ニコニコ大百科

タカ

タカとは、以下のことを表す。

タカ

タカ)は、タカタカ科の猛禽類(もうきんるい)中で小さめの総称である。大きめなものはワシ(鷲)と呼ぶが、明確な区別はい。
世界各地に棲息し、日本でも全で見られる。オオタカ、ハイタカクマタカ、サシバ、ノスリ(鵟)、チュウヒ(沢鵟)などの種類がある。日本で単にタカといったらオオタカのことをすようだ。

人間の約10倍の視があり、を輪を描くように飛びながら獲物を探す。
動いている動物を獲物にする習性があり、それを利用して狩りをする「」という人が存在する。

また、の羽は日本矢に使う矢の矢羽根(やばね)に使われている。

は優秀というイメージがあり、ことわざでも褒め言葉でという言葉がよく用いられる。

例)

は飢えても穂を摘まず
読み】 たかはうえてもほをつまず
【意味】 高潔な人は、どんなに困窮しても不正をして生きのびようとはしないことのたとえ。

を生む
読み】 とびがたかをうむ
【意味】 な親からすぐれた子供が生まれることのたとえ。

あるを隠す
読み】 のうあるたかはつめをかくす
【意味】 才や実のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ。

関連動画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「タカ」で検索