ニコニコ大百科

センサー

センサーとは、観測に使用する機器の総称である。観測対の各種エネルギーの変位を測定し情報を得る。

概要

センサーによって対の検知、あるいは対の位置情報方位距離)や画像情報を取得する。センサーを使用して測定を行うことをセンシングと呼ぶ。

パッシブセンサーとアクティブセンサー

例えば標の位置情報を知るセンサーの場合、こちらからエネルギーを出さず、対が発するエネルギーを受信するだけのパッシブセンサーでは、測定対方位は知ることができるが対との距離を知ることができない。アクティブセンサーではこちらからエネルギーを発し、それが標に反射し帰ってくるまでの時間を測ることで相手との距離も知ることができる。しかし自らエネルギーを発するので、相手側がそれに対応したセンサーを持っていた場合は相手側にこちらの存在を感知される。これは軍事用途ではデメリットになる。

センサーの例(受信するエネルギーによる区別)

可視光線

眼、テレビカメラ等の画像センサ。基本的にがないと使用できないが、非常に弱い下でも使用できる暗視装置が開発されている。→暗視装置

IR(赤外線)

サイドワインダー空対空ミサイル)は、標になる航空機エンジン排気から発せられる赤外線を測定することで標の方向を特定する。現在は物質が発する赤外線を受信して画像情報を得る暗視装置も存在する。

電磁波

レーダーや電波望遠鏡等。

ソナー。中を伝わる音波を測定し、対の位置を知る。

その他

実在するのかどうか不明だが、人間が発する「物欲」エネルギーを感知する物欲センサーというものが存在すると一部で信じられている。→ 物欲センサー

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「センサー」で検索
急上昇ワード2018/02/18(日)12時更新
>>もっとみる