ニコニコ大百科

ゴルドン

ゴルドンとは、特撮テレビ番組「ウルトラマン」に登場した怪獣である。

全身色の首長のような見たをしている。作中に2体登場。

地底を時速150キロで進むことができる。食は

実はデータに表記されている身長が初代に登場する怪獣の中で一番大きい。体重も3番

黄金怪獣ゴルドン
登場作品 ウルトラマン
登場エピソード 第29話「地底への挑戦」
身長 65メートル
体重 6万トン

概要

第29話「地底への挑戦」に2体同時に登場。

埋蔵量日本一金山大田山のを数カ食。一体が地上に出てきて、室生町を破壊する。

その後片方は地底でペルシダーの攻撃を受け地上に出た後、科学特捜隊のコロナ弾とスーパーショットで倒される。

もう一体も同じように地上に出てきてこちらはウルトラマンと戦闘。
長いしっぽウルトラマンの首を絞めるなどして戦うが、自分のしっぽを首に巻きつけられ最後はスペシウム光線で倒された。

など、ややマイナーながらもロマンあふれる怪獣である。

死体から取れた純金150トンにも上る(ゴルドンの一体6万トンの体重からすればかなり少ない気がするけど)

体はで出来ている

I am the bone of my gold

空想科学読本での扱いについて

空想科学読本2巻で、作者柳田理科雄氏が「最も地底怪獣に適した形態」を持つ怪獣としてこのゴルドンを挙げている。(というか地底怪獣に分類される怪獣たちの揚げ足を取っていったらゴルドンが残った)

さらにゴルドンを移動しながら食べると仮定して、1日に食べるの量と、金山に含まれるの密度をべると、なんと時速149キロという計算結果になるらしい。

空想科学読本は「科学を身近にわかりやすく」をテーマにしているため、あまり真剣に考えることは良くない。

その他のゴルドン

怪獣バスターズ

ニンテンドーDS専用ソフト怪獣バスターズ」には、通常のゴルドンに加えて色変え増し要員として変異種として銀色の体を持つ「ゴルドン(シルバー)」と色の体を持つ「ゴルドン(ブロンズ)」が登場する。2体とも別名は「黄金怪獣」のままで身長、体重も通常種と変わらない。

関連動画

ちなみにゴルドンウルトラマンスーツBタイプが戦った最後の敵である。

スーツもくたくたになっている。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

この記事について

ツイート

「ゴルドン」で検索