mainmenu

globalmenu

    テイルズオブデスティニー単語

    テイルズオブデスティニー

    掲示板をみる(505)

    3

    運命を解き放て

    テイルズ オブ デスティニー』とは、1997年12月23日ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたプレイステーションPS)用RPGである。略称は『デスティニー』、『TOD』。

    2006年11月30日プレイステーション2PS2)でリメイク版が発売された。2008年1月31日PS2ディレクターカット版が発売した。

    続編となる『テイルズ オブ デスティニー2TOD2)』も発売されているが、こちらはPS版の続編であるので、リメイク版をした後にTOD2プレイする場合は注意が必要。

    概要

    テイルズ オブシリーズメインタイトル第2作。

    テイルズ独特の固有ジャンル名はPS版では『運命のRPG』、PS2版では『運命という名のRPG』。ディレクターカット版では『もうひとつの運命という名のRPG』。
    PS版のキャッチコピーは「いま、運命の輪がり始める…」、PS2版は「運命を解き放て」。

    1998年11月26日PS the Bestとして廉価版が発売された。

    PS2版が日本ゲーム大賞2006 フューチャー部門を受賞。

    リオンサイド物語を進めることもできる『テイルズ オブ デスティニー ディレクターカット』が発売。
    ソフト単品の通常版とアートブックスペシャルサウンドトラックが同梱された数量限定のプレミアムBOXが存在する。

    あらすじ

    のどか田舎リーネ村に住む若者、スタン・エルロン。彼は祖から兵士時代の武勇伝を聞かされ、自分も兵士になろうと決意。ほぼ村を飛び出す形でセインガルド行きの飛行に密航、セインガルドそうとする。 

    しかし、その飛行モンスターの大群が襲った。
    密航者として武器を取り上げられていたスタンは、どこかに武器がいかと飛行の内部を駆け回り、船内の倉庫で、古びた一振りのを手に入れる。
    それは、意志を持ち、話す事が出来る不思議な「ソーディアン」であった。炎を操るソーディアン・ディムロスとの出会いをとして、スタンは世界平和を揺るがす大きな陰謀に巻き込まれていく。

    システム(PS版)

    シリーズ第2作として、基本的には初代『ファンタジア』のシステムの多くが踏襲されている。

    ストーリーにも大きく関わるソーディアンシステムは、装備していると装備したソーディアン)が成長していくと言うシステムで、ソーディアンレベルが上がると攻撃アップする他、晶術(魔法)を新たに覚える等する。

    しかし、ソーディアン属性を持ったであり、ディムロスであれば炎、アトワイトであればと言ったように属性特化している為、相性の悪い敵が出ると手も脚も出なくなってしまう欠点があった。(本作は、○属性吸収と言った敵も存在する為)

    ソーディアンはソーディアンマスター同士でなら交換することが可であった為、スタンがアトワイトを持ったりするなどして、前述の相性の悪い敵に挑む、と言うような事も可だった。キャラクターが使える晶術は前述の通りソーディアン準拠である為、物凄い量の晶術ボイスがあった事も有名。

    また、ソーディアンは専用のDISCと呼ばれるアイテムを装備する事で、攻撃を強化したり、新たな晶術を使用可にしたりといったカスタマイズが可だった。

    パーティ大人数が6人で、仲間にするサブキャラクターは選択式であった。この為サブキャラクターはあまりストーリーに関わることはかった。そして空気王ことウッドロウは、どう考えても設定ミスにより空気王の異名を関する事になった。(物語序盤でゲスト参戦した際のレベルが、ストーリー中盤の本格参戦の際に引き継がれてしまう)

    リメイクに際した主な変更

    ソーディアンキャラクターの固定装備になり、交換したりディスクで強化したりする事は出来なくなった。しかし、多くのキャラクターが様々な属性を持った特技が追加された為、属性に悩まされる事は……増えたかもしれない。戦闘システム上、敵の弱点をつく事が重要になった為である。

    最大の変更点として、今までのTPを消費して技や魔法を繰り出す形式から、CC(チェインキャパシティ)と呼ばれるポイントを消費して戦闘行動を取るシステムバトルシステムが変更された事が上げられる。

    CCは「コンボ上限」ともいえるポイントで、通常攻撃なら1、ステップで1、魔神剣で2、と言うように消費して行動を起こす事が出来る。行動が停止するとCCは自動で回復するため、以前のようにTPの消費に気を使いながら戦闘をする必要がくなった。

    本作では中戦が重視され、多くの特技が中発動可になっている。この為、敵を中に打ち上げて、そこにさらに追撃すると言った格闘ゲームさながらのコンボが可になった。究極的に極めてしまえば、コンボに入ったら最後、隠しボスですら行動させずにコンボし続けて屠る事も可になっている。
    コンボは絵的に映えるため、格闘ゲームのようにコンボムービーなども多数製作されている)

    サブキャラクター全員仲間に出来るようになり、ストーリーに大きく絡むようになった。前作ではバグ技裏技を用いてしか使用できなかったスタンのリリスも参入させる事が出来る。空気王ことウッドロウの酷い扱いも善された。
    と思ったらディレクターカット版でまた酷いにあった。

    二週要素として一人旅サポートされている他、隠しダンジョンで「なりきり」と言うアイテムを手に入れる事で、コングマンの技と外見をリオンに変えたり、全員リオンになりきったり、2週をずっと空気王一人旅したり、一見さんがこれってチート?と思うような事が公式で可になった。チートではないので動画で見てもうっかりツッコミを入れないようにしよう。

    ストーリー面においてはリメイクに際して全面書き直しされており、リメイク前は唐突だった伏線などが整理されているが、反面キャラクターの人格描写なども大きく変更になったケースが少なくなく、ファンの間では賛否が分かれるケースも。

    主な登場キャラクター

    パーティーキャラクター

    ソーディアン

    PS版はボイスなし。

    その他

    関連動画

    PS版

    PS2版

    関連商品

    関連項目

    外部リンク 

    テイルズ オブ シリーズ
    本編 ファンタジア - デスティニー - エターニア - デスティニー2シンフォニア
     - リバース - レジェンディアアビス - イノセンス - ヴェスペリア
     - ハーツ - グレイセスエクシリア - エクシリア2 - ゼスティリア
     - ベルセリア
    本編 テンペスト - シンフォニア ラタトスクの騎士
    なりきりダンジョン なりきりダンジョン - なりきりダンジョン2 - なりきりダンジョン3 - なりきりダンジョンX
    レディアント マイソロジー レディアント マイソロジー - レディアント マイソロジー2 - レディアント マイソロジー3
    ファンディスク ファンダムVol.1 - ファンダムVol.2
    テイルズ オブ モバイル タクティクス - ブレイカー - コモンズ - タクティクス 外伝 - ヴァーハイ
     - マテリアルダンジョン - ファンタジア モバイル
     - レディアント マイソロジー モバイル
    アクション バーサス - ヒーローズ ツインブレイヴ
    ソーシャルゲーム キズナカードエボルブ
    その他の外伝作品 エターニア オンライン - ダイスアドベンチャー - サモナーズ リネージ
     - ファンタジア クロスエディション - タクティクス ユニオン - ブリオテカ
     - リンク - アスタリア  - レーヴ ユナイティア - アスタリア 光と闇の救世主
     - アスタリア 結晶の大地と導きの光 - レイズ
    コラボレーション作品 NAMCO x CAPCOM - ケロロRPG - PROJECT X ZONE - PROJECT X ZONE 2

    掲示板

      • 503ななしのよっしん

        2018/07/03(火) 12:14:50 ID: XmY3Xkt3YW

        女性実況だとウッドロウマリーにさん付けして
        る人が多いね
        スタンがさん付けして呼んでるからその影かな?

      • 504ななしのよっしん

        2018/07/04(水) 20:39:06 ID: fA7jczpDb3

        >>500
        本当にそう思う

        持ち嫌いの思想って言うよりかはリメDのシナリオ担当してる田中が嫌いなは下げまくって好きなは上げまくるタイプの書き方だからイレーヌもつけられたんだと思うよ

        て言うかテイルズってなまじ良くも悪くもキャラゲーになっちゃってるから

        上の方で馬場が~って言われてるけどこの時代の馬場は多分関係いと思うよZのアレの話はおいといて

        そもそも主人公達スタンとリオンが本当に本当に別人になってるからシナリオに期待するより戦闘楽しんだ方が良い

      • 505ななしのよっしん

        2018/07/04(水) 20:46:21 ID: pvS2VLneVZ

        当時は戦闘さえ面ければ他がおざなりになっても構わないって潮だったよね

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/17(火) 05:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/17(火) 05:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP