ニコニコ大百科

とは、平仮名の一つである。字形は書体に由来する。片仮名はヌ。

踊り手の一人については、ぬ(踊り手)を参照のこと。

概要

コピペ

"ぬ"ってダイナミックだと思う。書く時の筆の動きが
まず、左上から右下に向かってっすぐに降下。
そのまま消えていったと見せかけて、突如右上に出現。
その後、同じように左下に降下していくのかと思わせておいて、
ギリギリで急上昇のアクロバット
そして反り返るように右上に舞い戻り、更に反り返って急降下。
極めつけは、「この勢いならこのまま右下に消えるだろう…」という、
大方の予想を裏切り最後にまさかの一回転!
「オレのパクリじゃん」って高をくくって見てた"め"も
最後の最後でド肝抜かれたと思う。
ダイナミックだよね…"ぬ"。

元ネタ施川ユウキサナギさん』(秋田書店)、3巻16ページ

関連動画

関連静画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ぬ」で検索