ニコニコ大百科

ネス

ネスとは、MOTHER2に登場する主人公の名前である。

概要

実はデフォルト名ではなく、いくつかある名前の補の一つで、「おまかせでいい」を選ぶと
一番最初に出てくる。その為一般的に2の主人公名=ネスという認識がされている。
ただ、以降の作品でもこの名前が使用されているため、公式設定と考えてもよい…んじゃないかな。
尚、この名前はファミコン海外NESから採られたらしい。

まあ、でも君がゲームプレイするときは、君自身の名前や好きな名前を付けて呼べば良いと思うんだ。
「ぼく」自身だから。

ネット郊外に住み、出張で暫く帰って来れないパパ、子供達の自尊心を尊重するちょっぴりセクシーで勘が鋭いママ、後に運送屋でアルバイトを始める整理整頓が得意なトレーシーの4人家族。それと意外と臆病で少々哲学的な考えをもつ赤ちゃんの頃から一緒の飼い犬チビ(これもデフォルト名の一つ)がいる。

『NES』とは

NES』とは『任天堂エンタインメントシステム』の略である。つまり、ファミコンのことである。

特徴

ネス帽子短パントレードマーク野球好きで、専用武器は「バット」。
ミスター帽子を欲しがっていたらしく、子供達の隠れへ行くと友人から貰うことが出来る。
性格は優しく勇敢。ただしまだまだママしいお年頃なのか、遠出するとホームシックにかかってしまう。
赤ちゃんの頃から超能力は使えていたようだが、実際に開したのはブンブーンにあってからと思われる。
それまでは念(「おとのいし」を全て集めた後のイベント参照)とテレパシー動物に対してごく自然に話ができる/1と違いプレイヤーが自発的に使うことは出来ない)は使えた模様。

年上の女性にモテるらしく、イベントキスされるシーンが多々ある
ビーナスサインを貰う時と地図を返した時)。
…彼女がいるのに!

PSI(超能力)はに回復系で、ライフアップΩヒーリングγまで使えるため普段は回復役である。
アシストはさいみんじゅつ、パラライシス、シールドがあるが、パラライシスはPSIが使えない相手に決まれば
行動を全に封じることができるため、効く相手には非常に効く。(所謂バカに効きやすい。)

攻撃系PSIとしてネスのみが使えるPK必殺(名前は「カッコイイとおもうもの」が反映される)と
敵を「なみだがとまらない」「へん」などの状態異常にする又は一定確率で即死させるPKフラッシュがある。
PK必殺は避けられることがある。どちらも強だがPP消費が膨大なため余り多用はできない。

オフェンス、ディフェンス、ガッツなどは非常に高いが、4人いの仲間スピードは遅いがジェフよりはい。回復役の足が遅いのは普通RPGでは困るのだが、ゲームシステムダメージを受けても倒れるまでにタイムラグが生じるため、むしろ有利である。

「おまえのばしょ」

世界各地にある8つのパワースポット。ここのを引き出せるのは特定の人物のみで、その人物がネスである。
それぞれのパワースポットにはその場所のを得た動植物がこれらを「自分の場所」として護っている。
しかし「の場所」であるかもわかっているようだ。⇒関連記事「おまえのばしょ

よくきた。
ここは ○ばんめの
 「おまえのばしょ」だ。
しかし いまは
 わたしのばしょだ。
うばいかえせばよい。
…できるものなら。

「ネス」の悪魔

マジカントの最深部にいる、マニマニの悪魔に似た形をした存在、それが「ネス」の悪魔
彼も決して人ではないため、悪い心を持っている。ソレが具現化したもの。「ネス」本人でもあるため、
同等のPK必殺(実際はΩレベルの)を使用してくる。
ネス」の悪魔を倒せば、全てのパワースポットを自分のものにすることが出来る。

HPPP全てのも大幅にパワーアップする。

名前候補

「おまかせでいい」を押すと順番に表示される。

その他の作品

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ全作品に登場している。

ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズでは隠しキャラとして登場。
強大な威を誇る、「PKサンダー自分当ての体当たり」や、飛び道具攻撃吸収の「サイマグネット」は当たると
ガヤ歓の音が大きめとなっていた。

大乱闘スマッシュブラザーズDXではMOTHER3主人公リュカ」のみが登場する予定だったが紆余曲折あり、結局彼が登場することに。
この作品では最初からネスが使える。

大乱闘スマッシュブラザーズXでは3の主人公リュカと共に登場した(再び隠し扱いで、特定条件を満たすと使用可)。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uでは今回も隠しキャラで登場。
最後の切り札のPKスターストームは自在に撃つ方向を変えるように仕様変更された。

スマブラの特徴として、ネス本来のPSIが大技と回復ばかりであるせいか、本家ネスが使用していたPSIは
PKフラッシュのみで、代わりに本家では使えないPKファイアーとPKサンダー及びサイマグネット
(※全てポーラの技)が使用可になっている。

スマブラDXフィギュアの説明には「ポーラから教わったらしい」的な文章が書かれている。
同様にスマブラXの「最後の切り札」ではPKスターストームが使用できるようになっている。
フィギュアには「プーに教わったのだろう。」的な文章が書かれている。

スマブラでのキャラクターボイスは一貫して、声優大本眞基子が担当している。同作のカービィと兼ね役で、両キャラとも大本氏のボイスがついたのは初代スマブラが初である。

因みに、カービィは新キャラコピー能力の分のボイスを録らなければならない都合からか、毎回ボイスが新録されているのだが、そのついでに録れるおかげか、ネス地味に毎回ボイスが新録されている。

どっかのキャプテンとか船は10年近くバンクなのに……

さらに余談だが、大本氏は『X』からアシストフィギュアとして登場したFEシリーズリンリンディス)と、『for』のスマッシュアピールで登場する新・光神話パルテナの鏡ナチュレも兼ね役している。

計4キャラで、マリオ中の人に次ぐ兼ね役の多さを誇る。というか、スマアピナチュレがよくしゃべる分、セリフ分量はたぶん上。ついでにクイン・セクトニアでも出てたらどうなっていたやら。

それ以外

関連動画

MOTHER2参照。

関連静画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

この記事について

ツイート

「ネス」で検索