ニコニコ大百科

ウッドロウ・ケルヴィン

ウッドロウ・ケルヴィンとは、1998年ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたPSPS22006年)発売のRPGテイルズ オブ デスティニー』に登場するキャラクターである。

概要・人物像

ソーディアン・イクティノスのマスターであり、ファンダリア王子でもある(後に王位を継承する)。
剣術術などの武術に長け、また学問や政治・統率にも優れており、王としての教養や素質を十二分に持った人物。ただし放浪癖を持っている。

PS版ではルートによってマリー心を抱くようになるがその想いが実ることはなく、そのせいか続編の『テイルズ オブ デスティニー2』では未だに独身である。リメイクPS2版ではマリー心を抱く描写はないが、それとは別に王であるに対してのコンプレックスや王位継承への苦悩などの心情がより細かく描かれている。また、博識さを活かしクイズマニアというキャラも追加され、フィリアとは良きライバルとなった。ただし両者ともクイズは得意でもなぞなぞは苦手。とあるサブイベントでは『テイルズ オブ シンフォニア』のキャラクターであるクラトスクイズ対決をする展開がある。

ネタキャラとしての扱い

そんな彼だが、ファンの間では「空気王」というあだ名が付けられている。
彼は物語序盤にパーティに加入するもののその時は一時的な参戦であり、本格的にパーティキャラとして扱えるのは中盤以降になるのだが、あろうことか再加入時に相応したレベル調整などがされておらず、初期レベルのままの加入という嫌がらせのような仕様によってベンチ入りされがちな不遇キャラなのである。また、シナリオの関係上彼の武器であるイクティノスが使用可になる時期が遅いので、より一層ベンチを温めてしまう。

その他、PS版では「なに、気にすることはない」という台詞が妙に多いことから主人公のスタンにネタにされ、彼を表現した顔文字川´_ゝ`)」と合わせ「川´_ゝ`)なに、気にすることはない」というネタファンの間で流行してしまい、本人は至って善良な完璧超人キャラであるにもかかわらずファンの間ではネタキャラ扱いされてしまっている。

ただし、扱いが不遇なだけであって彼自身は決して無能なわけではないレベルを上げれば非常に強な技を習得するし、の同時装備など元来キャラは高い。また、PS2版では再加入時のレベルはしっかり調整されていることや、PS2DCディレクターカット)版ではイクティノス入手前から術が使えるようになっていること、その他オリジナル版で不便だった様々な点は解消されているため、しっかりと戦えるキャラとなっている。ネタにされている口癖も、PS2版からは一切言わなくなった

だがしかしスタッフは彼を救済しておきながら何故か新しい嫌がらせ調整を行っていたのである
PS2版から、キャラごとの固有スキルとして「サポートタレント」というものがある。これは戦闘に参加しないキャラに発生する特殊スキルで、隊列で5番にいるキャラのものが発生する。例えばスタンなら、HPが自動回復したりが時間経過によって上位の物に変化する「寝押し」というスキルがある。これについて、ウッドロウスキルは「警」というもので、常時敵とのエンカウント率を低下させるスキルなのだが、このスキル「ホーリィボトル」という安価で手に入るアイテムと効果が同等だったりする。しかしそれでも、ホーリィボトルを購入したりわざわざアイテム欄を開いて使用せずとも自動で効果が出るため、ホーリィボトルより「警」の方が有用性は高いと言える。
だがPS2DC版において、ホーリィボトルの効果が強化され「エンカウントなし」となったのである。これに対し「警」の効果にも調整は入ったのだが、こちらは全にエンカウントをしなくなるような強化はされておらず、それにより「警」よりホーリィボトルの方が有用性が高くなってしまった。「警」は効果が常時発生なので、その点においては効果時間が一定のホーリィボトルより勝ってはいるものの、先述したようにホーリィボトルは安価で購入でき尚且つ買わずとも宝箱などからも入手できるので、やはり効果の点でべられ「警」は不遇スキルとなってしまったのである。
また、同じくPS2DC版で追加された
シナリオリオンサイド」では、クリア後に行けるようになる隠しダンジョンで彼はあろうことかイクティノスを装備していない。そのためまるでバグのような弱体化キャラになってしまっており、またもやベンチ入りキャラ筆頭となってしまった。折救済されたのに結局非な仕打ちに遭わされる彼には同情を禁じ得ない。

ちなみに「空気王」という呼称はファンの間で使われる称であり、その他ネタにされている点も決して彼を貶す的で使ってはいないし使ってはならないことを留意されたし。川´_ゝ`)「ここは気にするとこだぞ」

余談

外見が『テイルズ オブ リバース』のヴェイグと似ており、そのことが『ビバテイルズ オブ ゴールデングミ編』において公式ネタ扱いされている。『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』内のスキットでは両者が対面し、互いに「似ている気がする」と言い、チェルシーティトレイが両者を見間違えて呼びかけるというシーンがある。 

関連動画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ウッドロウ・ケルヴィン」で検索
急上昇ワード2018/01/22(月)13時更新
>>もっとみる