ニコニコ大百科

セイバーメトリクス

セイバーメトリクスとは、野球においてデータ統計学的に分析し、その選手の評価などを考える手法である。

概要

名称はアメリカ野球学会略称であるSABR(Society for American Baseball Research)と測定基準(metrics)を組み合わせた造から来ている。間違っても「セイバー」はFate/Zeroなどに出てくるキャラクター戦闘機などではない。

1970年代後半のアメリカで、当時食品工場の間警備員をしていたビル・ジェームズによって提唱された。当初はにローティッセリー野球ゲーム(仮想のチームを作って遊ぶシミュレーションゲーム)のの間で持て囃されたものの、肝心のMLB球団は全く見向きもしなかった。

状況が変化したのは90年代後半で、オークランド・アスレチックスGMとなったサンディアルダーソン(弁護士出身でプロ野球は未経験)がジェームズの理論を下に球団運営を進め、アンダーソンの後任となったビリービーンが受け継ぎ、セイバーメトリクスに基づいて低予算でプレーオフに進出できるチームを作り上げた。この変革を聞きつけたボストン・レッドソックスが同様の手法で球団編成を進め、2004年には"バンビーノの呪い"を打ち破って86年ぶりのワールドシリーズチャンピオンとなった。一連の事情はマイケルルイスによる著「マネー・ボール」にまとめられ、セイバーメトリクスが広く知られることになる。

旧来の選手の指標は、選手を正しく評価する指標か?

例えば、「打率」(=ヒットが出る確率)という打撃を評価する(と長い間みなされてきた)標がある。しかしこ標には単打本塁打を等価値と考える」「四球を一切考慮しない」という大きな欠陥がある。シングルヒットよりも本塁打のほうが価値があるのは明だし、一つの塁を得るという点でシングルヒット並みの価値があるはずの四球を考慮に入れないのは奇妙である。

このように旧来使われてきた標は、盲目的に選手を評価していると信じられてきた面があり、少なからず大きな欠点を持っている。セイバーメトリクスは旧来の標の欠点をめ、より詳細により正確に選手を評価できるように統計的な分析を行うものである。

セイバーメトリクスの大雑把に基本的な考え

リーアウトになるまでは何が起こるかわからない。スリーアウトになってしまえばもう何も起こらない。したがって、アウト数を増やす可性が高い攻撃はどれも、賢明ではない。逆に、その可性が低い攻撃ほど良い。

                              『マネー・ボール(中に引用されたエリックウォーカーの小冊子)』より

基本的な考え方を端的に説明した一文である。
セイバーメトリクスでは、基本的にアウトは悪」と捉える。セイバーメトリクスで重視される要素は、

【攻撃】アウトにならないこと、つまり塁に出ること(=出塁率)を重視する

→また、長打が高ければ相手バッテリーが警四球が増えるので、長打率(1打数あたりの獲得塁数)を次に重視する。
→一方で、打率は四死球を含まず長打の価値を考慮していないので重要視しない。得点圏打率は数が少ない(信頼度が低い)ので同様に重要視しない。
→犠打や進塁打など、"アウトを意図的に増やす攻撃"は重要視しない。
盗塁は成功しても得点するとは限らず失敗すればチャンスがついえてしまう為、"リスクの割りにリターンの少ない攻撃"として重要視しない。

【投球】確実にアウトにすること(=奪三振)、四球を出さないこと(=与四球率)、長打を打たれないこと(=被本塁打)を重視する

→被安打率は味方の守備に左右され、防御率は被安打率や得点圏被打率に強く影を受けることに注意。
投手の勝敗は、当然味方の援護点によって変わるために重要視しない。

【守備】確実にアウトにすることを重視

エラーが多くても、アウトに出来る(守備範囲、送球など)が高いことを評価する。エラーになるかどうかは記録員の主観に拠るところが大きく、守備率はみにできない。ただし、当初は守備を守備機会や守備率から測り辛いため、守備そのものを重要視していなかった。

