ニコニコ大百科

ひらがな

 

ひらがなとは、 にほんごの ひょうきで かんじかたかなと ともに しようされる おんせつもじの ひとつである。

なお、 ほぼ おなじ ないようで かんじを つかって きじゅつした 「平仮名」の きじも ある。 まじりぶんが よい かたは そちらへ どうぞ。

がいよう

にほんでは おそくとも ごせいきごろから、 にほんごを おんで ひょうきするのに かんじを かりる しゅほうが もちいられてきた。 とくに はちせいきこうはんに かんせいした 「まんようしゅう」で、 わかを きさいするために たようされたため 「まんようがな」の なが ある。 ひょうきに つかう かんじが そうたいかして ひらがなの もととなる もじが うまれた。 じゅっせいきに なると 「こきんわかしゅう」などにおいて、 にほんごを ひょうきするための かんじとは どくりつした もじたけいとして ひらがなが つかわれるように なった。


 なお、 じょうだいにほんごでは、 ぼいんが やっつ ある、 「やぎょう え」という おんそが ある などの とくちょうが あり、 まんようがなには その あとが のこっているが、 ひらがなが うまれたころには すでに なくなっていたため、 ひらがなで あらわせない おんそが まんようがなに そんざいする。

ひらがな とういつ

ふるくは ひとつの おとに たいして ふくすうの ひらがなの じけいが あったが、せんきゅうひゃくねん に ひらがなかたかなのとういつが せいふによって おこなわれた。 これに さいようされなかった ひらがなの じけいは へんたいがなと よばれる。 げんだいの にほんごで しようされる ひらがなは よんじゅうろく もじで、 しょうがっこうで はじめに ならう もじである。

もととなった かんじ

おじは、 にこにこだいひゃっかに きじがある ひらがなであることを しめす。 なお、 このひょういがいの ひらがなで、のきじがある。

かな かんじ ろおまじ かな かんじ ろおまじ かな かんじ ろおまじ かな かんじ ろおまじ かな かんじ ろおまじ
a i u e o
ka ki ku ke ko
sa shi su se so
ta chi tsu te to
na ni nu ne no
ha hi fu he ho
ma mi mu me mo
ya yu yo
ra ri ru re ro
wa i e o
n

「つ」については をもととする せつも ある。

かなへの へんか もしきず

平仮名の成り立ち

さんこうぶんけん

かんれん しょうひん

かんれん こうもく

かんれんタグ

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ひらがな」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)22時更新
>>もっとみる