mainmenu

globalmenu

    サウザー単語

    サウザー

    掲示板をみる(430)

    12

    曖昧さ回避 サウザーとは、
    1. J.D.サウザー - アメリカ出身のミュージシャン
    2. 劇場版ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』に登場するキャラクター
      クウラ機甲戦隊
    3. レタス
    4. バハムートラグーン』の登場人物。
    5. 金色のガッシュ』の登場人物。
    6. 漫画北斗の拳』の登場人物。
    本項では、6.について記述する。

    サウザーとは、『北斗の拳』に登場する南斗拳伝承者、架の登場人物である。

    概要

    南斗六星帝王・ひいては独裁のである「将星」をる人物。一子相伝の拳、南斗鳳凰拳伝承者にして、南斗六最強の闘士。
    (作中で将星南十字星との記述があるが、南十字星南斗六星は全くの別物である。けど、こまけぇこたぁいいんだよ!!

    知略と暴虐によって広大な領土を支配して「聖帝」を名乗り聖帝十字陵なるピラミッド状の建造物を作らせていた暴君であり、「大人を徴用すると反逆の可性を生む」と言う理由から、幼い子供のみを奴隷として使役していた。
    単純な武暴力によって制圧する以外にも、を入れた食料をわざと流して反抗勢に確保させるなど、知略的かつ残虐な策略も駆使する。

    彼の用いる南斗鳳凰拳は(彼に言わせれば)「敵は全て下郎」と言う理由から防御という概念がなく、ひたすら攻撃、制圧前進に特化した拳である。さらに、「構え」すら防御の一種であるとしているため構えを持たず仁王立ちで戦う。
    ただし、自らの存在を脅かす、対等と認めるに足る強敵が現れた時のみ、南斗鳳凰一の構えにして義である「十字」を使う。この技は、を舞う一枚の羽となることで敵の攻撃を全に受け流すという、南斗版無想転生とも言うべき技である。

    また彼はその拳の強さに加えて、「体内の全臓器が表裏逆の配置になっている」と言う特異体質(一般的に内臓逆位と呼ばれている)であるため通常の人間とは秘孔の位置が全く異なっており、ケンシロウサウザーと初めて対峙した際は北斗神拳の秘孔が全く通用せず、一度は全な敗北を喫した。その際サウザーが「貴様はこの体に流れる帝王の血に負けたのだ。」と言っているが、これはこの特異体質をしているものであるとされる。

    オフシャルガイブックには秘孔の位置が左右逆であること南斗鳳凰拳の伝承者になる条件と書かれているが、この設定もどこまで信用したものかは微妙である。内臓逆位の人間は極々稀にしか生まれない(実在の人物で、今までに内臓逆位である事が明らかになっているのは両手ので数えて足りてしまう程しかいない)ので、常識的に考えて次の伝承者補が見つかるより先に伝承者の寿命が尽きてしまう。
    また、北斗の拳の設定は例によってオフシャルですら文献によって変わる上に、原作においてもストーリー進行にともない変化するため、全面的に信用すべき内容ではない。読者は設定変化の激流に身を任せ同化する必要がある。

    ケンシロウを退けた後は「仁」のシュウを策略にかけ、聖帝十字陵の頂上へ最後の石を運ばせた上で殺した。シュウが生贄となったことで聖帝十字陵は完成シュウを追ってきたケンシロウ聖帝十字陵にて決戦に臨んだ。

    ケンシロウとの決戦直前、徴用していた子供の一人が物でサウザーを刺した際、
    「見ろこのガキを シュウへの思いがこんなガキすら狂わす!!」
    ゆえに人は苦しまねばならぬ!! ゆえに人は悲しまねばならぬ!!」
    と、血も涙も暴君だと思われていたサウザーにほんの少しだけ残った情を垣間見せた。

    なお、彼を徴する内蔵逆位の設定だが、世紀末を過ぎた現代日本東京理科大学において、ショウジョウバエを基にした内臓逆位の遺伝子が特定された。
    しかし、その遺伝子を発見した中心人物が、北斗ファンの学者であったため、その遺伝子は「サウザー遺伝子(Myo31DF・souther)」と名づけられた。
    その後、学会で発表された際に会場がリアル破顔に包まれたのは言うまでもない。もうやだこの国

     

    悲しい男よ……。誰よりも愛深きが故に……。

    将星り、本来ならば南斗六拳のリーダーとなって乱世に立ち向かうべきであったろう彼が、乱世にいちく心を狂わせ、血も涙もない独裁者となったのには理由があった。

    かつて孤児だったサウザーは先代の南斗鳳凰拳伝承者のオウガイに拾われ、伝承者となるべき子供して育てられた。サウザーは厳しいながらも深い情を注ぎ続けたオウガイを実ののように慕い、また拳の子としてもその才を遺憾なく発揮し、師への期待によく応えた。

    彼が15歳になったある日、長い年を通じて行われた修業の集大成として「継承の儀」を受けることとなったサウザーは、オウガイ隠しをされ、「これから襲ってくる敵を倒せ」と命じられた。師の言いつけ通り、その敵を南斗鳳凰拳で倒したサウザー隠しを取ると、そこには彼の拳によって屠られたオウガイの姿があった。

    実の以上に慕っていたオウガイを、一子相伝の宿命とはいえ己が手にかけてしまったサウザーは、ゆえの哀しみ・苦しみに慟した。

    こんなに苦しいのなら…悲しいのなら……などいらぬ!!

    それ以来、彼は己の野望以上に、というを徹底的に嘲笑い踏みるためだけに生きる暴虐のと化してしまった。しかし愛してやまない師・オウガイへの思慕そのものは捨てきれなかったようで、それが拠に彼は自らが手に掛けたオウガイの遺体を保管しており、建造していた聖帝十字陵はそのオウガイの墓として建造されたものであった。

    ケンシロウと2回の戦いの際は、南斗鳳凰儀にして一の防御技「十字」によってケンシロウに善戦したものの、内臓と秘孔が表裏逆という体の秘密を見抜かれ、北斗神拳義・破活殺によって秘孔を突かれ致命傷を負う。それでもなお「帝王に逃走はいのだ」と立ち向かうも、深きゆえにを棄てた心の内を見抜かれ、有情の拳である「北斗有情猛破」によって決着。その際に放った一言「退かぬ! 媚びぬ! みぬ!」という、所謂帝王三原則は『北斗の拳』を知らぬ者にも有名。

    暴君である自分すらも哀れみを持って見送るケンシロウの情に触れた彼はやっと正気に戻り、さらに「お前ゆえの哀しみや苦しさ以上に、ゆえのぬくもりを覚えているはずだ」と諭される。その言葉に人間としても敗したことを悟ったサウザーは、子供の頃の邪気な顔に戻り、大好きなお師さんの遺体に縋りながら息を引き取った。直後、聖帝十字陵の頂上からシュウの血が涙の如く流れ出し、それに呼応するように聖帝十字陵も崩壊、これによって乱世に運命を狂わされた南斗六拳はほぼ壊滅した。

    にははははは

    AC北斗の拳にも登場。

    サウザーと言えば特異体質であり、ケンシロウの「北斗残悔拳」を食らっても「カウントは出るが0になっても何も起こらない」という形で再現されている。が、醒鋭孔や刹活孔など、その他の秘孔は普通に食らってダメージも効果も表れる。
    また同じく、「秘孔やられ」と言うヘヴィーストライクなどを食らった後のよろけ状態の硬直も他キャラべて短い[1]

    必殺技では、シュウを倒したところを再現した究極義「聖帝十字陵」がある。ピラミッド頂上に相手を押し上げ、石碑を相手の頭上に落として潰す。追加入を投げつけることができる。また、この投げは単独の必殺技としても存在している。
    他には「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」のセリフと共に前身しながらり付ける「極十字拳」などがある。

    一撃必殺技義・十字があてられているが、これは元々防御技であるため、へ舞い上がり、巨大な鳳凰の闘気をぶつける」という全く別の技になっている(技に入る時のモーションだけは、原作で十字稜頂上で十字を発動した際の動きが再現されている)。サウザーステージでこの技を決めると、オウガイの幻影が現れ、それをサウザーが見上げるという特殊な演出がなされる。
    ニコニコ動画では、この時現れたお師さんに喋らせるようなコメントが付いていることが稀によくある

    としては、南斗鳳凰拳の名に恥じぬが付くほどに攻撃特化したキャラとなっている。

    特に一番下が表しているように取り性が非常に高いため、1ラウンドで較的容易にを7つ取る事が出来る。このため、1ラウンドに大暴れして2ラウンド「1発何か差せばそのまま一撃に繋いでテーレッテーが可である」というまさに前進制圧の南斗鳳凰拳の名に恥じぬ凄まじい攻め性を誇る。

    反面、防御はそのものとしか言いようがない。

    「防御のを持たない攻撃特化の拳」という設定であるため、マミヤと並んでガードランクや防御最低クラスであり、同キャラを含め全員からガードクラッシュを食らう可性がある上、気絶までしやすい。
    さらに切り返しにも乏しいため、一発刺さればそのまま凄まじい勢いで体を削られて最悪即死する。
    このため、「制圧前進の拳」と言いつつも「攻撃に特化せざるを得ないだけ」という側面もある。

    それでも攻撃性は凄まじく、本人のスペック自体は非常に高いために稼動初期は圧倒的な一強であった。
    しかし、現在ダイヤラムでは中の下あたりの位置」とされる。しかし渋谷では何故かサウザー一強のままである。

    なぜなら上位キャラであるトキに対して致命的に相性が悪いからである。

    トキは固めが異様に強いため(というかトキは全部が強いんだが)、固められているだけでガークラ危機。かといって切り返そうにも切り返し技に乏しいためガーキャンぐらいしか対応出来ない
    ガードしていてもガークラの危険があるので、例え固め崩しが見えていても理して暴れないといけなくなる状況があり、そうして理して暴れても通らない事が多い。つまり暴れても暴れなくてもダメという詰み状況が多発する。ガーキャンなら理して暴れるよりはマシだが、ゲージければガーキャンはそもそも使えない。ガードゲージの削られを防ぐためにオーラガードをしていればオーラゲージが減るので余計にガーキャンがし難くなる。
    そうでなくても北斗のガーキャンは他ゲーのガーキャンよりも低性な傾向にあり、見てからガードが間に合ったりする事が多い上、トキはただガードするに留まらず、当て身でガーキャンを取られる可性があるという有様である。ガーキャンを当て身で取られた場合は並体キャラでも8割以上、ゲージ量やプレイヤーの熟練によっては即死までありうるほどの追撃を叩き込まれるが、体のが少ないサウザーが食らえばどうなるかは言うまでもい。
    以上の事は全て蓄積が乗っていない状態での話であり、ワンコンボ決められてある程度の蓄積を載せられた状態で固められたらどこで暴れようなんて考える暇もくあっという間に割れ。挙句の果てには固められるよりも前から立ち回りの要である飛び道具も跳ね返されてしまうため安定した攻め手が非常に少ない。
    「触られたら負け」
    とはよく言ったもので、まさに踏んだり蹴ったりである。

    他の4強(レイユダラオウ)に対しては非常に有効な専用の崩し連携があったりで、「先に触ってそのままハメ殺す」と言う流れを実現しやすく、意外とワンチャンはある。ただしワンチャンで即死してしまう危険性がこちらだけ段違いに高いのは変わっておらず、トキよりはマシと言うだけで総じて不利ではある。
    もっとも、4強の中でもトキとそれ以外では生息数的な意味でも結構な差があり、トキ以外に多少マシだったからどうなのだというレベルなのだが・・・。

    以上のことから、スペック上では決して弱キャラではないのだが、守りに入ると即座に死が見える。ハート様相手だと立ち回りでは7:3が付くほど有利なのに、ハート様火力の高さとサウザーの防御の低さのせいで、1回の事故で体が7割消し飛んだりする事が頻繁に起こる。
    このため、「攻めている間は強キャラなどと揶揄される。

    Q. 聖帝なんですぐ死んでしまうん?
    A. ゆえに…

    使い手としては闘劇08にサウザー一の出場者であるひげの他、えぐれホタテ、ひよわ・本厚木・徳(敬称略)が有名。天才プレイヤーサブとしてサウザーをよく使う。中野サウザー?聞こえんなぁ~。

