ニコニコ大百科

アスロック米倉

米倉薫


(@-@。」)「そんなに・・・たちのが・・・見たいのか?」

アスロック米倉とはジパング関連の動画で使われる用である。
またはジパングの登場人物である、米倉薫一等尉(長)のあだ名。

概要

護衛艦みらい」が昭和17年にタイムスリップし、帝国海軍少佐拓海を救助した後のこと。「みらい」を発見した米海軍潜水艦魚雷にて攻撃をしかけてきた。「みらい」は潜水艦の位置を確認しつつガスタービンで急加速。見事に魚雷回避に成功する(この当時、現代のガスタービンほどの加速性を持つ船舶はなかった)。

しかし恐怖から混乱した長の米倉1尉は、「そんなに達のが見たいか」「殺られる前に」と、長や艦長の示を受けず勝手にアスロック(対潜ロケット)にて反撃を行った。これに激怒した菊池雅行長は米倉1尉をCICからたたき出した。(漫画版ではそのまま補給課に回されたが、アニメ版ではCICに復帰している)

この出来事からジパングの戦闘関係、若しくはBGM戦闘『みらい』」が使われる動画には、「アスロック米倉」のタグが使われるようになった。ある意味ジパングの中で最も人気があるといえる人物である

使用例

昨今は戦闘『みらい』ジパングと関係なくとも、アスロック関係というだけでタグが付けられることがある。
これとか↓
おまけに、アスロック米倉はこのタイプは使ってません。

なお、実際の護衛艦では艦長の許可のもと、長(「ジパング」だと菊池雅行)が発射キーを挿入しない限り、魚雷ミサイルを問わずに実弾発射は出来ないので、こういった事態は起きない。え、まさか長も殺る気だったの?流石はトマホーク菊池である

何かとネタにされるアスロック米倉だが、一等尉という階級上、作中の登場人物の中でもかなりの上官である。
さらに、漫画だと終盤は色々と活躍している。

派生

アスロック米倉人気のタグになった流れで、これ以後はアニメに登場する自衛官、若しくは登場人物が何らかの装備で攻撃した場合、「装備名又は攻撃手段+苗字」の単タグが作られるようになった。ジパング関連で他に個別記事があるものではトマホーク菊池が該当する。由来は、作中でトマホークを発射したこと。個別記事はないものの、右ストレートハンドアロ青梅などのも挙げられている。詳しくはこの記事の掲示板米倉式命名法を参照のこと。

ジパングの連載開始から15年、アニメ放送から10年を経た2015年でもこの流れは静かながらも続いている。柳内たくみ小説原作としたゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり2015年夏アニメとして放送されると、パンツァーファウスト勝本なる記事が作成された。登場人物の一人である勝本航(わたる)3等陸曹が、パンツァーファウスト3(110mm個人携帯対戦車弾、通称はLAMだっちゃ)で炎を攻撃し、ある程度のダメージを与えて撃退したのが由来。

尚、これらのが作られるにあたっては、小銃やけんの使用は対外な模様。※モーゼル如月

作られる可能性がある言葉

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「アスロック米倉」で検索