セイバーメトリクス標に限らず旧来の標を含め、その標が、「選手のに直結する数字」なのか、いは「過去の結果のみを表すだけの数字」なのかに注意したい。本塁打数や奪三振数は明らかに選手自身のに大きく影を受けるが、打点数や投手の勝敗数は明らかに選手個人以外の味方のに多く依存している。旧来の多くの標はより結果を表す数字となっていることが多く、その成績が未来の結果に繋がらない(再現性が低い)場合が多い。セイバーメトリクスの各種標も必ずしも璧ではないが、旧来の標の欠点をめ、より選手のや貢献度を評価した数字を出すように良化させている。

傑出度

プロ野球の年間総本塁打数を見ると、2003・2004年には年間2000本近くの本塁打が出ていたが、基準違反の統一球が使われていた2011・2012年には1000本を下回っていた。このようにボールなどの環境の変化により本塁打数などの結果は大きく異なってしまうため、環境が大きく異なる各年度の選手成績を単純に較することは出来ない。全体の成績が低かった年の成績は、高かった年の成績より価値が高いと考えるのが自然である。
“その成績が同時代の他の選手成績とべてどのくらい抜きん出ているか”という切り口が「傑出度」という考え方である。

ポスト「マネー・ボール」の時代

「マネー・ボール」が大きく話題となり多くの球団がセイバーメトリクスを球団編成に取り入れるようになると、セイバーによって評価された標が優秀な選手の市場価値が上昇し、選手を獲得する資が限られる貧乏球団は戦略変更を迫られることになった。これらの球団は単に統計分析を行うだけではなく、スカティングに注することによってより市場から見落とされている選手の発掘に努めるようになり、以前は軽視していた守備・走塁リリーフ投手などを評価する方向に変化している。

2000年代後半以降は映像解析による守備を評価する技術が向上し、高い守備を持つ選手は高い打撃を有する選手並みの貢献度を有していると評価されるようになってきた。PITCHf/xやスタットキャストによって選手のプレーの一つ一つが数値化される時代となった。「マネー・ボール」が発行された時代には旧来の標を良させることによって選手を評価していたが、"ポスト「マネー・ボール」"の時代では、従前の選手記録の取り方から解き放たれた数値的評価が選手のを測る手段として使われるようになっていくかもしれない。

日頃の野球観戦で使えるかもしれないセイバーメトリクスの指標

概要 計算式
WHIP 1イニングにつき何人走者を出したかを示す数値。
リリーフ投手の評価として使われることが多い。
ランナーを帰すのに防御率が良い、所謂「防御率詐欺」を見抜ける。 
(被安打数+与四球)/投球回
OPS 長打率と出塁率を合わせた数値。
野手の打撃を評価するのに使われる。
パワーヒッターとアベレージヒッターで数値の出方が大きく異なるのも特徴。
 
長打率+出塁率
RC チーム総得点のうち何得点を生み出したかの

{(A+2.4×C)×(B+3×C)}÷(9×C}−0.9×C

A=安打+四死球盗塁死−併殺打

B=塁打+{0.24×(四球−敬遠+死球)}+0.62×盗塁+{0.5×(犠打+犠飛)}−0.03×三振

C=打数+四死球+犠打+犠飛

DIPS 守備などの不確定要素を排除した、防御率にかわる

{(被本塁打×13)+(与四球−敬遠+与死球)×3−(奪三振×2)}÷(投球回)+3.12

IsoD 出塁の中の四球占有率。打者をタイプを測れる。

出塁率−打率

K/BB 制球があり三振を奪える率

奪三振÷四球

QS 先発投手の安定感

QS先発6イニング以上、自責点3以下の回数)÷先発登板数×100

なお、WHIPはその欠点(詳細は項を参照)から現在セイバーメトリクスの分析で使われることはなく
QSなども厳密にはセイバーメトリクスとは明らかに異なるアプローチがなされている点には注意が必要である。

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「セイバーメトリクス」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)22時更新
>>もっとみる