ニコニコ大百科

ナンキョクオキアミ

ナンキョクオキアミとは、オキアミに属する動物の一種である。

概要

極寒の南極に分布するオキアミの仲間。全長は約5cmで、透明の体をしている。外見はエビに似ており、1立方メートルあたりに1000030000個体という高密度の群れを作って群泳する。南極全体には全部で十数億トンものナンキョクオキアミが生息していると言われており、南極に住むクジラアザラシなどの重要な食料になっている。その膨大な量たるや、地球上でもっともバイオマス単位面積あたりの該当生物の重量)的に成功した種であるとも言われている。 

また、発器官を持っており発することができるが、この発にどのような意味があるのかはまだ明らかになっていない。 

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ナンキョクオキアミ」で検索