    MUGENでは

    MUGENではAC北斗の拳のようにワンミスで即死したり延々と固められて殺されるというような心配は少ないため、相手が世紀末病人やら製作者に愛されてるキャラのようにAC北斗の拳並みの凄まじい性キャラや、盲目の闘将のようにガチガチに固めてくるキャラい限り、高い攻撃と制圧、そして高速テーレッテー類の強さを発揮することができる。

    タッグ戦で「聖帝十字陵」を放つと、高確率で画面がズレてしまうため「姉歯」などと呼ばれたり、タッグで一撃必殺を放ち、一人のみ命中するとそのまましゃがみこんでしまったりする場合がありこの状態は「お師さんの顔を思い出せなくなっている」等と言われたりする他、ストーリー動画では「などいらぬ」の台詞がよくネタにされ三枚となることも多い。

    余談だが「と性サウザー、見たレミリア」という「聖帝レミリア」なるキャラもいる。

    北斗無双

    北斗無双では特異体質が秘孔状態になりにくいという形で再現されている。

    初期値が全キャラ中で最高であり、使用可になった時点から制圧前進することが可となっている。
    固有体術は高笑いとともに自分の周囲に南斗属性の衝撃波を出すというもの。攻撃からのキャンセルが可なので、隙を消すのに非常に便利。高笑いしただけで周囲の敵を切り刻むとはさすが聖帝である。

    伝承義は極十字拳と聖帝の慈悲が高性
    十字拳は前方の敵を引き付けた後に手→蹴りを浴びせる技で、初期から使用可なうえに雑魚殲滅に有用、ボスに対しても最初の吸引にガード崩しの効果があるために使いやすい。
    聖帝の慈悲はシュウを殺したあれを再現しており、前方にを投げる。これは高ダメージである上にガード効であり、攻撃を上げればどんな固い敵であろうと2回使えば倒せるほど。
    伝承義はこの2種類さえあれば他の義はいらないと言えるほどである。他にはを起こし、義の後は見切り状態になあることができる霆などがある。

    ・伝承義もやはり高性レベル1の極十字衝破の時点で極十字拳と同じ範囲に攻撃でき、さらに中ボスの体も一気に削れるうえに、レベル2の鳳凰炎舞は前方のかなり広範囲に攻撃することができる。レベル3の落破はさらにダメージアップするが、狭い範囲だとやや安定しないという欠点がある。

    歴代担当声優

    関連動画

    関連商品

    関連項目

    脚注

    1. *秘孔やられが最も短いのはサウザーではなく、特異体質の脂肪によりそもそも秘孔を突くことが難しいハート様サウザーは2番に短く、その他の8キャラは全て同じ。

    掲示板

      • 428ななしのよっしん

        2018/04/20(金) 07:07:42 ID: G4inKVsL/3

        まあレジスタンス側(シュウ側)に子供いるのに関わらず入りの食糧入れる子供死なせてるし
        でもサウザー奴隷となった子供を殺している描写はないんだよな
        ターバンのガキなんてジャギアキ殺した時みたいに
        「あ、これ死んだわ」って思ったもん

      • 429ななしのよっしん

        2018/04/20(金) 13:57:48 ID: saizZAb2tR

        冗談抜きで鳳凰拳だけは向いてなかったよな
        拾ったオウガイの流が、南斗の中でも異質な流だったのが悲劇を招いた
        まあメンタルは弱い方だし、師匠事でも
        別の悲劇にあって結局は聖帝コースかもしれんが

      • 430ななしのよっしん

        2018/04/20(金) 22:56:19 ID: SeEqc+4vA9

        確かにサウザー自身が民衆に直接手を下すようなシーンはないんだよな
        などいらぬ」ってキャラで生きると決めちゃった手前、部下のモヒカン達の虐待は放任してるけど
        本当は子供を自らの手に掛けるような事はできなかったのかもしれないな

        入り食糧作戦は、結果的に子供1人しか亡くなってないから
        聖帝軍としては失敗なんだろうけど、後日シュウアジトを襲撃してる所を見ると
        実は入り食糧をわざと奪わせるついでに、後をつけてアジトの場所を突き止める作戦だったのかも
        全滅したらラッキー、そうでなくても後日アジトを潰せばOKみたいな)
        聖帝様のお口に合わない食べ物にを入れて利用すれば一石三だしw

    急上昇ワード

    最終更新:2018/04/21(土) 07:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/04/21(土) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP