mainmenu

globalmenu

    オブジェクト指向単語

    オブジェクトシコウ

    掲示板をみる(41)

    5

    オブジェクト指向とは、プログラムひいてはシステムにおける構成要素を
    オブジェクトとして捉える概念である。

    プログラミングにおけるオブジェクト指向

    オブジェクト指向におけるプログラミングとは特定データ構造と振る舞いを持つものを全て物体(オブジェクト)として捉える概念である。

    オブジェクト指向では、システム上における、構成要素を分析し、その特徴をまとめてクラスとして定義する。プログラム実行時にクラスの中身としてのデータ群を具体的に決定し、メモリ上にそのデータ群をまとめて配置した塊をオブジェクトと呼ぶ。
    クラスにはそのオブジェクトが、どのような内部状態を持つか、どのような操作でどのように内部状態を変化させるべきかを記述する。クラスの構造がプログラム実行前に静的に決まって変更できない言と、実行時であってもクラスの構造の変更を行える言が存在する。

    オブジェクトが作用しあって、その内部状態を互いに変化させながら処理が進行するようなプログラムを作ることがオブジェクト指向プログラミングである。オブジェクト指向と呼ばれる言を使用したとしても、必ずしもオブジェクト指向プログラミングとなるわけではない。

    オブジェクト指向プログラミングにおいて、クラスの概念を持つ言プログラミングする場合がほとんどである。しかしクラスというものを排除してオブジェクト指向を実現した言(SelfLENSなど)も存在する。

    三大要素

    カプセル化

    オブジェクト内のデータを隠蔽することにより「振る舞い」のみに意識させるために行う。

    継承(インヘリタンス)

    オブジェクトの機を引き継ぐことをす。

    多態性(ポリモーフィズム)

    オブジェクトの詳細な実装が異なっていたたとしても共通した呼び出しで利用することが出来る

    掲示板

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/18(水) 15:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/18(水) 15:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP