ニコニコ大百科

りぼん

  1. 幅の細いひも状の織物。帽子頭髪衣服や贈答品などの装飾のほか、手芸の材料として用いる。
  2. 集英社発行の少女漫画雑誌。りぼん(RIBON)。この記事において解説する。

概要

1955年8月3日発行。三大小中学生向け少女漫画雑誌の一つ。

年齢は小学校中学年から高校生までの少女とされていたが、現在は『ちゃお』とべてやや高め程度。

りぼん黄金期と黄金期以降

1980年代後半から1990年代半ばにかけて部数が『りぼん黄金期といわれ、毎豊富なラインアップであった。
1994年には少女漫画誌では史上最高の部数となる255万部を発行し、自他共に認めるNO.1少女漫画雑誌だった。

【りぼん黄金期の主な作品】

1990年代後半以降は黄金期べて少し低迷する。

【1990年代後半の主な作品】

2000年以降からは種村有菜、槙ようこの2枚看で、矢沢あい、吉住渉一条ゆかり、小美穂水沢めぐみあおい高須賀由枝など、今まで黄金期を支えてきた作家が『クッキー』、『マーガレット』、『コーラス』などの雑誌に移る。

しかし、次期看補が低迷している。

【2000年以降の主な作品】

タイアップ

雑誌カラー

話はギャグ4コマファンタジーもあるが中高の恋愛ストーリー作品が多い。加えて、コミカルな作品もあれば、社会問題、死、性などヘビーな題材を扱った作品も少なくない。

絵は全体的に描き込みが多い。にも大量に細かいハイライトを散らし、透明感を出し美しく仕上げる意識が多い。また、のしわなどの細かいでデティールにも気を使う。種村有菜の登場以降は、背景にトーンを大量に使う作家が多くなる。『ちゃお』ほどではないが、較的、を大きく描く作家が多い。

作家との距離が近い雑誌で、作家ごとにあだ名がありサイン会もよく実施されている。また、『りぼん読者を「りぼんっ子」と呼ぶ。

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「りぼん」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)22時更新
>>もっとみる