ウェンズデー!

……がわかる人はおっさん。

47ななしのよっしん :2009/12/14(月) 08:20:01 ID: E5lb96rMNp
ファンタジードラクエFFと言う二つの巨人が有ったから
何でも有りだけどジャンルとして機しているように見えるが
SFだとそういう作品がなかったんかなぁ
うるヤマトドラえもんガンダムとかドラクエFFになれそうな作品はいくつも有ったのに
しかし>>29は確かに面い意見だと思う、数値化ってのは数値を付けるでどうにでもなってしまうが
もう現在SFはそういう形の方が生き残れるんじゃないかなぁ

48ななしのよっしん :2009/12/14(月) 22:50:55 ID: W/gRweuktg
というか、SFに限らずジャンル分けって、
明確に線引きできるものじゃなくて、
本来配合率でしかとらえられないものなんだよ。

ミステリ要素を含んだSFSF要素を含んだファンタジー
ファンタジー要素を含んだ恋愛ものと色々あるわけで。
さらにいえば、テクノロックの間にある音楽とか、
アクションシューティングの間にあるゲームとか。

で、各ジャンルでの純度が高い作品をす言葉として、
ハードSFハイファンタジー・本格ミステリなんてのがあるわけで。

49ななしのよっしん :2010/02/21(日) 18:55:13 ID: ZbVe8hBwG2
なるほど
でも、SFって基本的に多少知識がないと理だよな。
豊崎由美大森望がラジオ直木賞の結果を批評してたけど、
SFが評価されない理由は
SFは頭が良くなきゃ読めないからみたいなこと言ってた。
SFについては素人で
電脳コイル」や「イノセンス」のSF部分は意味不明だった。
でも、ストーリーが面くてつい最後まで見てしまった。
特に、「電脳コイル」はジブリっぽくて見やすいから、
ここからSFに深く入ってくる人多いと思うよ。

50ななしのよっしん :2010/02/22(月) 18:24:55 ID: LmnpOwWR+V
個人的な基準として『その設定によって人間の生活(世界)がどのように変化するのか』を描いた物をSFと認識しているので、ただロボット技術が出てきただけではSFにはなり得ない。
例えばARIAなんかは作中の生活は現代より前時代的だが立SFしていると思うし、またその逆も然り。
だけど>>29の様な考え方も良いと思う。

51ななしのよっしん :2010/02/22(月) 19:38:13 ID: iQTOVfErtd
wikipediaでは、「その技術が世界に存在する理由をきちんと説明する」のがハードSFだそうだけど、確かにその通りだなと思う。
ラノベのほとんどは、もちろん説明しているのも多少あるけど、ほとんどは「最初からその技術があるという前提」で物語をすすめるんだよね。だからガジェットSFであると。
それをSFじゃないというのも個人の自由だけど、ハードSF以外をSFじゃないと切り捨てると色々とまずいことが起こりそうな気がするのでとりあえずSFってことにしといてもいいんじゃないかなと個人的には思うw

ガジェットSFの例としてはやっぱハルヒが最適だよね。
ハルヒの場合、タイムトララーとかもいるけど、概念は確かに説明してるけど、技術については「禁則事項」で誤魔化してる。
技術については考えていない人がほとんどだろうし(理系の知識がないとムリだから)、それを説明したところで読み飛ばす人がラノベ読者には多いだろうからね。

うーん行線だなぁ。厳密に言えばやっぱハードSF以外はSFとは呼べないんだろうね(サイエンスフィクションだし)。SFの雰囲気がある小説、とは言えるけど。

52ななしのよっしん :2010/02/22(月) 21:17:21 ID: LmnpOwWR+V
>>51ハルヒの例をあげると、狙った読者層のせいで説明しきれない部分が出てくるため(ラノベについては詳しくる事が出来ないのだが)その世界を想像するのが難しくなってしまう。その点をないがしろにしてしまったがためにSFというジャンルがぼやけてしまうのではないだろうか。
>>29のいう数値化についても設定のきめ細かさが鍵になると思う。

53ななしのよっしん :2010/02/24(水) 11:25:31 ID: W/gRweuktg
>>51
別に原理説明は必要ないと思うけどね。
タイムトラベルものの元祖であるH.G.ウェルズの『タイムマシン』にも、
原理説明は一切ないし。

というか、現代の科学で実現できていない技術の
原理説明なんかできるわけがない

大事なのは作品内に自己矛盾を抱えないことだよ。
例えば、一般人自由時間移動できる世界を描いておいて、
そこに時間犯罪を取り締まる警察機構がなかったら、
これは明らか不自然

54ななしのよっしん :2010/02/24(水) 11:27:02 ID: W/gRweuktg
個人的にはSF本質は、
「非現実的仮定から論理的に導かれる思考実験の面さ」だと思う。

例えば、『デスノート』という作品は、
もしも名前を書くだけで人が殺せるノートがあったら」という仮定のもとに、

・そのノートによってどんな殺人が可
・そのノートの存在によって世界がどう変わっていくか
・そのノートの持ちをいかに追い詰めるか

などが、(多少強引な部分もあるが)大きな自己矛盾もなく論理的に描かれている。
科学テーマを扱ってはいないが、広義の意味では極めてSF的な作品だと思う。

55ななしのよっしん :2010/03/30(火) 03:55:54 ID: Cgy3bZCgNj
アニメから入ったが戦闘妖精雪風原作が好き

56ななしのよっしん :2010/04/12(月) 09:37:12 ID: an2DNINKTk
最初の頃、「SF小説ってめんどくせーなー」と思ってた。映像化されてこそSFカッコイイのであって、文字で読むなんてまどろっこしい、おまけ科学の知識がいとだめとか、センスオブワンダーの定義とかしちめんどくさい議論ばっかりで御免こうむりたいと思っていた。


しかしどういうめぐり合わせか、ヒマ潰しにホーガンの「星を継ぐもの」、クラーク幼年期の終わり」、ギブスン「クローム襲撃」、イーガン「祈りの」を立て続けに読む機会が訪れ、あっという間に、まさに「しちめんどくさいSF」の猛然たる信者と化してしまった。

人は変わるものだ・・・

57ななしのよっしん :2010/04/16(金) 18:01:38 ID: 7vU0EH3w0C
テッドチャン物語中の設定が
原理的には作中のにでも可なもの:SF
特殊な才が必要なもの:ファンタジー
という認識だって言ってるね。
特殊な才というのはフォースとかニュータイプとかロトの子孫とかの事な。

58ななしのよっしん :2010/04/28(水) 19:01:08 ID: Q1Wx4ch1mO
は「SF」をサイエンス・ファンタジーの略だと認識している。

59ななしのよっしん :2010/05/10(月) 14:03:43 ID: DHVN11kqku
>>57
「虎よ!虎よ!」のジョウントみたいに、人によってそのの発揮程度に大きな差があるのはどうなんだろう。

60ななしのよっしん :2010/05/10(月) 19:03:09 ID: iQTOVfErtd
最近はハードSFを読める人間になりたくて科学興味を持った。
ライトSFもいいんだが、なんか読んでると「いや、はそのSFガジェットがどういう仕組みでどの程度現実的なものなのかを知りたいんだよ!」とか思うようになったw
ただまぁ、ハードSF難解すぎ。いきなりディアスポラはまずかったかなぁ・・

#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