mainmenu

globalmenu

    オーストラリア単語

    オーストラリア

    掲示板をみる(298)

    11

    基本データ
    名称 オーストラリア連邦
    Commonwealth of Australia
    国旗
    国歌 公正なるオーストラリアよ、前進せよ 
    ゴールデン・ワトル
    マメアカシア属) 
    エミュー
    公用語 英語
    首都 キャンベラ(Canberra)
    面積 7,686,850k世界第6位)
    人口 2300万人(世界51位)
    通貨 オーストラリア・ドル(A$, AUD)

    オーストラリアAustralia)は、南半球に浮かぶオーストラリア大陸な領土とする国家豪州とも。

    概要

    大陸の一つであるオーストラリア大陸のすべてを領土とする国家。人口は2300万人程度とそれほど多くはないが、面積世界第6位。人口密度が最も低いの一つである。オセアニアに区分されるが、場合によってはアジアに区分されることもある。

    正式名称はCommonwealth of AustraliaCommonwealth連邦と訳される。

    オーストラリア国旗には、土が南半球にあることを示す南十字星イギリスとの結びつきを示すユニオンジャックが描かれている。

    形式的な元首は英国女王で、実質的な元首は総督。
    オーストラリア政府が選んだ人を英国女王が総督に任命する。
    総督は政治に関わらない名誉職で、儀礼的存在。
    政治首相が中心となって行われる。

    地理

    面積日本20倍なのに、人口は約6分の1。その人口のほとんどが、シドニー、メルボルン
    ブリベン、アデレード、パースといった沿部の大都市に集中している。
    都市は人口密度がそれなりに高いのだが、内陸部にはまるで人が住んでおらず、非常に人口密度が希薄。

    内陸部のことをアウトバックと言い、1000km級の道路が延々と地平線の先まで続いている。
    周りを見ると人の集落など全く見えない、というのがしくない。そして、カンガルーなどの野生動物気での前を横切り、ドライバーを驚かせる。「カンガルーに注意」の道路標識もある。

    首都キャンベラ。キャンベラから見て北東にシドニー、南西にメルボルンという2つの大都市がある。
    首都がキャンベラに決まったいきさつは、オーストラリアイギリスから独立する際に、シドニーとメルボルンのどちらを首都にするかでしい争いが起こったためである。キャンベラはカナダオタワトルコアンカラと並んで「は知ってるのに首都は知らない」という状況に陥りやすいかわいそうな都市

    土のほとんどは砂漠も少ないために、よく不足になる。オーストラリア民家には雨水をためるためのタンクが備え付けてあることが多い。

    砂漠から吹き込む熱のせいで、シドニーでもメルボルンでもときおり40度をえる高温になる。
    またそういう日は空気燥し、山火事が起こりやすくなる。オーストラリアでの山火事は頻繁で、現地人の悩みの種。燥がしいときは「Total fire ban(火気厳禁)」という注意報が出て、野外で火を使うことは一切禁止されてしまう。

    日本とは対照的にプレートのん中にある大陸なので、地震火山活動も少ない。10数億年前の化石とか気で出てくる。

    日本南に位置するために日本との時差がほとんどい。時差ボケ旅行初日をベッドで過ごすリスクを負わずにすむのは、オーストラリア旅行の最大のメリットの一つ。

    自然環境

    長年に渡り地理的に孤立した大陸であったため、オーストラリアには独特な生態系が存在している。オーストラリア哺乳類爬虫類の9割近くは固有種である。

    コアラカンガルーカモノハシ
     オーストラリアにはしくて可くてヘンな動物がいっぱい。くたびれたコアラみたいな「ウォンバット」や、レモン味のアリレモンアント」、殺人クラゲの「キロネックス」など、他じゃ見られないしい動物がたくさんいる。オーストラリア大陸地理的に隔離されていたために、独自の進化を遂げたと考えられている。

    グレートリアリーフ
     日本語では大堡礁(だいほしょう)。GBRとも。クイーンズランド州沿に広がる世界最大の珊瑚礁。世界中のダイバーが一度は行きたいと思うダイビングスポット。ほんとにため息が出るほど綺麗な珊瑚礁。最近温暖化でいろいろやばいらしい。

    エアーズロック
    常識外れにでけぇ岩。それだけだがこれだけの大きさになると流石に凄い。最近は原住民の呼び方である「ウルル」と呼ばれることも多いみたい。行き帰りでものすごく時間がかかるので、パッケージツアーなどでは行けないことも多い。ちなみにこの周辺は色の大地だが、これは地表の鉄分錆びたもの。

    国民

    オーストラリアは他の移民国家と同様に多民族国家である。民の8割以上はヨーロッパからの移民ルーツを持つ人である。残りはアジア系や先住民族アボリジニで占められる。かつては白豪主義と呼ばれる差別的な政策がおこなわれており、人以外の移民は禁止されていた。また先住民族であるアボリジニへの迫も長年に渡り行われていた。

    1972年白豪主義政策が撤されてからは、中国系を中心にアジアやその他の地域からの移民も受け入れるようになった。2008年になり、オーストラリア政府はアボリジニに初めて公式的に謝罪した。現在は多文化・共生社会を謳うオーストラリアであるが、その歴史はそれほど長くないとも言える。

    なおアボリジニとはオーストラリア原住民の総称で、単一の部族をす言葉ではない。各地にあるアボリジニ文化センターなるセンターでは、伝統的なアボリジニの文化について知ることができる。ディジュリドゥやブーメランアボリジニアートなどの工芸品はお土産としても人気

    食事

    BBQはオージーのソウルフード民食ともいえるほど生活に溶け込んでおり、週1のペースBBQをする。どこのにもBBQ用のコンロ(たいていはガスボンベ付き)が置いてあるだけでなく、公園などにも備え付けのBBQコンロが置いてあったりする。ガス代は税で出してるっていうぐらいだから、オージーのBBQ好きはたいしたものである。ちなみにBBQを作るのはオーストラリアでは男の仕事

    オーストラリア人はビール好きが多い。日本ビールよりもドライで、アルコール度数低めのものが多い。チューハイはないが、各種ウィスキーラム酒コーラ割り、スミノフアイスなどが売られている。特にバンダバーグという白熊ラベルがついたラムコーラ割りにしたドリンクが非常に美味い。

    レストランカンガルーステーキが出てくる。カンガルーは現地人にとって農作物を食い荒らす害獣で、
    狩ることを推奨されている。スーパーにもカンガルーが並んでいる。

    メシマズ国家イギリスから人を受け入れたなのでお料理の腕前はお察しであり、オーストラリア在住経験者のブログには「オーストラリアの食事はいまいち」という文章が多く並ぶ。

    畜産

    オーストラリアは畜産大で、牛肉羊肉を大規模に生産している。

    英国植民地だった19世紀のころから、を放牧して羊肉羊毛を利用する産業が盛ん。
    英国オーストラリアを往復するには長い航となるが昔は冷凍船がなく、長持ちするめられた。
    常温で長持ちする羊肉の生産が発展していった。

    さらには牛肉の生産も盛んで、オージービーフとして全世界に輸出している。
    広大な農地のため、バイク自動車、さらにはヘリコプター飛行機を使ってを追って飼育する。
    ヘリコプターを追う「ヘリコプターカウボーイ」の動画は多い。動画1動画2動画3

    この反面、漁業はあまり発展していない。巨大な河川が少なく、河川からに流入する栄養分が貧弱で、
    が少なく漁業は不向きである。広大な排他的経済域から考えると漁業生産が非常に少ない。

    オーストラリア捕鯨反対に熱心なのはここら辺に一因があり、漁業食があまり身近でないので
    捕鯨に共感が湧かない。

    また、「が流行して畜の売り上げが落ちては困る畜産業界が捕鯨反対の後押しをしている」という
    陰謀論まで飛び出す始末である。
    この陰謀論偽はともかく、オーストラリアの畜産業界が同重い地位にあること自体は事実である。

    スポーツ

    オーストラリアスポーツで、様々なスポーツ人気。人口に対する五輪メダル獲得率も
    世界トップクラスで、政府のスポーツ政策も熱心そのもの。

    英連邦の一員らしくラグビークリケット競馬が盛ん。
    バスケテニス水泳モータースポーツ(特に二輪のMotoGP)でも世界的選手を生みだしている。
    東海ではマリンスポーツ人気

    オーストラリアンフットボールというラグビーを元に作られた球技が一番人気スポーツとなっている。
    広いフィールドをひたすら走る運動量の多い競技。とにかく観客動員が高く、10万人のスタが埋まる。

    サッカー人気最上位ではないが、ご存じの通りなかなかレベルが高い。
    サッカーオーストラリア代表日本代表の好敵手になっている。

    オーストラリアナショナルカラー色とで、のワトルの黄色の葉が由来。
    際試合に出るスポーツ選手はたいがい色を代用した黄色色のユニフォームを着ている。

    日本との関係

    日本オーストラリアは、経済面では日FTAを締結するなど非常に友好的な関係を保っている。世界でも有数の富裕であるため、日本からワーキングホリデーとして働きに出る人も多い。一方、捕鯨問題では大きく対立している。

    捕鯨問題では反捕鯨の代表的国家であり、好感度を下げる要因になっている。「を殺す日本人は、銛を刺して殺しましょう」なんてCM制作されたようだ。論、知日・親日的な人も多いのでそっちと仲良くしましょう。

    ちなみにアメリカ調査会社が行った好感度調査によると、オーストラリア人の8割が日本に好意的であり、捕鯨問題の対立を考慮すると日本への好感度は以外にも高いといえる。

    欧州の国と・・・

    オーストラリアパース造幣局は世界的に知られるカンガルー貨を発行しているが、同じ貨でも楽器が描かれたウィーン貨を発行しているのはオーストラリアではなくオーストリアAustria)である。

    日本英語圏ではこの両者が混同されることがしばしばあり、それがネタとして利用されるケースも存在する。

    関連動画

    関連商品

    関連項目

    掲示板

      • 296ななしのよっしん

        2018/03/06(火) 17:42:32 ID: Fd1B0Pt+xl

        有袋類

      • 297ななしのよっしん

        2018/03/21(水) 02:26:59 ID: /4HQwji0bg

        オーストラリアインドネシアって地図だと近く見えるけど接触とかあったのかな?
        さすがに丸木舟だと理だろうけどもうちょっとちゃんとした船ならなんとか

      • 298ななしのよっしん

        2018/03/23(金) 23:59:12 ID: ogmzPzclrQ

        日本べたら軽症すぎて
        こっちはメディア政党乗っ取られてんで

    急上昇ワード

    最終更新:2018/05/27(日) 10:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/05/27(日) 10:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP