ニコニコ大百科

アレックス・ラミレス

アレックス・ラミレスAlex Ramirez、1974年10月3日-)とは、ベネズエラ出身の元プロ野球選手外野手)である。引退後はオリックス・バファローズの巡回アドバイザーを務めた後、2015年10月より横浜DeNAベイスターズ監督に就任。

概要

横浜DeNAベイスターズ #80
一軍監督
アレックス・ラミレス
Alex Ramirez
基本情報
ベネズエラ
出身地 カラカス
生年 1974年10月3日
身長
体重
180cm
100kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 外野手
プロ入り 1991年
引退 2014年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

クリーブランド・インディアンスピッツバーグ・パイレーツを経て、2001年ヤクルトスワローズに入団。背番号3。

ヤクルト時代

2001年は29本塁打88打点と活躍し、優勝と日本一に貢献する。

2003年読売ジャイアンツに入団したロベルト・ぺタジーニに代わり4番打者を務め打点王、本塁打王、最多安打のタイトルを獲得。

2004年オフには移籍も噂されたが、義理の息子であるラミレスジュニアの入団もあり3年契約で残留。

2006年は打率.26728併殺打と成績を落とした。

2007年は最多安打、打点王のタイトルを獲得。さらに、右打者としては史上初の200本安打を達成した。しかし、オフに複数年を希望するラミレスと単年を提示する球団との間で折り合いが付かず退団。読売ジャイアンツに入団した。

巨人時代

2008年読売ジャイアンツ第74代の四番打者として3度の打点王、セリーグMVPを獲得し、優勝に貢献した。また、シーズン中にFA権を獲得し翌年から日本人扱いとなった。2009年は全試合で4番に座り、最多安打、首位打者、2年連続のMVPを獲得し、日本一に貢献。

2010年は序盤こそ苦しんだものの、場から成績を挙げキャリアハイ49本塁打129打点で打点王、本塁打王を獲得。8年連続の100打点は日本プロ野球新記録。しかし他球団の外野手も好成績を残した選手が多かったため、ベストナインからは漏れた。

2011年死球による故障で連続試合出場が止まり、スタメンを外れることもあった。打率.27923本塁打73打点で連続3割、連続100打点も止まり、オフに若手に出場機会を譲る形で退団。横浜DeNAベイスターズに移籍した。

DeNA時代

2012年シーズン序盤は成績に苦しむも5月から徐々に調子を上げる。7月5日巨人戦で日通算2000本安打を達成すると、同末には打率を3割にのせ、MVPを獲得。4年振りにオールスターにも出場した。シーズン終盤になると外国人初のNPB通算2000本安打達成も見えてきたが、9月29日巨人戦にて二塁へスライディングをした際に膝を痛め、最終戦まで代打での起用がメインになり来年へ持ち越しとなった。最終的にチームトップの打率.300、19本塁打、76打点という好成績でシーズンを終えるが、ラミレスがこだわっていた来日以来12年連続の20本塁打は達成できなかった。

2013年トニ・ブランコの加入で5番打者になる。4月6日明治神宮球場でのヤクルト戦で石川雅規から1号ソロ本塁打を放ち、外国人選手初の通算2000本安打を達成した。
その後出場機会が減り、二軍へ降格。その後千葉ロッテマリーンズとのトレードの噂も流れたが、ロッテは元阪神タイガースクレイグ・ブラゼルを獲得した。10月には球団から引退を勧告されたが本人は現役続行を望んだため戦力外通告を受けることとなった。
10月8日シーズン終戦阪神戦で8回に代打で登場。横浜での最後の打席は重な追加点となる犠牲フライを放つ。そして引退をする小池正晃と最後にキャッチボールの相手をした。

2014年ベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスに所属。シーズン終了後に現役を引退し、群馬のシニアディレクターに就任した。

引退後

2015年オリックス・バファローズの巡回アドバイザーに就任。2015年10月より、中畑清の辞任に伴い「チームのことをよく知っている、横浜ゆかりのある人物」として後任を探していた高田GMの要請により、横浜DeNAベイスターズ監督に就任した。

DeNA監督時代

2016年シーズン3月から4月にかけセリーグの借を単独で背負い込むなど低迷するが、5月で一気に借済。その後ヤクルト阪神とのクライマックス進出争いを勝ち抜き、3位でシーズンを終えた。横浜のAクラス復帰は2005年以来11年ぶりの快挙であり、クライマックスシリーズ進出は球団初となった。

2017年レギュラーシーズンは2年連続で3位で終えたが、勝ち越したのは2001年以来16年ぶりのことだった。クライマックスシリーズでは広島に4連勝し、日本シリーズ進出に貢献した。

采配としては捕手リードを重視する姿勢が特徴的である。

人物・その他

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ヤクルト 応援歌のピコカキコ一覧#765 11068
11068
巨人 応援歌のピコカキコ一覧#555 10150
10150
DeNA 応援歌のピコカキコ一覧# 8809
8809

成績

年度別打撃成績









































1998年 CLE 3 8 8 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .125 .125
1999年 48 102 97 11 29 6 1 3 18 1 1 0 3 1 26 1 .299 .327
2000年 41 117 112 13 32 5 1 5 12 1 0 0 5 0 17 3 .286 .316
PIT 43 123 115 13 24 6 1 4 18 1 1 0 7 0 32 6 .209 .254
'00計 84 240 227 26 56 11 2 9 30 2 1 0 12 0 49 9 .247 .285
2001年 ヤクルト 138 547 510 60 143 23 0 29 88 1 0 5 27 5 132 11 .280 .320
2002年 139 569 539 65 159 25 0 24 92 0 0 4 22 4 146 10 .295 .325
2003年 140 614 567 105 189 34 3 40 124 4 0 7 34 6 104 14 .333 .373
2004年 129 557 525 79 160 30 2 31 110 2 0 2 23 7 118 22 .305 .341
2005年 146 629 596 70 168 19 1 32 104 5 0 3 23 7 121 13 .282 .315
2006年 146 636 603 78 161 28 2 26 112 0 0 10 19 4 104 28 .267 .289
2007年 144 628 594 80 204 41 3 29 122 0 0 5 23 6 106 14 .343 .371
2008年 巨人 144 600 548 84 175 28 0 45 125 1 0 3 39 10 90 20 .319 .373
2009年 144 608 577 66 186 35 0 31 103 4 0 6 21 4 88 12 .322 .347
2010年 144 606 566 93 172 28 0 49 129 1 0 7 21 12 98 14 .304 .338
2011年 137 515 477 39 133 12 1 23 73 2 0 5 30 3 72 9 .279 .322
2012年 DeNA 137 504 476 40 143 25 0 19 76 0 0 3 18 7 60 18 .300 .333
2013年 56 139 130 6 24 0 0 2 14 0 0 1 8 0 20 7 .185 .230
MLB:3年 135 350 332 38 86 3 3 12 48 3 2 0 15 1 78 10 .259 .293
NPB:13年 1744 7152 6708 866 2017 12 12 380 1272 20 0 60 308 68 1259 192 .301 .335

文字リーグ最高、文字リーグワースト。

通算監督成績

通算:2年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 286 142 136 8 Aクラス2回、Bクラス0回

タイトル・表彰

タイトル
  • 首位打者:1回
  • 本塁打王:2回
  • 打点王:4回
  • 最多安打:3回

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「アレックス・ラミレス」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)16時更新
>>もっとみる