mainmenu

globalmenu

    スーパーロボット大戦K単語

    スーパーロボットタイセンケー

    掲示板をみる(650)

    1

    スーパーロボット大戦Kとは、バンダイナムコゲームスバンプレストレーベルから発売されたSRPGである。
    略称スパロボK2009年3月20日発売。

    概要

    ニンテンドーDS向けのスパロボとしては2作である。
    携帯機版スパロボの例に漏れず今作も前作『スパロボW』とは物語上の繋がりはない。

    今作の大きな特徴として、参戦作品が2000年代中心のラインナップ、若年層向けであるということがあげられる。
    初登場作品は『蒼穹のファフナー』『ガン×ソード』『ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU』『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』『鋼鉄神ジーグ』『機獣創世紀ゾイドジェネシス』で、6作品全てが2000年代の作品である。
    70年代からは『マジンガーZ』、80年代からは『ダンガイオー』が参戦しているが、90年代からは一作も参戦していない。
    ゾイド』は版権の問題上、参戦が難しいと思われていたが奇跡の参戦。その他にも第三次α以来の『バーチャロン』が版権のえて参戦している。

    携帯機版スパロボは登場作品が据え置き版スパロボと変えている事が多いが、今作は特にコアな作品が多いのが特徴である。

    参戦作品

    文字スパロボシリーズ初参戦

    システム

    今作では『パートナーバトルシステム』というシステムが搭載されている。OGSシリーズの『ツインバトルシステム』を良したもので、マップ上で気の上がった機体同士でチームを組むツインバトルシステムとは違い、インターミッション中に2機1組のチームを編成することになっている。

    他の新システムとしては、AポータブルやZから引き継がれた『連続ターゲット補正』など。

    前作にもあった『ダブルスロットでのボーナス』や『スキルパーツシステム』などはそのまま残っている。

    評価

    携帯機版スパロボの前作であるスーパーロボット大戦Wの評価が高かったことやコアな参戦作品、PVでのスパロボWと同様に戦闘デモシーンの動きっぷりの良さ等、発売前の期待は高い物であった。しかし実際の所は発売から数年を経た今現在に至ってもなお好意的な評価がい有様である。その最たる原因として・・・

    シナリオライターが良くなかった、いや、悪すぎたのである。

    シナリオ展開の矛盾や説明不足だらけ、版権キャラの性格が原作から大幅に悪され、本来ならまず言いそうに台詞を言う、一部の作品に至っては原作を上回るバッドエンドになってしまう等、問題点が異常に多い。

    版権キャラの性格の竄(一例)

    ちなみにユウナ、サコン、Kガリネタとしては好意的に受け入れられている場合もある

    これ以前にも原作視したシナリオは数多とあるのだが、「K」の前作品「W」が、原作再現クロスオーバー共にかなりの高評価を得たため、その飛び火がこの作品に降りかかったともいえる。(Kのシナリオは、クロスオーバーも歴代の作品でべると非常に少なかった。絡んだのはごく一部である。)
    更に主人公であるミスト・レックスはあまりにも(悪い意味で)ぶっ飛んだ発言が多かった為、バッシングをも通り越し、いつからか「さん」付けで呼ばれるネタキャラ扱いとなってしまった。どんなネタにされているかは関連項ミストさんを参照。
    もう許してやれよ

    後述するBGM盗作問題も、スパロボKの評価を下げる一つとなっている。

    盗作問題

    発売直後から、あるMAPに使用されているBGMが『エストポリス伝記II』のBGM「地上を救う者」に酷似していると、2ちゃんねるを始めとするネット上で摘されていた。また、最終MAPBGMも『女神転生2』のBGM「OMEGA」と、『クロノ・トリガー』のBGM魔王決戦」をつなぎ合わせて作ったものではないかとの摘があった。

    ニコニコ動画上にはこれらの検証動画アップされ、再生数を伸ばしていたり、中に実際に発売元に問い合わせる人間もいた他、ニュースサイトでも取り上げられるほどの話題になったが、発売元であるバンダイナムコゲームスからの公式コメントはなかった。

    2009年8月19日公式サイト盗作を認めて謝罪する文章が掲載された(「スーパーロボット大戦K」楽曲使用に関するお詫びとお知らせ」)。が、「地上を救う者」と「魔王決戦」については盗作を認めたものの、「OMEGA」に関しては触れられていない(『女神転生2』の発売元がナムコであったため、会社合併した現在では著作権的な問題がいからであるともいわれる)。

    なお、作曲者の一人である末村謙之輔は、以前にも別のゲーム音楽盗作騒ぎを起こしている。まさか常習犯というやつですか末村さん。

    盗作検証動画はこちら↓

     そのほかいろいろ

    関連動画

    恒例行事

    関連商品

    関連コミュニティ

    関連項目

    外部リンク

    掲示板

      • 648ななしのよっしん

        2017/12/02(土) 01:55:58 ID: +rIZvBiijR

        イディクスは結構好きだったので何時かOGに出れるなら外伝のデュミナスみたいなことはせず身内に優しい組織を貫いてほしい

      • 649ななしのよっしん

        2017/12/02(土) 10:18:58 ID: enPNovoWtC

        次の新作にガンソードジェネシスの救済が欲しいですねぇ!
        スターゲイザーは単品で出すといろいろと大変そうだから種運命と一緒がいいけどそうすると「また種運命かよ」と言われそうだが

      • 650ななしのよっしん

        2017/12/09(土) 11:08:52 ID: Aby98KFBYa

        久々に最初からやり直してベルリンまで来たけど
        やっぱ例の根本的の発言は終わってからでも良かったと思う
        現在進行形被害出てるのに士気下げる発言にしかなってないし

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/23(月) 17:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/23(月) 17:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP