ニコニコ大百科

コンボイ司令官が爆発する!

コンボイ司令官が爆発する!とは、アニメ戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー」の名台詞である。

おい、なんだあの概要は!

第6話「SOSサイバトロン」の冒頭にて、兵器開発工場の爆発ジェットロン部隊の集中火で大ダメージを受けたサイバトロン総司令官コンボイ。何とかサイバトロン基地に帰還したコンボイだったが、損傷はかなり酷く、技術者ドラッグ令官はもうダメなんだ」悲観する程の状態に陥っていた。サイバトロンに協する人間スパイク・ウィトウィッキー「何かきっと手があるはずだよ!」と懇願するが、彼のであるスパークラグには「ワシには分からんよ!」と答える事しかできなかった。

一方、デストロンの破壊大帝メガトロンは、コンボイトドメを刺すべく、カセットロン部隊の空中攻撃兵コンドルサイバトロン基地へ派遣する。ザル警備のお陰で潜入に成功したコンドルは修理中のコンボイを発見、メガトロンの命令で不意討ちを仕掛けた。

コンドルに気付いたサイバトロンたちは「なんだあのは!」「コ、コンドルだ!」「く止めなさい!」などと叫ぶが、何故かコンドルを撃つこともコンボイをかばうこともしない。普段の血の気の多さはどこへやら。

結果、コンドルの放ったレーザーコンボイの胸部の内側を直撃し、しく炎上を始める。危険を察知したチップ・チェイス何故か車椅子で近づきながら「大変だ!令官は中枢部をやられた!きっと爆発してしまうよ!」視聴者への説明感丸出しのセリフ警告。更に技術者ホイルジャック「みんな下がれ!く!コンボイ司令官が爆発する!と絶叫。サイバトロンの一同が彼らの言葉に促されて後ずさる中、コンボイ「ほあああああっ!!」断末魔の悲鳴を上げながら爆発事実上の主人公であるコンボイが重傷を負い、さらに胸部を撃たれて爆発炎上するという笑劇的……いや、衝撃的な展開を迎える中、Aパートは終了する。

続くBパートは、政宗一成ナレーションと、スパークラグ「みんな怪はないかね」というコンボイの安否を全く気にかけていないかのような発言と共に幕を開ける。がしかし一番のポイントあれだけ手に爆発したコンボイが生きていることだろう。死にした彼を修理する為に、サイバトロン戦士地球の協者達の共闘が始まる。

……これらの展開はかなりシリアスなはずなのだが、両営のどこかズレた言動やご都合主義としか言いようのない各キャラの行動、コンボイ役を務める玄田哲章による迫真の絶叫演技、あまりにタフすぎるコンボイの生命などが合わさり、ニコニコ動画では抱絶倒のギャグシーンとされている。

余談だが、後に開される劇場版トランスフォーマー ザ・ムービー』において、コンボイは本当に死を遂げてしまうのだが、その際の死因が『損傷していたメガトロンが放った光線銃が数発命中した』というものだった為、ファンからは「なんで中枢部が爆発しても生きてたのに、その程度で死ぬんだ」と言われる事がある。なお、本作では爆発する事はく、静かに息を引き取った。

か、関連動画だ!はやく止めなさい!




MAD

大変だ、関連コミュニティは中枢部をやられた!きっと爆発してしまうよ!

みんな下がれ!早く!関連項目が爆発する!

ほわああああああ!!!!!!!!!

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「コンボイ司令官が爆発する!」で検索